CSS 関連仕様の共通部分 日本語訳

CSS は、( HTML や XML などの)マークアップ文書から, スクリーン, 紙, 発話(読み上げ), 等々 の媒体への具現化法( rendering )を記述するための言語である。 CSS is a language for describing the rendering of structured documents (such as HTML and XML) on screen, on paper, in speech, etc.

この文書の位置付け

【 以下において、 ED, WD, CR, PR, REC, Note が付与された段落は、順に,仕様の策定段階が次に該当するもののみに適用されることを意味する 】:

  • ED = 編集者草案( Editors’ Draft )
  • WD = 作業草案( Working Draft )
  • CR = 勧告候補( Candidate Recommendation )
  • PR = 勧告案( Proposed Recommendation )
  • REC = 勧告( Recommendation )
  • Note = Working Group Note

ED: これは編集者草案の公開の複製です。 これは論を交わすためのみに提供されており,いつでも変更され得ます。 その発行は,その内容の W3C からの承認を含意するものではありません。 この文書を進行中の作業­を超えるものとして引用しないように。 This is a public copy of the editors’ draft. It is provided for discussion only and may change at any moment. Its publication here does not imply endorsement of its contents by W3C. Don’t cite this document other than as work in progress.

WD, CR, PR, REC, NOTEED 以外): この節では発行 時点におけるこの文書の位置付けについて述べます。他の文書がこの文書に取って代わる可能性があります。 W3C の現在の発行リストとこの文書の最新の改訂版は: https://www.w3.org/TR/ W3C technical reports index にて見られます。 This section describes the status of this document at the time of its publication. Other documents may supersede this document. A list of current W3C publications and the latest revision of this technical report can be found in the W3C technical reports index at https://www.w3.org/TR/.

WD, CR, PR, NOTE: 作業草案/勧告候補/勧告案/Note の発行は W3C Membership による承認を含意するものではありません。 この草稿­文書はいつでも更新,あるいは他の文書により置換される/廃用にされる可能性があります。 この文書を進行中の作業­以上のものとして引用する事は、不適切になります。 Publication as a { Working Draft / Candidate Recommendation / Proposed Recommendation / Working Group Note } does not imply endorsement by the W3C Membership. This is a draft document and may be updated, replaced or obsoleted by other documents at any time. It is inappropriate to cite this document as other than work in progress.

この仕様について論を交わす場としては、 GitHub Issues が選好されます。 課題( issue )を立てる際のタイトル(件名)には、 “[css-xxx†] …summary of comment…” の様に記されるよう願います。 すべての課題/コメントは アーカイブ にあります。 また、 過去のアーカイブ もあります。 GitHub Issues are preferred for discussion of this specification. When filing an issue, please put the text “XXX” in the title, preferably like this: “[XXX] …summary of comment…”. All issues and comments are archived, and there is also a historical archive.

【† "css-xxx" は、仕様を指す名前。 例えば CSS Valuse 仕様であれば、およそ "[css-values]" のように,仕様の URL パスの最後の部分が用いられていると見受けられるが、正確な名前は,個々の原文­仕様や上述の GitHub を参照されたし。 】

この文書は、( Style Activity の一部門の) CSS Working Group †により制作されました。 This document was produced by the CSS Working Group (part of the Style Activity).

CR: この文書は CSS Working Group† により 勧告候補 として制作されました。 This document was produced by the CSS Working Group as a Candidate Recommendation.

【† SVG も絡んでいるごく一部の CSS 仕様( https://drafts.fxtf.org/ 下にあるもの)では、 SVG Working Group との共同で。 】

CR: 勧告候補は、広範からの考査を受け, 実装の準備が整った文書です。 W3C は、誰もがこの仕様を実装し,コメントを(上述と同じ)公開のメーリングリスト宛に返すことを奨励します。 A Candidate Recommendation is a document that has been widely reviewed and is ready for implementation. W3C encourages everybody to implement this specification and return comments to the (archived) public mailing list www-style@w3.org (see instructions). When sending e-mail, please put the text “XXXXX” in the subject, preferably like this: “[XXXXX] …summary of comment…”

REC: この文書は W3C メンバ, ソフトウェア開発者達, W3C グループや関心のある主体から考査され、ディレクターにより W3C 勧告として承認されたものです。 これは安定的な文書であり、規範として利用したり,他の文書に引用することができます。 勧告の発行における W3C の役割は、仕様に対する注目を集め,広範囲への普及を促す所にあります。 これはウェブの相互運用性と機能性を向上させるものです。 This document has been reviewed by W3C Members, by software developers, and by other W3C groups and interested parties, and is endorsed by the Director as a W3C Recommendation. It is a stable document and may be used as reference material or cited from another document. W3C's role in making the Recommendation is to draw attention to the specification and to promote its widespread deployment. This enhances the functionality and interoperability of the Web.

この文書は 5 February 2004 W3C Patent Policy に従事するグループにより制作されました。 W3C はグループの成果物に関連して public list of any patent disclosures を維持管理しています†。 そのページには特許開示の手引きも含まれます。 特許に関する実際的知識を持ち、そこに Essential Claim(s) が含まれていると主張する者は W3C Patent Policy 第 6 節 に則って情報を開示しなければなりません。 This document was produced by a group operating under the 5 February 2004 W3C Patent Policy. W3C maintains a public list of any patent disclosures made in connection with the deliverables of the group; that page also includes instructions for disclosing a patent. An individual who has actual knowledge of a patent which the individual believes contains Essential Claim(s) must disclose the information in accordance with section 6 of the W3C Patent Policy.

【† SVG も絡んでいるごく一部の CSS 仕様では、 public list of any patent disclosures も。 】

この文書は W3C Process Document の下で統括されています。 This document is governed by XX XXX 20XX W3C Process Document


リスク下( at-risk ) にあるとは, W3C による標準化過程の技術用語であり、必ずしも[ 当の特色機能が,取下げられる/延期される危機にある ]ことを含意するわけではありません。 それは、 Working Group が,[ その特色機能は、適時に相互運用可能に実装されるのは難しいかもしれない ]と予見していて、仕様を勧告案の段階へ進める際に必要とされるなら,その特色機能を[ それを除いた新たな勧告候補を発行することなく,取下げれる ]ものと,定めていることを意味します。 “At-risk” is a W3C Process term-of-art, and does not necessarily imply that the feature is in danger of being dropped or delayed. It means that the WG believes the feature may have difficulty being interoperably implemented in a timely manner, and marking it as such allows the WG to drop the feature if necessary when transitioning to the Proposed Rec stage, without having to publish a new Candidate Rec without the feature first.

適合性

表記規約

適合性の要件は、記述的言明と RFC 2119 による句の組み合せにて表記される。 この文書の規定­部分の句 「〜しなければ(〜しては)ならない」 = “MUST (NOT)”, 「要求される」 = “REQUIRED”, 「〜すべきである(でない)」 = “SHOULD (NOT)”, 「推奨される」 = “RECOMMENDED”, 「〜してもよい」 = “MAY”, 「任意選択」 = “OPTIONAL” は RFC 2119 の定義に則って解釈されるものとする。 しかしながら、可読性のため,これらの語は大文字で記されない 【もしくは、(日本語訳の中では)マークアップなどにより,明示的に強調されることはない】[RFC2119] Conformance requirements are expressed with a combination of descriptive assertions and RFC 2119 terminology. The key words “MUST”, “MUST NOT”, “REQUIRED”, “SHALL”, “SHALL NOT”, “SHOULD”, “SHOULD NOT”, “RECOMMENDED”, “MAY”, and “OPTIONAL” in the normative parts of this document are to be interpreted as described in RFC 2119. However, for readability, these words do not appear in all uppercase letters in this specification.

明示的に[ “参考” あるいは “規定ではない” と記された節, および 例, 注記 ]を除く,この仕様のすべてのテキストは、規定である。 [RFC2119] All of the text of this specification is normative except sections explicitly marked as non-normative, examples, and notes. [RFC2119]

この仕様の中の,語 “例” を伴う用例や, 次の様にスタイル付けされて規定から隔てられたテキストは、参考である: Examples in this specification are introduced with the words “for example” or are set apart from the normative text with class="example", like this:

これは参考­例 This is an example of an informative example.

この仕様の中の,先頭に語 “注記:” が置かれたものや, 次の様にスタイル付けされて規定から隔てられたテキストは、参考である: Informative notes begin with the word “Note” and are set apart from the normative text with class="note", like this:

注記: これは参考­注記。 Note, this is an informative note.

告知テキストは、次の様に <strong class="advisement"> でスタイル付けされて,注目を引くように規定から隔てられる: Advisements are normative sections styled to evoke special attention and are set apart from other normative text with <strong class="advisement">, like this:

UA は、アクセス可能な代替手段を提供しなければならない。 UAs MUST provide an accessible alternative.

適合性の類別

この仕様に対する適合性は、次の3種の主体に対し定義される: Conformance to this specification is defined for three conformance classes:

スタイルシート

CSS スタイルシート A CSS style sheet.

レンダラ( renderer )
スタイルシートの意味論を解釈し,それらを用いて文書を具現化する( render する) UA A UA that interprets the semantics of a style sheet and renders documents that use them.
【 “具現化する( render )” — 視覚­媒体であれば描画, 聴覚­媒体であれば音声化, 等々により,当の媒体に内容を具現化して呈示すること(する処理)を意味する。 和訳の中では、文脈が絞られていれば,それに応じて単に “描画”, “音声化” 等々と記される。 】
著作ツール

スタイルシートを書き出す UA A UA that writes a style sheet.

スタイルシートは、このモジュールにて定義される構文を利用するすべての文が,一般 CSS 文法, および このモジュール内に定義される各種 特色機能の個々の文法に則って 妥当であるとき、この仕様に適合するものとされる。 A style sheet is conformant to this specification if all of its statements that use syntax defined in this module are valid according to the generic CSS grammar and the individual grammars of each feature defined in this module.

レンダラは、適切な仕様の定義に従ってスタイルシートを解釈することに加えて,それを正しく構文解析して, それに則って文書を具現化することを通して、この仕様にて定義されるすべての特色機能をサポートするとき、この仕様に適合するものとされる。 ただし、機器­特有の制限により文書を正しく具現化できないために,この仕様の一部のみを実装する UA の機能縮小は、不適合とは見なされない(例えば, UA にはモノクロモニタに色を描画することは要求されない)。 A renderer is conformant to this specification if, in addition to interpreting the style sheet as defined by the appropriate specifications, it supports all the features defined by this specification by parsing them correctly and rendering the document accordingly. However, the inability of a UA to correctly render a document due to limitations of the device does not make the UA non-conformant. (For example, a UA is not required to render color on a monochrome monitor.)

著作ツールは、一般 CSS 文法 および このモジュール内の各種 特色機能の個々の文法に則って 構文的に正しいスタイルシートを書き出し, かつ このモジュール内に述べられた,スタイルシートに課される他のすべての適合性­要件を満たすとき、この仕様に適合するとされる。 An authoring tool is conformant to this specification if it writes style sheets that are syntactically correct according to the generic CSS grammar and the individual grammars of each feature in this module, and meet all other conformance requirements of style sheets as described in this module.

CSS 実装に課される要件

以下の各節では、 CSS を現在から将来への相互運用性を促すように実装する際に課される,いくつかの適合性の要件を定義する。 The following sections define several conformance requirements for implementing CSS responsibly, in a way that promotes interoperability in the present and future.

部分的な実装

作者が前方互換の構文解析処理の規則を活用して,フォールバック値をあてがえるようにするため、 CSS レンダラは 実用レベルでサポートしないどの[ at-規則, プロパティ, プロパティ値, キーワード, 他の構文構成子 ]も,( 適宜,無視する ように)無効なものと見なさなければならない 特に, UA は、複数の成分からなる値を孕む単独のプロパティ宣言の中で,自身がサポートする値のみを尊守しつつ, 未サポートの値を選択的に無視してはならない: (未サポートの値がそうでなければならない様に)いずれかの値が無効と見なされた場合、それを含む宣言は,全体として無視することが要求される。 So that authors can exploit the forward-compatible parsing rules to assign fallback values, CSS renderers must treat as invalid (and ignore as appropriate) any at-rules, properties, property values, keywords, and other syntactic constructs for which they have no usable level of support. In particular, user agents must not selectively ignore unsupported property values and honor supported values in a single multi-value property declaration: if any value is considered invalid (as unsupported values must be), CSS requires that the entire declaration be ignored.

不安定/プロプライエタリな特色機能の実装

将来の安定的 CSS 特色機能との衝突を避けるため、 CSSWG は、 CSS に対する 不安定な 特色機能, および プロプライエタリ拡張 を実装する際には, 最善の実施に従う ことを推奨する。 To avoid clashes with future stable CSS features, the CSSWG recommends following best practices for the implementation of unstable features and proprietary extensions to CSS.

勧告候補レベルの特色機能の実装

仕様が勧告候補の段階に到達したならば、実装者は,仕様に則って正しく実装できた勧告候補レベルの特色機能について、接頭辞なしの実装をリリースし,その特色機能の接頭辞­付き変種の公開を避けるべきである。 Once a specification reaches the Candidate Recommendation stage, implementers should release an unprefixed implementation of any CR-level feature they can demonstrate to be correctly implemented according to spec, and should avoid exposing a prefixed variant of that feature.

実装­間の CSS の相互運用性を確立し, 維持管理するため、 CSS Working Group は、試験的でない CSS レンダラが CSS 特色機能の接頭辞が取り除かれた実装をリリースする前に, W3C に実装報告書を(および,必要に応じて実装報告書に利用されたテストケースも併せて)提出することを要請する。 W3C に提出されたテストケースは、 CSS Working Group による考査と修正の対象になる。 To establish and maintain the interoperability of CSS across implementations, the CSS Working Group requests that non-experimental CSS renderers submit an implementation report (and, if necessary, the testcases used for that implementation report) to the W3C before releasing an unprefixed implementation of any CSS features. Testcases submitted to W3C are subject to review and correction by the CSS Working Group.

テストケース, および実装報告書の提出についての更なる情報は、 CSS Working Group ウェブサイトの https://www.w3.org/Style/CSS/Test/ にて見られる。 質問があれば, public-css-testsuite@w3.org メーリングリスト宛に寄せられるべきである。 Further information on submitting testcases and implementation reports can be found from on the CSS Working Group’s website at https://www.w3.org/Style/CSS/Test/. Questions should be directed to the public-css-testsuite@w3.org mailing list.

勧告候補からの昇格基準

この仕様が勧告案に昇格するためには、それぞれの特色機能について少なくとも2つ以上の, 相互運用可能な実装が存在しなければならない。 それぞれの特色機能はいくつかの製品に分けて実装されてもよく,すべての特色機能が単独の製品に実装されることは要件とされない。 この判定の目的においては、次の語が定義される: For this specification to be advanced to Proposed Recommendation, there must be at least two independent, interoperable implementations of each feature. Each feature may be implemented by a different set of products, there is no requirement that all features be implemented by a single product. For the purposes of this criterion, we define the following terms:

独立性

それぞれの実装は、異なる主体により開発されていなければならず,対象にされる他の実装に利用されているコードの 共有/再利用/派生 によるものでないこと。 この仕様の実装に無関係なコード部分は、この要件の対象外になる。 each implementation must be developed by a different party and cannot share, reuse, or derive from code used by another qualifying implementation. Sections of code that have no bearing on the implementation of this specification are exempt from this requirement.

相互運用可能

公式の CSS テスト一式の中の呼応するテストケースに, あるいは Web ブラウザでない実装については等価なテストに 合格すること。 その種の UA が相互運用性を主張するためには、テスト一式 内の関連のどのテストにも,等価なテストが作成されているべきである。 加えて,その種の UA が相互運用性を主張する場合、相互運用性の目的のために,それらの等価なテストに同じように合格し得る一つ以上の UA が 他になければならない。 等価なテストは査読­目的のため,公開されていなければならない。 passing the respective test case(s) in the official CSS test suite, or, if the implementation is not a Web browser, an equivalent test. Every relevant test in the test suite should have an equivalent test created if such a user agent (UA) is to be used to claim interoperability. In addition if such a UA is to be used to claim interoperability, then there must one or more additional UAs which can also pass those equivalent tests in the same way for the purpose of interoperability. The equivalent tests must be made publicly available for the purposes of peer review.

実装

次のすべてを満たす UA : a user agent which:

  1. 仕様を実装している。 implements the specification.

  2. 一般から可用である。 実装は、出荷製品でも, 公開で可用な他のバージョン(すなわちベータ版, プレビュー­リリース, “nightly build” 等々)でも,いずれでもよい。 出荷製品でないリリースは、安定性を例証するため,少なくとも1ヶ月以上は当該の特色機能の実装を備えていなければならない。 is available to the general public. The implementation may be a shipping product or other publicly available version (i.e., beta version, preview release, or “nightly build”). Non-shipping product releases must have implemented the feature(s) for a period of at least one month in order to demonstrate stability.

  3. 試験的(すなわち,通常の利用に意図されていない,テスト一式に合格するために特別に設計されたバージョン)ではないこと。 is not experimental (i.e., a version specifically designed to pass the test suite and is not intended for normal usage going forward).

仕様は,少なくとも半年間は勧告候補の状態に置かれることになる。 The specification will remain Candidate Recommendation for at least six months.

CSS 値

この仕様は、 [CSS21] による CSS プロパティ定義 規約 に従う†。 この仕様にて定義されない値型は、CSS の値と単位( CSS Values and Units Module Level 3 )[CSS3VAL]†† にて定義される。 他の CSS モジュールは、これらの値型の定義を拡張し得る。 例えば [FOO] モジュールは、このモジュールに組み合わされるとき,この仕様にて利用される様に <bar> 値型の定義を拡張する。 This specification follows the CSS property definition conventions from [CSS21]. Value types not defined in this specification are defined in { CSS Level 2 Revision 1 [CSS21] / CSS Values and Units Module Level 3 [CSS3VAL] }. Other CSS modules may expand the definitions of these value types: for example [CSS???], when combined with this module, expands the definition of the <???> value type as used in this specification.

【† 下の日本語訳における表記も参照されたし。 】【†† 仕様によっては “CSS Level 2 Revision 1 [CSS21]” と記されている場合もあるが、その実質的な趣旨に違いは無いであろう。 】

それらの定義に挙げられるプロパティ特有の値に加え,この仕様に定義されるすべてのプロパティは、そのプロパティ値に,各種 CSS 全域キーワードも受容する。 可読性のため,それらのキーワードは明示的に示されることはない。 In addition to the property-specific values listed in their definitions, all properties defined in this specification also accept the inherit keyword as their property value. For readability it has not been repeated explicitly.

【日本語訳におけるプロパティ定義の表記と規約】

(このサイトの)各種 CSS 仕様の日本語訳では、各種プロパティの定義は,次の様なスタイルに統一された表形式で与えられる( “プロパティの定義表( property definition table )” と呼ばれる)。

表の2列目には, CSS 2.1 による規約 を要約して記述しているが、一部の記述は,モジュール化された CSS3 の各種 仕様への参照に差し替えている。 また、 “アニメーション”, “正準的順序” の欄については, CSS 2.1 の策定後に導入されたため, CSS 2.1 の中では述べられておらず、記述を補完している( 参考 )。

名前 この欄には、プロパティの名前が記される。 (他の欄は同じになるような)同類の複数個のプロパティ名が挙げられる場合もある。
プロパティに指定し得る 合法な値とその構文CSS 全域キーワードは、どのプロパティにも指定できるので,この構文には明示的に示されない)。
初期値 プロパティの 初期値
適用対象 プロパティを適用し得る(効果を及ぼし得る)要素の範囲。 すべての要素は,それぞれが すべてのプロパティを持つものと見なされるが、プロパティには,一部の要素に対しては適用されない — すなわち,その具現化に効果を及ぼさない — ものもある。 この欄に “すべての要素” と記されている場合、通例, ::before, ::after 疑似要素も含まれる。
継承 継承プロパティ である(その値が 継承される )かどうか。
百分率 百分率による値 がどのように(何に相対的に)解釈されるか。 “利用不可” と記されている場合、プロパティは百分率による値を受容しないことを意味する。
媒体 プロパティの適用対象になり得る 媒体グループ参考)。 すなわち、プロパティは,この欄に挙げられた媒体に対してのみ、具現化に効果を及ぼす。
算出値 プロパティの 算出値 がどのようにして得られるか。 “指定値”, “指定されたそのまま( as specified )†” 等と記されているときは, 指定値 がそのまま算出値になることを表す。 ただし、 CSS 全域キーワード については例外で,そのキーワードの定義に従う。 【† 和訳では、もっぱら前者の表記に統一している 】
アニメーション

アニメーション( CSS Animation )や遷移( CSS Transition )の対象になり得るかどうか。 “不可( no )/ 離散的( discrete )” と記されているときは、なり得ない†。 他の場合、通例,値の 補間法 が記される。 この欄については, CSS Transition 仕様の アニメート可能なプロパティ 節にて定義されている。

【† 現在の CSS Transition 仕様では、不可 = “補間できない” に定義が変更されている。 すなわち、アニメート時には,(半分の時間が経過した所で) 一足飛びに 遷移することになる。 “離散的” という語は,それを反映するものであり、一部の仕様では, “不可” に代わって この語を利用するように更新されてきている。 】

正準的順序 この欄には、プロパティの値が CSSOM を通して直列化される際に,値の中の各 成分値をどの順序で直列化するかが記される。 “文法に従う” と記されている場合は、定義表の “値” の欄に示された順序に従う(構文上は順序の入れ替えが可能であっても)。

略式プロパティ については、通例,定義表の中の “適用対象” 以下の各 欄は “個々のプロパティを見よ” と記されることが多い(対応する各種 下位プロパティ による定義を参照する)。

各種 用語

【 この節では、 CSS 2.2 の 3 章 — 適合性, 3.1 節 に挙げられている一般­用語の和訳を与える。 ただし、一部のリンク先はレベル 3 の各種 仕様に置換している。 】

スタイルシート( style sheet )
文書の呈示を指定する文の集合。 A set of statements that specify presentation of a document.
大部分のスタイルシートは, 作者利用者UA のいずれかを 出自 にする。 これらのソース間の相互作用は カスケード法 にて述べられる。 Style sheets may have three different origins: author, user, and user agent. The interaction of these sources is described in the section on cascading and inheritance.
妥当なスタイルシート( valid style sheet )
スタイルシートの妥当性は、スタイルシートに利用される CSS のレベルに依存する。 すべての妥当な CSS1 スタイルシートは、妥当な CSS 2.2 スタイルシートになるが、 意味が CSS1 から変更されている部分も少数ながらあるため、 CSS1 スタイルシートは, CSS 2.2 においては少しばかり異なる意味論を持つことになる。 CSS2 の特色機能には CSS 2.2 の一部でないものも含まれているので、すべての CSS2 スタイルシートが妥当な CSS 2.2 スタイルシートになるわけではない。 The validity of a style sheet depends on the level of CSS used for the style sheet. All valid CSS1 style sheets are valid CSS 2.2 style sheets, but some changes from CSS1 mean that a few CSS1 style sheets will have slightly different semantics in CSS 2.2. Some features in CSS2 are not part of CSS 2.2, so not all CSS2 style sheets are valid CSS 2.2 style sheets.
CSS 2.2 の文法 に則って書かれるものは、妥当な CSS 2.2 スタイルシートとされる。 更に、 CSS 2.2 仕様にて定義される[ at-規則, プロパティ名, プロパティ値 ]のみを包含しなければならない。 合法でない(無効な)[ at-規則, プロパティ名, プロパティ値 ]は妥当でない。 A valid CSS 2.2 style sheet must be written according to the grammar of CSS 2.2. Furthermore, it must contain only at-rules, property names, and property values defined in this specification. An illegal (invalid) at-rule, property name, or property value is one that is not valid.
ソース文書( source document )
一つ以上のスタイルシートが適用される文書。 言語によっては、文書は 要素が成すツリーを表現するものとして符号化される。 各­要素は、要素の型を識別する名前, 0 個以上の属性, 内容(空の場合もある)からなる。 例えば、ソース文書は XML / SGML インスタンスの場合もある。 The document to which one or more style sheets apply. This is encoded in some language that represents the document as a tree of elements. Each element consists of a name that identifies the type of element, optionally a number of attributes, and a (possibly empty) content. For example, the source document could be an XML or SGML instance.
文書言語( document language )
ソース文書を符号化するときの言語(例: HTML, XHTML, SVG )。 CSS は、文書言語の呈示を述べるために利用される。 CSS は、文書言語による下層の意味論を変更することはない。 The encoding language of the source document (e.g., HTML, XHTML, or SVG). CSS is used to describe the presentation of document languages and CSS does not change the underlying semantics of the document languages.
要素( element )
文書言語の構文を成す主要な構成子。 大部分の CSS スタイルシート規則は、要素の名前( HTML の P, TABLE, OL など)を利用して,要素が具現化される方法を指定する。 (An SGML term, see [ISO8879].) The primary syntactic constructs of the document language. Most CSS style sheet rules use the names of these elements (such as P, TABLE, and OL in HTML) to specify how the elements should be rendered.
置換­要素( replaced element )
CSS 整形モデルの視野­外にあるような内容を持つ要素 — 画像, 埋め込みリソース, アプレットなど。 例えば、 HTML IMG 要素の内容は、 "src" 属性が指定する画像に置換されることが多い。 置換­要素は内在的­寸法 — 内在的­横幅, 内在的­縦幅, 内在的­縦横比 — を持つことが多い。 例えば、ビットマップ画像は、絶対­単位で指定される 内在的­横幅と内在的­縦幅 を持つ(内在的­縦横比もそれらから,自動的に決定される)。 一方で、内在的­寸法を持たないリソースも中にはある(例えば、空の HTML 文書)。 An element whose content is outside the scope of the CSS formatting model, such as an image, embedded document, or applet. For example, the content of the HTML IMG element is often replaced by the image that its "src" attribute designates. Replaced elements often have intrinsic dimensions: an intrinsic width, an intrinsic height, and an intrinsic ratio. For example, a bitmap image has an intrinsic width and an intrinsic height specified in absolute units (from which the intrinsic ratio can obviously be determined). On the other hand, other documents may not have any intrinsic dimensions (for example, a blank HTML document).
UA は、機密的­情報が,置換­要素の内在的­寸法を通して 第三者主体に漏洩する見込みが高いときは、その寸法を持たないものと見なしてよい。 例えば、 HTML 文書にて利用者の預金残高に依存して,内在的サイズが変化するような場合には、そのリソースが内在的­寸法を持っていないかのように動作するなど。 User agents may consider a replaced element to not have any intrinsic dimensions if it is believed that those dimensions could leak sensitive information to a third party. For example, if an HTML document changed intrinsic size depending on the user's bank balance, then the UA might want to act as if that resource had no intrinsic dimensions.
置換­要素の内容は、 CSS 具現化モデルの対象とは見なされない。 The content of replaced elements is not considered in the CSS rendering model.
内在的­寸法( intrinsic dimensions )
周囲の内容からは独立に,要素­自身により定義される横幅と縦幅。 CSS は、内在的­寸法を見出す方法については定義しない。 CSS 2.2 においては、置換­要素のみが内在的­寸法を持つものとされる。 依拠できる解像度­情報を伴わないラスター画像に対しては、画像の 1 画素あたり 1px 単位のサイズと見做されなければならない。 The width and height as defined by the element itself, not imposed by the surroundings. CSS does not define how the intrinsic dimensions are found. In CSS 2.2 only replaced elements can come with intrinsic dimensions. For raster images without reliable resolution information, a size of 1 px unit per image source pixel must be assumed.
属性( attribute )
要素に結び付けられる値であって,名前, および その名前に結び付けられる(テキストによる)値 からなる。 A value associated with an element, consisting of a name, and an associated (textual) value.
内容( content )
ソース文書において、要素に結び付けられる内容。 要素には内容を持たないものもある。 そのようなものは内容が であるとも呼ばれる。 要素の内容は、テキストを含んだり, いくつもの子 要素を含むこともある — その場合、要素は それらの子 要素の と呼ばれる。 The content associated with an element in the source document. Some elements have no content, in which case they are called empty. The content of an element may include text, and it may include a number of sub-elements, in which case the element is called the parent of those sub-elements.
無視する( ignore )

この用語は、二つの意味で用いられる。 まず、 CSS 構文解析器は、スタイルシート内にて未知または合法でない構文を発見したときには,一定の規則に従わなければならない。 構文解析器は、そのスタイルシートの一定の部分を無視しなければならない 【 すなわち、その部分が元から存在していなかったのようにふるまう 】 。 どの部分を無視しなければならないかについての正しい規則は、次の節にて述べられる: 宣言とプロパティ, 構文解析処理エラーの取り扱い規則, 未サポートの値 【 あるいは、 CSS Syntax Module Level 3, その スタイル規則 など 】 。 用語 “無視する” が出現する所のテキストにて説明されることもある。

もう一つの意味は: UA は、スタイルシート内の一定のプロパティや値を,構文が合法であっても 無視してよい(場合によっては しなければならない)。 例えば、 table-column 要素は column のフォントに影響できないので、 font プロパティは無視されなければならない。 【 こちらの意味を述べるときは、むしろ “適用されない” と記される方が多いと思われる。 】

This term has two slightly different meanings in this specification. First, a CSS parser must follow certain rules when it discovers unknown or illegal syntax in a style sheet. The parser must then ignore certain parts of the style sheets. The exact rules for which parts must be ignored are described in these sections (Declarations and properties, Rules for handling parsing errors, Unsupported Values) or may be explained in the text where the term "ignore" appears. Second, a user agent may (and, in some cases must) disregard certain properties or values in the style sheet, even if the syntax is legal. For example, table-column elements cannot affect the font of the column, so the font properties must be ignored.
具現化された内容( rendered content )
関連のスタイルシートに則って具現化を適用した後の,要素の内容。 置換­要素の内容が具現化される方法は、 CSS 仕様では定義されない。 具現化された内容は、要素に対する代替テキストになったり(例: XHTML の "alt" 属性の値),スタイルシートにより 暗黙的/明示的 に挿入されるアイテムを含むこともある(例えば,ビュレット, 付番など)。 The content of an element after the rendering that applies to it according to the relevant style sheets has been applied. How a replaced element's content is rendered is not defined by this specification. Rendered content may also be alternate text for an element (e.g., the value of the XHTML "alt" attribute), and may include items inserted implicitly or explicitly by the style sheet, such as bullets, numbering, etc.
文書­木(文書ツリー, document tree )
ルート( root )
親( parent )
子( child )
子孫( descendant )
先祖( ancestor )
同胞( sibling )
先行する要素( preceding element )
後続する要素( following element )
【 これらの用語­定義の和訳は DOM Standard の ツリー節 に委譲。 】 The tree of elements encoded in the source document. Each element in this tree has exactly one parent, with the exception of the root element, which has none. An element A is called the child of element B if and only if B is the parent of A. An element A is called a descendant of an element B, if either (1) A is a child of B, or (2) A is the child of some element C that is a descendant of B. An element A is called an ancestor of an element B, if and only if B is a descendant of A. An element A is called a sibling of an element B, if and only if B and A share the same parent element. Element A is a preceding sibling if it comes before B in the document tree. Element B is a following sibling if it comes after A in the document tree. An element A is called a preceding element of an element B, if and only if (1) A is an ancestor of B or (2) A is a preceding sibling of B. An element A is called a following element of an element B, if and only if B is a preceding element of A.
作者( author )
作者とは、文書や それに結び付けられるスタイルシートを書く者を指す。 著作ツール とは、スタイルシートを生成する UA である。 An author is a person who writes documents and associated style sheets. An authoring tool is a User Agent that generates style sheets.
利用者( user )
利用者とは、 UA とやりとりする者である。 文書とそれに結び付けられスタイルシートを利用して,文書を閲覧したり, 聴き取ったりなど。 利用者は、個人の選好を符号化する個人スタイルシートを提供することもある。 A user is a person who interacts with a user agent to view, hear, or otherwise use a document and its associated style sheet. The user may provide a personal style sheet that encodes personal preferences.
UA (利用者エージェント, user agent )
UA とは、文書言語で書かれた文書を解釈して,文書に結び付けられているスタイルシートを,各種 CSS 仕様に則って適用する任意のプログラムである。 UA は、文書を表示したり, 読み上げたり, 印刷したり, 別の形式に変換する, 等々を行う。 A user agent is any program that interprets a document written in the document language and applies associated style sheets according to the terms of this specification. A user agent may display a document, read it aloud, cause it to be printed, convert it to another format, etc.
HTML UA は、何らかの HTML 仕様をサポートする UA である。 XHTML をサポートする一方で HTML はサポートしない UA は、 CSS 仕様への適合性の目的においては, HTML UA とは見なされない。 An HTML user agent is one that supports one or more of the HTML specifications. A user agent that supports XHTML [XHTML], but not HTML is not considered an HTML user agent for the purpose of conformance with this specification.
プロパティ( property )
CSS は、プロパティと呼ばれる,文書の具現化を指図するパラメタの有限の集合を定義する。 各プロパティは名前(例: color, font, border ), および 値を持つ(例: red12pt Timesdotted )。 プロパティは、 詳細度, カスケード処理, 継承の仕組み により,文書の種々の部分(すなわち,要素)や 文書が表示されるページに結び付けられる。 CSS defines a finite set of parameters, called properties, that direct the rendering of a document. Each property has a name (e.g., 'color', 'font', or border') and a value (e.g., 'red', '12pt Times', or 'dotted'). Properties are attached to various parts of the document and to the page on which the document is to be displayed by the mechanisms of specificity, cascading, and inheritance (see the chapter on Assigning property values, Cascading, and Inheritance).
記述子( descriptor )
【 この項目はこの訳による追加 】
プロパティと同様に、記述子も,文書の具現化を指図するパラメタであり,プロパティと同じ構文や値を共有することも多いが、個々の要素に結び付けられるものではない点で異なる(したがって、値の継承のような概念もない)。 (記述子は “プロパティ記述子” の略記でもある)。 それは、通例的に,その適用対象となる文脈を指示する at-規則の中で利用される — プロパティの様に,選択子を通して要素に適用される代わりに。 例えば @font-face 規則の中で利用されるフォント記述子は、 @font-face に指示されるフォントについて記述し、文書­内の,そのフォントを利用する すべての 要素の具現化を指図することになる。

参照文献

[RFC2119]
S. Bradner. Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels.
https://www.ietf.org/rfc/rfc2119.txt
[CSS21]
Bert Bos; et al. Cascading Style Sheets Level 2 Revision 1 (CSS 2.1) Specification. 7 June 2011. REC.
https://www.w3.org/TR/CSS2
[CSS-VALUES]
Tab Atkins Jr.; Elika Etemad. CSS Values and Units Module Level 3. 11 June 2015. CR.
https://www.w3.org/TR/css-values/
[CSS]
CSS Snapshot 2015
https://drafts.csswg.org/css-2015/
日本語訳1, 日本語訳2
CSS Snapshot 2010
https://www.w3.org/TR/CSS/
日本語訳