WHATWG

12.5. 有名文字参照 — Named character references

HTML Living Standard

この日本語訳は公式の文書ではありません…

このページは、 WHATWG による, HTML 仕様の The HTML syntax 章の Named character references 節 を日本語に翻訳したものです。 この文書の正確性は保証されません。 (原文更新:

下の一覧 に, HTML がサポートする文字参照名, および それが指す符号位置を挙げる。 これらは主に、[ HTML の構文 § 文字参照, HTML の構文解析 § 有名文字参照 state ]から参照される。 This table lists the character reference names that are supported by HTML, and the code points to which they refer. It is referenced by the previous sections.

注記: 多くの符号位置には、複数の文字参照名がある — それは、旧来との互換性を得るためであり,意図的である。 例えば 【 …以下,この段落の内容は、下記 “その他の詳細” を見よ。 】 It is intentional, for legacy compatibility, that many code points have multiple character reference names. For example, some appear both with and without the trailing semicolon, or with different capitalizations.

このデータは JSON ファイル形式 としても入手できる。 【 この日本語ページでは、このファイル(正確には 時点における,その複製)のデータから,下の一覧を生成している(データ自体は、ページのソース内に埋め込み)。 】 This data is also available as a JSON file.

表示されるグリフは、規範的ではない。 挙げられた文字の正式な定義は、 Unicode を参照されたし。 The glyphs displayed above are non-normative. Refer to Unicode for formal definitions of the characters listed above.

注記: 文字参照名は XML Entity Definitions for Characters [XMLENTITY] に由来するが、以下に挙げるものに限り,規範的と見なされる。 The glyphs displayed above are non-normative. Refer to Unicode for formal definitions of the characters listed above.

その他の詳細(訳注/ “†” 印について)

有名文字参照の一覧

名前 符号位置 グリフ描画
データ生成中…