W3C 勧告
W3C

XML 文書とスタイルシートとの結び付け 1.0 (第 2 版)

2010 年 10 月 28 日付け W3C 勧告

このバージョン:
http://www.w3.org/TR/2010/REC-xml-stylesheet-20101028
最新バージョン:
http://www.w3.org/TR/xml-stylesheet
以前のバージョン:
http://www.w3.org/TR/2010/PER-xml-stylesheet-20100909
編集:
James Clark (First Edition) <jjc@jclark.com>
Simon Pieters (Second Edition), Opera Software <simonp@opera.com>
Henry S. Thompson (Second Edition), University of Edinburgh <ht@inf.ed.ac.uk>

この文書の公式の修正を含み得る 正誤表 も参照願います。 Please refer to the errata for this document, which may include normative corrections.

各国語の 翻訳 もご覧下さい。 See also translations.

この文書には次の非公式の形式も用意されています: XML This document is also available in these non-normative formats: XML.

Copyright © 2010 W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark and document use rules apply.

要約

この文書は、 XML 文書のプロローグ( prolog )において, xml-stylesheet を伴う 1個以上の処理命令を含めることにより、 XML 文書にスタイルシートを結びつける方法を述べる。 This document allows style sheets to be associated with an XML document by including one or more processing instructions with a target of xml-stylesheet in the document's prolog.

この文書の位置付け

この節では公開された時点におけるこの文書の位置付けについて述べます。他の文書がこの文書に取って代わる可能性があります。 W3C の現在の出版リストとこの文書の最新の状態は、 http://www.w3.org/TR/ にある, W3C technical reports index にて見られます。 This section describes the status of this document at the time of its publication. Other documents may supersede this document. A list of current W3C publications and the latest revision of this technical report can be found in the W3C technical reports index at http://www.w3.org/TR/.

この文書は、 W3C XML Activity の一環として, XML Core Working Group により、作成されたものです。 英語版のみがこの仕様の公式なバージョンです。 しかしながら、この文書の翻訳も http://www.w3.org/2003/03/Translations/byTechnology?technology=xml-stylesheet から閲覧できます。 This document is a product of the XML Core Working Group as part of the W3C XML Activity. The English version of this specification is the only normative version. However, for translations of this document, see http://www.w3.org/2003/03/Translations/byTechnology?technology=xml-stylesheet.

この第2版は、公開時までに既知のすべての正誤表を統合し, 以前の版では指定されていなかったいくつかの部分を明確化し, 文字列から疑似属性を構文解析するための規則を 他の仕様から再利用できるようにするために,再構成されています。 初版からの変更点についてのより詳細な説明は B 初版からの変更点 に述べられています。 この版はその前の 1999 年 6 月 29 日付け版 を上書きするものです。 This second edition incorporates all known errata as of the publication date, clarifies several areas left unspecified in the earlier edition, and has been restructured to allow other specifications to reuse the rules for parsing pseudo-attributes from a string. A more detailed description of the changes from the first edition is in B Changes since the first edition. This edition supersedes the previous edition of 29 June 1999.

この文書に対するコメントを www-xml-stylesheet-comments@w3.org に送ることができます。 公開 アーカイブ も用意されています。 この文書に見つかった正誤表の一覧は http://www.w3.org/1999/06/REC-xml-stylesheet-19990629/errata から得られます。 Comments on this document may be sent to www-xml-stylesheet-comments@w3.org; public archives are available. The errata list for this document is available at http://www.w3.org/1999/06/REC-xml-stylesheet-19990629/errata

この文書は W3C メンバ, ソフトウェア開発者達, W3C グループや関心を持つ団体から吟味され、ディレクターにより W3C 勧告として承認されたものです。 これは安定した文書であり、規範として利用したり, 他の文書に引用することができます。 勧告の発行における W3C の役割は、仕様に対する注目を集め, 広範囲への普及を促進する所にあります。 これはウェブの相互運用性と機能性を向上させるものです。 This document has been reviewed by W3C Members, by software developers, and by other W3C groups and interested parties, and is endorsed by the Director as a W3C Recommendation. It is a stable document and may be used as reference material or cited from another document. W3C's role in making the Recommendation is to draw attention to the specification and to promote its widespread deployment. This enhances the functionality and interoperability of the Web.

この文書は W3C Patent Policy Transition Procedure からの訂正により, 24 January 2002 CPP の管理下にあります。 W3C はグループの成果物に関連して public list of any patent disclosures を作成し,維持管理しています。 そのページには特許開示の手引きも含まれます。 特許に関する実際的知識を持ち,そこに Essential Claim(s) が含まれていると主張する者は、 W3C Patent Policy 第 6 節 に従って情報を公開しなければなりません。 W3C maintains a public list of any patent disclosures made in connection with the deliverables of the group; that page also includes instructions for disclosing a patent. An individual who has actual knowledge of a patent which the individual believes contains Essential Claim(s) must disclose the information in accordance with section 6 of the W3C Patent Policy.


1 序論

(この節は参考であり,規定ではない。) (This section is non-normative.)

XML 文書に含まれている情報を利用者エージェントがどのように表示するか、については文書作成者ごとに多様なニーズがある。 この仕様では、処理命令を用いて, 1 個以上のスタイルシート — すなわち,指定された言語に望まれるレンダリングを指定するリソース — へのリンクを与える、割り込みによらない仕組みを与える。 利用者エージェントはこれらのリソースを用いて XML の表示を制御する。 Authors might have particular intentions as to how user agents are to present the information contained in their XML documents. This specification provides a non-intrusive mechanism, using a processing instruction, to provide links to one or more style sheets, i.e. resources specifying the desired rendering in a designated language. User agents will use these resources to control presentation of XML.

link 要素によりスタイルシートが結びつけられている XHTML 文書について考える: Consider an XHTML document with style sheet associations using the link element:

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
 <head>
  <title>link 要素を用いた例</title>
  <link rel="stylesheet" href="common.css"/>
  <link rel="stylesheet" href="default.css" title="Default style"/>
  <link rel="alternate stylesheet" href="alt.css" title="Alternative style"/>
  <link rel="stylesheet" href="single-col.css" media="all and (max-width: 30em)"/>
 </head>
 <body>
  ...
 </body>
</html>

この文書は xml-stylesheet 処理命令 を用いて次のようにも記述し得る: This document could be written as follows, using xml-stylesheet processing instructions:

<?xml-stylesheet href="common.css"?>
<?xml-stylesheet href="default.css" title="Default style"?>
<?xml-stylesheet alternate="yes" href="alt.css" title="Alternative style"?>
<?xml-stylesheet href="single-col.css" media="all and (max-width: 30em)"?>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
 <head>
  <title>xml-stylesheet 処理命令を用いた例</title>
 </head>
 <body>
  ...
 </body>
</html>

2 適合性の要件

この仕様に含まれるすべての図式, 例, 注記は、明示的に “参考” と記されたすべての節と同様に参考情報とする。 他のすべては規定とする。 All diagrams, examples, and notes in this specification are non-normative, as are all sections explicitly marked non-normative. Everything else in this specification is normative.

この文書の規定部分におけるキーワード: 〜しなければならない ( must ), 〜してはならない( must not ), 〜すべきである( should ), 〜すべきでない( should not ), 〜してもよい( may )は、[RFC2119] に則って解釈されるべきものになる。 ただし,この仕様においては、これらのキーワードは大文字で記されない。 The key words must, must not, should, should not and may in the normative parts of this document are to be interpreted as described in RFC 2119. These words do not appear in all uppercase letters in this specification. [RFC2119]

この仕様では、次の適合性クラスが定められる: The following conformance classes are defined by this specification:

文書

適合文書とは、この仕様において,文書を対象に “…ならない” レベルの条件すべてを満たす文書を意味する。 A document is considered to be a conforming document if it satisfies all must-level criteria in this specification that apply to documents.

xml-stylesheet 処理命令 とその疑似属性は、 4 xml-stylesheet 処理命令 にて述べられるように、それらを包含する文書に適用されるものとして,1個以上のスタイルシートへのリンクとその情報を供するものとして,文書作成者からの利用が意図されているものである。 xml-stylesheet processing instructions and their pseudo-attributes are intended for use by document authors to provide links to and information about one or more stylesheets, as described in 4 The xml-stylesheet processing instruction, which are available to be applied to the containing document.

xml-stylesheet プロセッサ

XML は アプリケーションXML プロセッサ から XML 文書の内容情報を受け取るソフトウエアモジュールとして定義している。 [定義: xml-stylesheet プロセッサとは、そのようなアプリケーションのうち,この仕様に従って XML 処理命令 を処理するものを指す。] [XML] XML defines an application as a software module which receives the information content of an XML document from an XML processor. [Definition: An xml-stylesheet processor is such an application which processes XML processing instructions in accordance with this specification.] [XML]

適合 xml-stylesheet プロセッサ とは、この仕様において xml-stylesheet プロセッサ に適用されるものと定められている “…ならない” レベルの条件すべてを満たす xml-stylesheet プロセッサ を意味する。 xml-stylesheet プロセッサ には、文書に課せられる制約の検証, または制約の強制は,要求されない。 An xml-stylesheet processor is considered to be a conforming xml-stylesheet processor if it satisfies all must-level criteria in this specification that apply to xml-stylesheet processors. xml-stylesheet processors do not have to check or enforce any of the constraints on documents.

アプリケーション

xml-stylesheet プロセッサ は、より大きな XML アプリケーションの一部であってもよい。 また、独立に機能するものであってもよい。 いずれにせよ、 [定義: アプリケーションは、この仕様で定める疑似属性解析の consumer である。] An xml-stylesheet processor may be part of a larger XML application, or may function independently. In either case, [Definition: an application is the consumer of the pseudo-attribute analysis defined in this specification.]

アプリケーションxml-stylesheet 処理命令 に含まれる情報をどのように利用するかについての詳細仕様は、アプリケーションごとに理に適ったやり方があり得るので,この文書の規定外とする。 したがって、この仕様においては,アプリケーションに対する適合性の要件は定められない。 A detailed specification of how applications exploit the information contained in xml-stylesheet processing instructions is out of scope for this document, as this may reasonably vary from application to application. Accordingly this specification places no conformance requirements on applications.

しかしながら、スタイルシート言語の利用を定める仕様が,アプリケーションが利用するスタイルシートを識別する方法を述べる際には、この仕様が参照されることが予期されている。 そのような仕様は、 4 xml-stylesheet 処理命令 で述べる 疑似属性 の記述と可能な限り整合するように,当該のアプリケーションとスタイルシート言語において意味をなす限りにおいて,それら 疑似属性 の値(または値の不在)に対する解釈の指定を行うものと予期されている。 It is however expected that specifications governing the use of stylesheet languages will reference this specification in describing how applications may identify stylesheets for use. Such specifications are expected to specify interpretations for the values (or absense of value) of those pseudo-attributes which they make use of, doing so in a way that is as consistent as possible with those pseudo-attributes' descriptions in 4 The xml-stylesheet processing instruction, insofar as this makes sense for the application and stylesheet language(s) in question.

この仕様は XML 情報セット が与える XML 語彙を基に定められる。 [INFOSET] This specification is defined with reference to the vocabulary for XML provided by the XML Information Set. [INFOSET]

この仕様の生成規則では XML 仕様と同じ記法が用いられる。 文法内のトークンのうち,この仕様で定義されていないものは、 XML 仕様で定義される。 [XML] The productions in this specification use the same notation as used in the XML specification. Tokens in the grammar that are not defined in this specification are defined in the XML specification. [XML]

3 疑似属性

[定義: 文字列から疑似属性を構文解析するための規則 は、この節で与えられる。] [Definition: The rules for parsing pseudo-attributes from a string are given in this section.]

[定義: 構文解析の結果 は、 疑似属性 の集合になるか, またはエラーになるかのいずれかである。] [Definition: The parsing result is either a set of pseudo-attributes or an error.]

与えられた文字列が PseudoAtts 生成規則に合致しない場合の 構文解析の結果 は、エラーとする。 If the given string is not matched by the PseudoAtts production, the parsing result is an error.

疑似属性を伴う文字列のための生成規則
[1a]    PseudoAtts    ::=    PseudoAtt? (S PseudoAtt)* S?
[2]    PseudoAtt    ::=    Name S? "=" S? PseudoAttValue
[3]    PseudoAttValue    ::=    ('"' ([^"<&] | CharRef | PredefEntityRef)* '"' | "'" ([^'<&] | CharRef | PredefEntityRef)* "'")
[4]    PredefEntityRef    ::=    "&amp;" | "&lt;" | "&gt;" | "&quot;" | "&apos;"

[定義: PseudoAtts 生成規則において PseudoAtt に合致する 各文字列は、 疑似属性 を表現する。] 疑似属性 は1個の 名前 と1個の を持つ。 [Definition: Each string matched by PseudoAtt in the PseudoAtts production represents a pseudo-attribute.] A pseudo-attribute has a name and a value.

[定義: PseudoAtt 生成規則において Name に合致する文字列が、対応する 疑似属性名前 となる。] [Definition: The string matched by Name in the PseudoAtt production constitutes the name of the corresponding pseudo-attribute.]

[定義: PseudoAtt 生成規則において PseudoAttValue に合致する文字列に,下に示す 3 つの変換を施したものが、対応する 疑似属性 となる。] [Definition: The string matched by PseudoAttValue in the PseudoAtt production — with the three modifications specified below — constitutes the value of the corresponding pseudo-attribute.]

  1. CharRef を、 XML に従い,それぞれが表現する文字に置換する。 [XML] Each CharRef is replaced with the character it represents according to XML [XML].

  2. PseudoAttValue における 各 PredefEntityRef に対し、 "&amp;" は U+0026 (&) に, "&lt;" は U+003C (<) に, "&gt;" は U+003E (>) に, "&quot;" は U+0022 (") に, "&apos;" は U+0027 (') に 置換する。 Each PredefEntityRef in PseudoAttValue is replaced with U+0026 (&amp;) if it is "&", U+003C (&lt;) if it is "<", U+003E (&gt;) if it is ">", U+0022 (&quot;) if it is """ and U+0027 (&apos;) if it is "'".

  3. 最初と最後の文字(最初と最後の引用符)を取り除く。 The first and last character (the start and end quotes) are removed.

CharRef に XML の 合法文字に課せられる整形式制約 に従わないものが存在する場合の 構文解析の結果 は、エラーとする。 [XML] The parsing result is an error if the XML Legal Character well-formedness contraint is violated for any CharRef. [XML]

同じ 名前 の,複数の 疑似属性 が存在する場合の 構文解析の結果 は、エラーとする。 The parsing result is an error if there are more than one pseudo-attribute with the same name.

構文解析の結果 は、エラーでない場合,与えられた文字列の PseudoAtts 生成規則に対する合致により表現される 疑似属性 の集合になる。 If the parsing result is not an error, then it is the set of pseudo-attributes represented when the given string is matched by the PseudoAtts production.

4 xml-stylesheet 処理命令

[定義: 処理命令情報項目は、 [target] プロパティ xml-stylesheet を持ち, かつ 次のいずれかを満たすとき、 xml-stylesheet 処理命令の候補 とされる: (1) 文書情報項目の [children] プロパティの中に現れ, かつ 文書情報項目の [children] プロパティの要素情報項目よりも前に現れる,または (2) 文書型宣言情報項目の [children] プロパティの中に現れる。 ] [Definition: A processing instruction information item is said to be a potential xml-stylesheet processing instruction if it has the [target] property xml-stylesheet and it either is in the [children] property of a document information item and appears before the element information item of the document information item's [children] property, or it appears in the [children] property of a document type declaration information item.]

文書情報項目の [children] プロパティに現れる xml-stylesheet 処理命令の候補 対しては、 xml-stylesheet プロセッサ は、処理命令情報項目の [content] プロパティの文字列に対し, 文字列から疑似属性を構文解析するための規則 を適用して 構文解析を行った結果アプリケーション に報告しなければならない For potential xml-stylesheet processing instructions that are in the [children] property of a document information item, xml-stylesheet processors must report to the application the parsing result of invoking the rules for parsing pseudo-attributes from a string, using the processing instruction information item's [content] property as the string.

文書型宣言情報項目の [children] プロパティに現れる xml-stylesheet 処理命令の候補 に対しては、 xml-stylesheet プロセッサ は、処理命令情報項目の [content] プロパティの文字列に対し, 文字列から疑似属性を構文解析するための規則 を適用して 構文解析を行った結果 を、 アプリケーション に報告してもよい[定義: アプリケーション に報告されなかった場合、処理命令情報項目は 無視された と言う。] For potential xml-stylesheet processing instructions that are in the [children] property of a document type declaration information item, xml-stylesheet processors may report to the application the parsing result of invoking the rules for parsing pseudo-attributes from a string, using the processing instruction information item's [content] property as the string. [Definition: If it is not reported to the application, the processing instruction information item is said to be ignored.]

注記

非妥当性検証 XML プロセッサには,パラメタ実体や外部サブセットの読み込みは要求されていないので、パラメタ実体や外部サブセットの中に現れる処理命令が,文書型宣言情報項目の [children] プロパティの中に現れないことも起こり得る。 [XML] Since non-validating XML processors are not required to read parameter entities or the external subset, it is possible that processing instructions that appear in parameter entities or the external subset will not be present in the document type declaration information item's [children] property. [XML]

[定義: xml-stylesheet 処理命令の候補 は、処理命令情報項目の [content] プロパティの文字列に対し, 文字列から疑似属性を構文解析するための規則 を適用して 構文解析を行った結果 がエラーでないとき、 xml-stylesheet 処理命令 であるとされる。 ] [Definition: A potential xml-stylesheet processing instruction is said to be an xml-stylesheet processing instruction if the parsing result is not an error when invoking the rules for parsing pseudo-attributes from a string, using the processing instruction information item's [content] property as the string.]

文書には、 [target] プロパティが xml-stylesheet であるにもかかわらず, xml-stylesheet 処理命令 にならないような 処理命令情報項目は、存在してはならない Documents must not use processing instruction information items with the [target] property xml-stylesheet if they are not xml-stylesheet processing instructions.

文書には、文書型宣言情報項目の [children] プロパティに現れる xml-stylesheet 処理命令 は、存在するべきではない。 Documents should not use xml-stylesheet processing instructions that are in the [children] property of a document type declaration information item.

xml-stylesheet 処理命令 は次の生成規則に合致する: An xml-stylesheet processing instruction will match the following production:

xml-stylesheet 処理命令の生成規則
[1]    StyleSheetPI    ::=    "<?xml-stylesheet" ( (S PseudoAtts)? - (Char* "?>" Char*) ) "?>"

特に指定がない限り,文書においては、 xml-stylesheet 処理命令 に,次に挙げる 疑似属性 を指定してもよい Documents may specify the following pseudo-attributes on xml-stylesheet processing instructions, unless otherwise stated:

【以下における各種 疑似属性に課せられる要件の適用主体は、文書になる。】

href

参照先のスタイルシートのアドレスを与える。 この 疑似属性 は、指定されなければならない は RFC 3987 が定める <IRI-reference> の構文に合致する文字列に設定されなければならない[RFC3987] Gives the address of the referenced style sheet. Documents must specify this pseudo-attribute. Documents must set the value to a string that matches the grammar for <IRI-reference> given in RFC 3987. [RFC3987]

注記

xml-stylesheet 処理命令 において, href 疑似属性 に素片識別子を用いることにより、同じ文書内に含まれるスタイルシートを文書に結びつけることもできる。 It is possible to associate a style sheet that is in the same document as the xml-stylesheet processing instruction by using just a fragment identifier in the href pseudo-attribute.

XSLT においてこれがどのように管理されるかについては、 [XSLT]3.11 埋め込みスタイルシート モジュール を見よ。 For details on how this is managed in XSLT, see 3.11 Embedded Stylesheet Modules in [XSLT].

type

参照先のスタイルシートの補助的なメディア型情報を与える。 指定される場合、 は RFC 2616 の 3.7 節 "Media Types" が定義する media-type 生成規則に合致する文字列に設定されなければならない[RFC2616] Gives an advisory media type for the referenced style sheet. If specified, documents must set the value to a string that matches the media-type production defined in section 3.7 "Media Types" of RFC 2616. [RFC2616]

注記

上においては、 RFC 2616 の生成規則による 構文 の適合性のみが要求される。 この仕様は、利用されるメディア型の位置付けに関する要件は課さない。 text/xsl など,一部の(この仕様の公開時において)未登録のメディア型は 現存の実装により十分にサポートされている一方、 application/xslt+xml など,一部の登録済みのメディア型はそうでない。 Syntactic conformance to the production in RFC 2616 is all that is required by the above. This specification imposes no requirements with respect to the status of the types used. Some unregistered (as of the publication of this specification) media types, such as text/xsl, are well-supported by existing implementations, whereas some registered media types, such as application/xslt+xml, are not.

は、スタイルシート自身が取得される際に,メディア型についての情報源が他にないときのために アプリケーションから利用される,補助的なものであることが、予期されている。 The value is advisory in that it is intended to be used by an application only when no other source of media type information becomes available during retrieval of the stylesheet itself.

title

参照先スタイルシートのタイトルを与える。 には PseudoAttValue 生成規則 によるもの以上の制約は課せられない。 Gives the title of the referenced style sheet in a style sheet set. No constraints beyond those of the PseudoAttValue production are placed on the value.

media

参照先スタイルシートの適用対象のメディアを与える。 指定される場合、 は Media Queries 仕様 [MQ]media_query_list 生成規則に合致する文字列に設定されなければならない Gives the media for which the referenced style sheet applies. If specified, documents must set the value to a string that matches the media_query_list production of the Media Queries specification. [MQ]

charset

参照先のスタイルシートの補助的な文字符号化方式情報を与える。 指定される場合、 は, IANA 文字集合レジストリ( IANA Character Sets registry )において “preferred MIME name” と記されている名前, またはその別名【 “Name” または “Alias” 】に、あるいは そのような名前が存在しない場合は,その文字符号化方式の名前【( “preferred MIME name” と記されていない) “Name” 】に設定されなければならない[IANACHARSET] Gives an advisory character encoding for the referenced style sheet. If specified, documents must set the value to a valid character encoding name, which must be the name or alias labeled as "preferred MIME name" in the IANA Character Sets registry, if there is one, or the encoding's name, if none of the aliases are so labeled. [IANACHARSET]

が補助的であるとは、 XML 文書の場合と同様に、符号化方式についての情報源が他にないとき — すなわち、スタイルシートが取得される際に, HTTP ヘッダを通して明示的に, あるいはそのメディア型から暗黙的に,符号化方式の情報が得られないとき — に限り、その値がアプリケーションにより用いられることを意味する。 The value is advisory in that it is intended to be used by an application only when no other source of encoding information becomes available during retrieval of the stylesheet itself, either explicitly via an HTTP header, or implicitly via its media type, as in the case of XML documents.

alternate

が "yes" の場合、参照先のスタイルシートは代替スタイルシートであることを意味する。 この場合、 が空でない title 疑似属性 も指定されなければならない。 指定される場合、 は "yes" または "no" に設定されなければならない If the value is "yes", it indicates that the referenced style sheet is an alternative style sheet, and documents must also specify the title pseudo-attribute with a non-empty value. If specified, documents must set the value to either "yes" or "no".

xml-stylesheet 処理命令 に、他の 疑似属性 が設定されてはならない Documents must not specify other pseudo-attributes on xml-stylesheet processing instructions.

文書の外部のものとして指定されるスタイルシートへ向けたどのリンクも (例えば何らかのバージョンの HTTP [RFC2068] における Link ヘッダ)、 xml-stylesheet 処理命令 により指定される結び付けよりも前に,結び付けが行われるものと見なされる。 すべての結び付けをどこまで取り入れ,その順序をどのように処理に影響させるかの決定は、 アプリケーション が責を負う。 Any links to style sheets that are specified externally to the document (e.g. Link headers in some versions of HTTP [RFC2068]) are considered to create associations that occur before the associations specified by the xml-stylesheet processing instructions. The application is responsible for taking all associations and determining how, if at all, their order affects its processing.

A 参照文献

“参考” と記されていない参照文献は規範的とする。 References are normative unless marked "non-normative".

IANACHARSET
Character Sets. IANA, May 2007. (See http://www.iana.org/assignments/character-sets.)
INFOSET
XML Information Set, J. Cowan, R. Tobin. W3C, February 2004. (See http://www.w3.org/TR/xml-infoset/.)
MQ
Media Queries, H. Lie, T. Çelik, D. Glazman, A. van Kesteren. W3C, April 2009. (See http://www.w3.org/TR/css3-mediaqueries/.)
RFC2068
(参考) Hypertext Transfer Protocol — HTTP/1.1, R. Fielding, J. Gettys, J. Mogul, H. Frystyk, T. Berners-Lee. IETF, June 1997. (See http://www.ietf.org/rfc/rfc2068.txt.)
RFC2119
Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels, S. Bradner. IETF, March 1997. (See http://www.ietf.org/rfc/rfc2119.txt.)
RFC2616
Hypertext Transfer Protocol — HTTP/1.1, R. Fielding, J. Gettys, J. Mogul, H. Frystyk, L. Masinter, P. Leach, T. Berners-Lee. IETF, June 1999. (See http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt.)
RFC3987
Internationalized Resource Identifiers (IRIs), M. Dürst, M. Suignard. IETF, January 2005. (See http://www.ietf.org/rfc/rfc3987.txt.)
XML
Extensible Markup Language, T. Bray, J. Paoli, C. Sperberg-McQueen, E. Maler, F. Yergeau. W3C, November 2008. (See http://www.w3.org/TR/xml/.)
XSLT
(参考) XSL Transformations (XSLT) Version 2.0, M. Kay. W3C, January 2007. (See http://www.w3.org/TR/xslt20/.)

B 初版からの変更点

(この節は参考であり,規定ではない。) This appendix is non-normative

この仕様の初版は概要としては十分なものであったが、詳細の多くについては触れられないままであった。 この第2版は,その部分についての記述を埋めるものであり、また,個別の引用と疑似属性の部分の再利用を可能にするために,表現を再構築している。 The first edition of this specification was admirably brief, but at the same time left many details unstated. This second edition aims to fill the gaps left in the first edition, while restructuring the presentation to provide for independent citation and re-use of the pseudo-attribute construct.

xml-stylesheet 処理命令の構文や意味論については上に述べた再構築以上の変更は加えられていない。 プロセッサに対する適合性の制約は、内部または外部サブセットの中の xml-stylesheet 処理命令を無視してもよい点において,少しばかり緩められた。 Neither the syntax nor the semantics of the xml-stylesheet processing instructions have been changed, beyond the restructuring just mentioned. Conformance constraints on processors have been eased slightly, in that xml-stylesheet processing instructions occurring within the internal or external subset may be ignored.

主な変更点を以下に挙げる: The following list identifies the major changes which have been made: