SVG 2, 付録 L: SVG 1.1 からの変更点

この付録は、参考であり,規範ではない。 ◎ This appendix is informative, not normative.

この付録は、 SVG 1.1 第2版 仕様 から SVG 2 仕様に加えられた変更点を要約したものである。 ◎ This appendix summarizes the changes that have been made since the SVG 1.1 Second Edition Recommendation.

L.1. 編集上の変更点

仕様を読み易くするため、いくつもの~style上の変更が加えられた: ◎ A number of stylistic changes have been made to the specification to make it more readable. These include the following:

  • 現今の CSS 仕様の~styleに近い~styleを利用するように変更した。 ◎ A change towards using styling similar to contemporary CSS specifications.
  • Working Group ~memberに進行が委任され,取り込みについて解決された特色機能を反映するように,注釈が仕様に追加された。 ◎ Annotations have been added to the specification to reflect features that the Working Group has resolved on including and for which a member of the group has committed to drive that feature.
  • ~XMLのみならず~HTML内でも~SVGを利用できることを強調するように変更された。 ◎ Changes to highlight that SVG can be used in HTML as well as in XML.
  • ~metadata 章は `文書~構造 章$に併合された。 ◎ Merged the metadata chapter with the document structure chapter.
  • `SVGSVGElement$I 上の[ `getIntersectionList()$m / `getEnclosureList()$m ]における `referenceElement^V 引数は、~nullableになるように~IDLを更新した。 ◎ Updated IDL for SVGSVGElement marking the referenceElement argument in getIntersectionList and getEnclosureList as nullable.

L.2. 主要な変更点

上に挙げられた編集上の変更点に加え、以下の主要な追加, 変更, 除去が行われた。 ◎ In additional to the editorial changes listed above, the following substantial additions, changes and removals have been made.

L.2.1. 文書~全体に渡るもの

  • ~SVG~DTDへの参照は除去された。 ◎ References to the SVG DTD have been removed.
  • ~IDLは、 Web IDL 構文を利用するように更新された。 ◎ IDL has been updated to use Web IDL syntax.
  • すべての~list型~interfaceに `length^m 属性と有index~prop~accessが追加された。 ◎ Added "length" attribute and indexed property access to all list interfaces.
  • `angle$t 型の定義は除去され、 CSS Values and Units 仕様を参照するようにされた。 ◎ Remove definition of <angle> type and reference CSS3-values.
  • CSS Values and Units 仕様を参照するに先立って、すべての座標~型は `length$t に変更された。 ◎ Change all coordinate types to <length> in preparation for referencing css3-values..
  • すべての要素の内容~modelに `script$e 要素が追加された。 ◎ Add the ‘script’ element to the content model of all elements.
  • 各種~list~obj上の[ `initialize()^m, `appendItem()^m, `replaceItem()^m, `insertItemBefore()^m ]~methodは、挿入されようとしている~list~itemが 別の~list内にすでにあるときは、複製するように,変更された。 ◎ Changed the initialize, appendItem, replaceItem and insertItemBefore methods on list objects to make a copy of any list item being inserted that is already in another list.
  • `image$e, `script$e 要素に、 CORS-enabled fetch ~algoと併用するための `crossorigin^a 属性が加えられた。 ◎ The ‘image’ and ‘script’ elements have gained a crossorigin attribute, for use with the CORS-enabled fetch algorithm.

L.2.2. (章)概念

  • この章は除去された。 ◎ Removed this chapter.

L.2.3. (章)描画~model

  • 描画~modelは, Compositing and Blending 仕様 を参照するように更新された。 ◎ Update rendering model to refer to Compositing and Blending Specification.
  • [ 描画される/描画-可能な ]要素に関する新たな定義を追加した。 ◎ Added new definitions regarding rendered and renderable elements.
  • `display^p / `visibility^p 節 をこの章に移動した。 ◎ Moved the section on display and visibility to this chapter.
  • `z-index^p は、この章に移動された。 規範的でない~textは、例を残して除去された。 ◎ Moved z-index to this chapter. Removed non-normative text, keeping examples.
  • 課題 2 を解決- — `knock-out^p への参照は除去された。 ◎ Resolve issue 2 - removed reference to knock-out.
  • 課題 3 を解決- — 要素と~groupがどう描画されるかについての記述は書直された。 ◎ Resolve issue 3 - rewrote description of how elements and groups are rendered.
  • 課題 4 を解決- — 各種 塗-~server型は明示的に示さないようにされた。 ◎ Resolve issue 4 - Don't mention each paint server type explicity.
  • 課題 6 を解決- — 要求される変更点はない。 ◎ Resolve issue 6 - No changes required.
  • 切抜き, ~masking, 合成( Clipping, Masking and Compositing )章は、この章に併合された(それに伴い,課題 7 は解決された)。 ◎ Merge Clipping, Masking and Compositing chapter into this chapter (resolved issue 7 in process).
  • “親への合成( Parent Compositing )” 節は、各 参照ing~modeにおける合成-法を明示的に示すように更新された。 ◎ Update 'Parent Compositing' section to explicitly mention how each referencing mode composites.
  • ~UA~stylesheetにおいては、[ ~SVG根, `foreignObject^e 要素 ]に対しては、最早 `overflow:hidden^p とされなくなった。 ◎ SVG root and foreignObject are no longer overflow:hidden in User Agent style sheet.
  • 一部の事例では、 `overflow:auto^css に対し,内容が切抜かれて~scrollbarが示されるようになる。 ◎ overflow:auto may clip and show scroll bars in some cases.
  • `svg^e 要素に対する `overflow:scroll^css では、~scrollbarが示され得る。 ◎ overflow:scroll may show scroll bars on svg elements.
  • 初期~切抜き~pathの定義は、除去された。 ◎ Removed definition of initial clipping path.
  • 描画~要件は、 `use^e 要素に対する~shadow~DOM~modelを反映するように更新された。 ◎ Updated rendering requirements to reflect shadow DOM model for use elements.

L.2.4. (章)基本~data型と基本~interface

  • すべての `SVGMatrix$I は、 `SVGMatrix$I or `DOMMatrixReadOnly$I に置換された。 ◎ All appearance of SVGMatrix were replaced by DOMMatrix or DOMMatrixReadOnly.
  • すべての `SVGRect$I は、 `SVGRect$I or `DOMRectReadOnly$I に置換された。 ◎ All appearance of SVGRect were replaced by DOMRect or DOMRectReadOnly.
  • すべての `SVGPoint$I は、 `SVGPoint$I or `DOMPointReadOnly$I に置換された。 ◎ All appearance of SVGPoint were replaced by DOMPoint or DOMPointReadOnly.
  • `SVGStylable^I, `SVGLangSpace^I ~interfaceは除去され、それらの~memberすべては, `SVGElement$I へ移動された。 ◎ Removed the SVGStylable and SVGLangSpace interfaces and moved all of their members on to SVGElement.
  • `SVGLocatable^I, `SVGTransformable^I は、 `SVGElement$I を直接~継承する `SVGGraphicsElement$I に転換された。 ◎ Turned SVGLocatable and SVGTransformable into SVGGraphicsElement, which directly inherits from SVGElement.
  • `SVGGraphicsElement$I ~interfaceが追加された。 ◎ Added an SVGGraphicsElement interface.
  • `isPointInFill()^m, `isPointInStroke()^m ~methodを伴う `SVGGeometryElement$I ~interfaceが追加された。 ◎ Added an SVGGeometryElement interface with isPointInFill and isPointInStroke methods.
  • `SVGExternalResourcesRequired^I ~interfaceは除去された。 ◎ Removed the SVGExternalResourcesRequired interface.
  • `SVGGraphicsElement$I に[ ~tightな~stroke限界~boxを取得するための `getStrokeBBox()^m ]が追加された。 ◎ Added getStrokeBBox on SVGGraphicsElement to get the tight stroke bounding box.
  • `SVGElement$I の[ `viewportElement^m, `ownerSVGElement^m ]は、~nullableにされた。 ◎ Make viewportElement and ownerSVGElement on SVGElement nullable.
  • `SVGElement$I, `SVGColor^I, `SVGICCColor^I ~interfaceから `getPresentationAttribute()^m 演算が除去された。 ◎ Removed the getPresentationAttribute operation on SVGElement and the SVGColor and SVGICCColor interfaces.
  • `SVGElement$I に[ `focus()$m, `blur()$m 演算と `tabIndex$m 属性 ]が追加された。 ◎ Added focus and blur operations and tabIndex attribute to SVGElement.
  • `Document$I に `activeElement$m 属性が追加された。 ◎ Added activeElement attribute to Document.
  • `SVGElement$I は、~HTMLの `GlobalEventHandlers$I ~interfaceを実装するようにされた。 ◎ Made SVGElement implement the GlobalEventHandlers interface from HTML.
  • `SVGGraphicsElement$I から `getStrokeBBox()^m が除去された。 `getBBox()$m は、返される限界~boxに要素のどの部分が含まれるかを制御する,辞書~引数も伴うように拡張された。 ◎ Removed getStrokeBBox from SVGGraphicsElement and extended getBBox with a dictionary argument that controls which parts of the element are included in the returned bounding box.
  • `length$t, `angle$t, `number$t, `integer$t においては、頭部/尾部の空白類も許容されることに。 ◎ Allow leading and trailing whitespace in <length>, <angle>, <number> and <integer>.
  • ~CSS / ~HTML に揃えるため、 form feed( U+000C )も空白類に含められた。 ◎ Make whitespace include form feed (U+000C) to align with CSS and HTML.
  • 基本~data型のうち、すでに CSS Values and Units 仕様に定義されているものは除去された。 ◎ Remove basic data types already defined by CSS Values and Units.
  • 色~keywordの~listは除去された。 その~listは、規範として参照される CSS Colors 3 勧告の一部にされた。 ◎ Remove list of color keywords. The list is part of CSS Colors 3 which is referenced normatively and a REC.
  • 種々の~list型の属性において,値の末尾における単独の `comma-wsp^P も許容されるようになった。 ◎ Allow a single trailing comma-wsp in various list-typed attributes.
  • `SVGElement$I ~interface上の[ `xmlbase^m, `xmllang^m, `xmlspace^m ]属性は、除去された。 ◎ Removed the xmlbase, xmllang and xmlspace attributes from the SVGElement interface.
  • `SVGViewSpec^I ~interfaceは除去された。 ◎ Removed the SVGViewSpec interface.
  • `SVGElement$I の `style^m ~IDL属性は除去された — それは CSSOM に定義されているので。 ◎ Removed the style IDL attribute from SVGElement, since CSSOM defines that for us.
  • `SVGGraphicsElement$I 上の `getTransformToElement()^m ~methodは、除去された。 ◎ Removed the getTransformToElement method on SVGGraphicsElement.
  • `最外縁の svg 要素$上であっても, `getCTM()^m は機能するべきと定義され、それが含むべき座標系変換が~listされた。 ◎ Defined that getCTM on an outermost svg element should work, and listed which transforms it should include.
  • 属性への反映について、~SVG~DOM~objが “生きているかどうか( liveness )” に及ぼす効果も含め,より深く定義された。 ◎ Defined attribute reflection in more depth, including the effect it has on SVG DOM object liveness.
  • すべての~interface上の `animVal^m ~IDL属性は、今や `baseVal^m の別名とされた。 ◎ animVal IDL attributes on all interfaces now alias baseVal.
  • `SVGElement$I に `dataset$m ~IDL属性が追加された。 ◎ Added the dataset IDL attribute to SVGElement.
  • `SVGPathElement^I の[ `pathLength$m, `getTotalLength()$m, `getPointAtLength()$m ]~memberは、 `SVGGeometryElement^I 上に移動された。 ◎ Moved the pathLength attribute, getTotalLength(), and getPointAtLength() methods from SVGPathElement onto SVGGeometryElement.
  • ~path文法の `wsp^P, `comma-wsp^P の定義は移動された。 — それらは仕様~内の唯一の EBNF 文法なので。 ◎ Move definition of wsp and comma-wsp to path grammar since that's the only EBNF grammar in the spec.

L.2.5. (章)文書~構造

  • `SVGSVGElement^I ~interfaceの[ `suspendRedraw()^m, `unsuspendRedraw()^m, `unsuspendRedrawAll()^m ]~methodは、非推奨にされた。 ◎ Deprecated the suspendRedraw, unsuspendRedraw and unsuspendRedrawAll methods on the SVGSVGElement interface.
  • `externalResourcesRequired^a 属性は、除去された。 ◎ Removed the ‘externalResourcesRequired’ attribute.
  • `image$e 要素の `width$p, `width$p 属性に `auto^v を利用する能が追加された。 ◎ Added the ability to use 'auto' for the width and height attributes on ‘image’.
  • `use$e 要素からは、文書~全体は参照できないとする制約は除かれた。 ◎ Lifted the restriction on ‘use’ not being able to reference an entire document.
  • [ `desc$e / `title$e ]要素に, `lang$a 属性が追加された。 ◎ Added ‘lang’ attribute on ‘desc’ and ‘title’ elements.
  • WAI-ARIA 属性の節が追加された。 ◎ Added section on WAI-ARIA attributes.
  • `最外縁の svg 要素$上の~CSSによる座標系変換は[ `currentScale$m / `currentTranslate$m ]に影響しないことが明確化された。 最外縁でない `svg$e 要素~上からの返り値を定義した。 ◎ Clarified that CSS transforms on an outermost svg element do not affect currentScale or currentTranslate. Defined the returned values on ‘svg’ elements that are not outermost svg element.
  • `rootElement$m 属性は、非推奨にされた。 ◎ Deprecated the rootElement attribute.
  • 根 `svg$e 要素~上に, `Window$I に向けて発火される~eventのための[ ~event~handler内容~属性と~IDL属性 ]が定義された — ~HTML `body^e 上の~event~handler内容~属性と~IDL属性と同様に。 ◎ Defined event handler content attributes and IDL attributes on the root ‘svg’ element to be for events fired at the Window, like HTML's event handler content attributes and IDL attribute on body.
  • `image$e 要素は、 埋込み内容 章 に移動された。 ◎ Moved the ‘image’ element to the Embedded Content chapter.
  • [ `SVGElementInstance^I, `SVGElementInstanceList^I ]~interface, および それらに対応する `SVGUseElement$I ~interface上の属性は除去された。 ◎ Removed the SVGElementInstance and SVGElementInstanceList interfaces, and the corresponding attributes on the SVGUseElement interface.
  • `use$e 要素における~event~flowは, Shadow DOM 仕様に従うように変更された。 ◎ Changed the ‘use’ element event flow to follow the Shadow DOM spec.
  • `switch$e 要素が `script$e 要素の処理に影響しないことが明確化された。 ◎ Clarified that the ‘switch’ element does not affect processing of ‘script’ elements.
  • `svg$e 要素~上の[ `width^a, `height^a ]属性は、呈示~属性にされ,それらの初期~値は `auto^v に変更された。 ◎ Made the ‘width’ and ‘height’ attributes on the ‘svg’ element presentation attributes, and changed the initial value to auto.
  • `svg$e 要素から[ `baseProfile^a, `version^a ]属性が除去された。 ◎ Removed the baseProfile and version attributes from the ‘svg’ element.
  • `SVGSVGElement$I ~interface上の `forceRedraw()$m ~methodは非推奨になり、~callされても効果はないものと定義された。 ◎ Deprecated the forceRedraw method on the SVGSVGElement interface and defined it to have no effect when called.
  • `SVGSVGElement$I ~interface上の `deselectAll()$m ~methodは、 Selection API の用語を通して定義されると同時に,非推奨にされた。 ◎ Defined the deselectAll method on the SVGSVGElement interface in terms of the Selection API and simultaneously deprecated it.
  • `switch$e 要素が `style$e 要素の処理に影響しないことが明確化された。 ◎ Clarified that the ‘switch’ element does not affect the processing of ‘style’ elements.
  • `SVGSVGElement$I ~interface上の[ `getIntersectionList()$m, `getEnclosureList()$m ]~methodは、~shadow木の要素を返さないことが明確化された。 ◎ Clarified that the getIntersectionList and getEnclosureList methods on the SVGSVGElement interface do not return shadow tree elements.
  • `requiredFeatures^a 属性は、除去された。 ◎ Removed the requiredFeatures attribute.
  • `SVGSVGElement$I 上の `currentView^p, `useCurrentView^p ~propは、除去された。 ◎ Removed the currentView and useCurrentView properties on SVGSVGElement.
  • ~SVG名前空間における未知の要素を取扱うため, `SVGUnknownElement$I が追加された。 ◎ Added SVGUnknownElement for handling unknown elements in the svg namespace.
  • どの名前空間にも属さない `lang$a 属性が追加された。 ◎ Added the ‘lang’ attribute in no namespace.
  • `SVGSVGElement$I ~interfaceの `viewport^m 属性は、除去された。 ◎ Removed the viewport attribute from the SVGSVGElement interface.
  • `xml:base^a 属性は、除去された。 ◎ Removed the xml:base attribute.
  • `discard^e 要素は、分割されて SVG Animations ~moduleに移動された。 ◎ Moved the ‘discard’ element to the split-out SVG Animations module.
  • ~すべての~SVG要素に `~custom~data属性$が許容された。 ◎ Allowed custom data attributes on all SVG elements.
  • `desc$e, `title$e の記述は、 ~ARIAと~accessibility対応付けを反映するように書直された。 ◎ Rewrite ‘desc’ and ‘title’ description to reflect ARIA and accessibility mapping.
  • ~SVG文書の中で~metadata要素を構造化する方法についての推奨は、除去された。 ◎ Remove recommendation on how to structure metadata elements within the SVG document.
  • `Document^I ~interface~obj上の `SVGDocument^I ~propに対する要件は、除去された。 ◎ Remove requirement for SVGDocument property on the Document interface object.
  • `switch$e の子孫~要素のうち, `systemLanguage$a 属性を有するものは、~SMIL `allowReorder^a 属性の定義に則って並替られるべきとされた。 ◎ Descendent elements of ‘switch’ that have the ‘systemLanguage’ attribute should be reordered according to the definition of the SMIL 'allowReorder' attribute.
  • `tspan$e, `textPath$e は、~filter, ~mask, 等々を適用できるように, `~graphics要素$の分類に追加された。 ◎ Add ‘tspan’ and ‘textPath’ to the graphics element category. This allows filters, masks, etc to be applied to them.
  • 要素~役割の節は、最新の SVG Accessibility API Mappings 仕様に適合するように更新された。 ◎ Update section on element roles to conform to latest SVG Accessibility API Mappings specification.
  • [ 要求されない場合でも,定義済みの内容を `defs^e 要素~内に置く ]とする推奨は、柔らげられた。 ◎ Soften recommendation to put pre-defined content in a defs element even if not required.
  • [ `defs^e / `title^e / `desc^e / `metadata^e / `symbol^e ]要素の表示-時の挙動は、~UA~styleを利用して定義されるように変更された。 ◎ Change display behavior of defs, title, desc, metadata, and symbol elements to be defined using user agent styles.
  • `symbol^e にも[ `x^p / `y^p / `width^p / `height^p ]呈示~属性は許容され、描画される各~instanceに対する それらの効果は,入子にされた `svg^e 要素に対するときと同じになるものとされた。 ◎ Allow x, y, width, and height presentation attributes on a symbol, with the same effect on a rendered instance as on a nested svg element.
  • `symbol^e 上の[ `refX$a / `refY$a ]に対する 後方互換な既定の挙動が指定された( `marker^e と異なることになる) — 各種~keyword による挙動は、 `marker^e に対するときと同じになることが明確化された。 ◎ Specify a backwards-compatible default behavior for ‘refX’ and ‘refY’ on a symbol (which will be different from marker); clarify that keywords have same behavior as marker.
  • `use^e 要素~shadow木は、~shadow~DOM仕様と整合するように,再~定義された — SVG 2 の他の変更点により良く統合するため, および 次に挙げる もっと関係する挙動を明確化するために: ◎ Re-define use-element shadow trees to be consistent with the shadow DOM spec, to integrate better with other SVG 2 changes, and to clarify much related behavior, including:

    • [ `x^p / `y^p / `width^p / `height^p ]は、呈示~属性にされた , albeit ones with a unique effect on final layout 【最終的な~layoutには一意な効果になるが?】 ◎ x/y/width/height are presentation attributes, albeit ones with a unique effect on final layout
    • [ `width^p / `height^p ]に対する値~zeroは、~cloneされた[ `svg^e, `symbol^e ]の使用~値に対する影響0を通してのみ有意になる。 負の値は、構文解析-~errorになる。 ◎ zero values for width and height are only significant through their impact on the used value of a cloned svg/symbol; negative values are parse errors
    • `use^e 要素は、~graphics要素のみならず, ~SVG容器の妥当な子になれるような どの要素も 参照できるようにされた。 ◎ Allow use elements to reference any element that can be a valid child of an SVG container, rather than only graphics elements
    • `SVGUseElementShadowRoot^I ~interfaceが `ShadowRoot^I ~interfaceの拡張として定義され、 `use^e 要素~shadow木に利用することが要求される。 ◎ Define the SVGUseElementShadowRoot interface as an extension of the ShadowRoot interface, and require it to be used for use-element shadow trees
    • ~shadow~DOMと `use^e 要素に関係する いくつかの用語が定義された — 適用し得る所では~DOM標準の用語を参照しつつ。 ◎ Define a number of terms related to shadow DOM and use elements, referencing the DOM standard where applicable
    • `use^e 要素~shadow木は、[ 当の要素が[ 条件付き処理の失敗した分岐 ]内にある場合でも,生成される ]ことが明確化された( previous guidance re display:none【?】 と整合する) ◎ Clarify that use-element shadow trees are generated even if the element is in a conditional processing failed branch (consistent with previous guidance re display:none)
    • ~shadow木~内の要素~instanceは、読専のものを除いて,定例の `Element^I ~nodeになるように現れ~MUSTとされた。 ◎ Element instances in the shadow tree must appear to be regular Element nodes, except they are read-only.
    • 以前まで `SVGElementInstance^I ~obj上で定義されていた 各種~propは、今や `SVGElement^I を拡張する ~mixin~interfaceとして定義された。 ◎ Properties formerly defined on the SVGElementInstance object are now defined as a mixin interface extending SVGElement
    • ~cloneされた内容~内の~URL参照は、~source~fileに相対的に絶対~化されることが明確化された。 ◎ Clarify that URL references in cloned content are made absolute relative to the source file.
    • ~shadow木は、相互参照が変化した場合には — 宣言的~animationに因るもの含め — 破棄されることが,明確化された(元の~shadow木と~animateされたそれが、並行して保全されることはない)。 ◎ Clarify that the shadow tree is discarded if the cross-references change, including due to declarative animation (the original and animated shadow trees are not preserved in parallel).
    • 循環~参照は、その環を繋げるような `use^e 要素 — その自前の~hostでなく — の描画のみを阻止することが明確化された。 ◎ Clarify that circular references only block the rendering of the use-element that would connect the circle, and not it's own host.
    • [ `x^p / `y^p ]は、 `use^e 要素~上の変形として挙動すること, および それによる[ `userSpaceOnUse^v による~graphic上の効果 ]への影響0についての警告が追加された。 ◎ Added warning about x/y behaving as a transformation on the use element, and the impact on userSpaceOnUse graphical effects.
    • `use^e 要素~上の[ `width^p / `height^p ]が[ `svg^e, `symbol^e ]要素に影響0する仕方は、幾何~propと `auto^v 値に整合するように再定義された。 ◎ Redefine the way width/height on use elements impact svg/symbol to be consistent with geometry properties and auto values.
    • 他の( `svg^e / `symbol^e 以外の)再~利用される~graphicsに対しては、~shadow要素は — 百分率~長さの解決も含め — `use^e 要素の座標系~内で~lay-outされることが明確化された。 ◎ Clarify that for other re-used graphics (not svg/symbol), the shadow elements are laid out in the use element's coordinate system, including for the resolution of percentage lengths.
    • ~shadow木における~styleの~cloningは、~shadow~DOMを視野に入れる~styleと整合するように再定義された — ~stylesheetは~shadow~DOMの視野の中へ~cloneすることが要求されることも含めて。 ◎ Redefine style cloning in shadow trees to be consistent with style scoping in shadow DOM, including by requiring style sheets to be cloned into the shadow DOM's scope.
    • 前項の結果が、 SVG 1.1 に適合する~UAと 異なる~styleになる事例に関する警告と例が追加された。 ◎ Add warning and example regarding the cases where this results in different styles than an SVG 1.1-conforming user agent.
    • `visibility^p ~propの挙動が継承されることに関する 例が追加された。 ◎ Add example regarding the inherited behavior of the visibility property.
    • `use^e 要素の複製~内の~multimediaには、元の要素が同じ 他のすべての複製~instanceと同期させることが要求される。 ◎ Require multimedia in use-element copies to be synchronized with all other instances of the same original element.
    • ~shadow木は,~animationの文書~時間軸を その~host文書と共有することが明確化された。 ◎ Clarify that the shadow tree shares the document timeline for animations with its host document.
    • `ShadowAnimation^I ~interfaceは、 Web Animations API ~animationの~cloningを表現するものと定義された ◎ Define a ShadowAnimation interface to represent the cloning of Web Animations API animations
    • Web Animations API ~animationが[ `use^e 要素~shadow木~内の要素~instance ]に直接的に適用されることは、禁制された。 ◎ Prohibit WAAPI animations from being directly applied to element instances in the use-element shadow tree.
    • ~SMILによる~animationの伝播は、~animation要素を~cloneすることを通して定義された — 参照先の~graphicに影響している~animation要素は、参照先の要素の子孫でなくとも,当の~shadow木の中に~cloneすることが要求される。 ◎ Define the propagation of SMIL-style animations through the cloning of animation elements; require that animations elements affecting the referenced graphic be cloned into the shadow tree, even if they are not descendents of the referenced element.
    • ~eventに基づく~animation要素を誘発する方法が、定義された。 また、[ 異なる~node木~内に同じ `id^a の複数の要素がある ]ときの ~animation要素 `href^a 属性の挙動が、定義された。 ◎ Define how event-based animation element triggers and animation element href attributes behave when you have multiple elements with the same id in different node trees.
    • `use^e 要素~shadow木における~event取扱いは、[ Shadow DOM 仕様による~eventの再~target規則( retargetting ) ]に従うことが要求される。 ◎ Require event handling in use-element shadow trees to follow the event retargetting rules from the Shadow DOM spec.
    • [ ~script/~event属性 ]により追加された~event~listenerも,参照先の~graphicsから その要素~instanceたちへ複製されることが明確化された。 ◎ Clarify that the copying of event listeners from referenced graphics to their element instances applies to listeners added by script as well as by event attributes.
    • ~event~listenerが `use^e 要素~shadow木~内の要素に 直接的に追加されることは、禁制された。 ◎ Prohibit event listeners from being directly added to elements in the use-element shadow tree.
    • ~shadow内容は~access可能になるよう、[ `use^e 要素 / `symbol^e 【の~instance】 ]は,既定で~graphics~objの役割に対応付けられるとされた。 ◎ Make use elements and symbols map to the graphics-object role by default, so the shadow content will be accessible.
    • 描画される `symbol^e elementの~instanceが ~graphics要素の挙動(例えば `getBBox()^m )すべてを備えるようにするため、 `SVGSymbolElement^I ~interfaceは, `SVGGraphicsElement^I を拡張するようにされた。 ◎ Make the SVGSymbolElement interface extend from SVGGraphicsElement, so that rendered symbol element instances have all the behavior of graphics elements (e.g., getBBox)
    • `SVGUseElement^I ~interface上の(~animate化された) `instanceRoot^m ~propを復旧した。 ◎ Restore the (animated)instanceRoot properties on the SVGUseElement interface.
  • `a$e 要素に対する役割の対応付けは、実際に妥当な~linkであるかどうかに依存するように変更された。 ◎ Change role mapping for the ‘a’ element to depend on whether it is actually a valid link.
  • ~ARIA状態と ~prop属性は、~animate可能とされた。 ◎ Mark ARIA state and property attributes as animatable.
  • `id$a 値に対する要件は、~HTMLと調和するように更新され、~XML文書における妥当性の要件についての警告が加えられた。 ◎ Update requirements for ‘id’ values to harmonize with HTML, with extra warning about requirements for validity in an XML document.
  • `外来の名前空間と私用~data 節$は、この章に移動され、いくつかの新たな相互参照と注記が追加された。 ◎ Moved the Foreign namespaces and private data section to this chapter and added some new cross-references and notes.

L.2.6. (章)~style付け

  • `contentStyleType^a 属性は、除去された。 ◎ Removed the ‘contentStyleType’ attribute.
  • `SVGStyleElement$I は、今や `LinkStyle$I を実装する。 ◎ SVGStyleElement now implements LinkStyle.
  • ~UA~stylesheetは、更新された — 内縁の `svg^e 要素と `foreignObject^e 要素は,最早 `overflow:hidden^css に設定されない。 ◎ Updated user agent style sheet - inner svg elements and foreignObject elements are no longer set as overflow:hidden.
  • ~UA~stylesheetにおいて `overflow:hidden^css とされる要素の~listに, `hatch^e 要素が追加された。 ◎ Added hatch to list of elements with overflow:hidden in User Agent style sheet.
  • `transform-origin^p に対する既定~値は, `0 0^v にされた — 根 `svg^e 要素, および `foreignObject^e 要素の子である `svg^e 要素を除いて。 ◎ Set the default value of transform-origin to '0 0' for all elements except root svg elements and svg elements that are the child of a foreignObject element.
  • この章は、より簡潔になるよう,大きく書直された。 ◎ Substantially rewrote the chapter to be more concise.
  • ~HTML `link^e 要素が読込むのは、外部~stylesheetで~MUSTものと定義された。 ◎ Defined that HTML ‘link’ elements must load external style sheets.
  • 次について,~propの正確な集合が指定された: 呈示~属性を持つもの, (呈示~属性と~propで名前が合致しないときの)名前, どの要素がそれらを許容するか。 ◎ Specified the exact set of properties that have presentation attributes, their names (when the presentation attribute name does not match the property name), and on which elements they are allowed.
  • 適合~SVG 2 ~UAが~supportし~MUST,他の仕様にて定義される~propの~listが追加された。 ◎ Added a list of properties defined in other specifications that conforming SVG 2 user agents must support.
  • 非推奨にされた `xml:space^a 属性から `white-space$p ~propへの対応付けを与える~UA~stylesheet規則が追加された。 ◎ Added User Agent style sheet rule to map the deprecated ‘xml:space’ attribute to the white-space property.
  • `tspan$e 要素~上では、[ `font-face^at 規則, および `first-letter^pe, `first-line^pe 疑似要素 ]の~supportが要求される。 ◎ Required that @font-face rules and ::first-letter & ::first-line pseudo-elements on ‘text’ elements must be supported.
  • ~inline~SVG内容を伴う~HTML文書における どの~SVG/~HTML~stylesheetも,文書~内のすべての内容に適用することが要求される。 ◎ Required that all SVG and HTML style sheets in an HTML document with inline SVG content must apply to all content in the document.
  • 呈示~属性は、~SVG名前空間に属する どの要素にも許容される。 ◎ Allow presentation attributes on any svg namespaced element.
  • `style^e 要素の表示-時の挙動は、~UA~styleを利用して定義されるように変更された。 ◎ Change display behavior of style element to be defined using user agent styles.
  • 決して描画されない要素を制御する `!important^css ~UA~style規則が追加された — ~それらの影響0を説明する注記とともに。 ◎ Add !important user agent style rules controlling never-rendered elements, with a note explaining their impact.
  • 対話的~UAは[ `focus^ps, `selection^pe ]~styleを含することが要求される。 ◎ Require interactive user agents to include :focus and ::selection styles.
  • 呈示~属性の一覧表は,この仕様の他の節と整合するように整理された:

    • [[ `x^a /`y^a / `width^a / `height^a ]属性を呈示~属性として扱う要素たちとして、 `mask$e は除去され, `use$e, `symbol$e が追加された。
    • `fill$p を呈示~属性と扱うものは、`~animation要素$から除外された。
    • `textPath$e の呈示~属性から `d$p は除去された。
    • `gradientTransform^a と `patternTransform^a についての論点は、主の一覧表の中に併合された。
    ◎ Clean-up presentation attributes table to be consistent with other sections of the spec: remove ‘mask’ from elements that treat x/y/width/height attributes as presentation attributes, add ‘use’ and ‘symbol’; exclude animation elements from those that treat fill as a presentation attribute; remove d as a presentation attribute for ‘textPath’; merge the discussion of gradientTransform and patternTransform into the main table.

L.2.7. (章)適合性

  • ~animationは、資源~文書として処理される文書~内では稼働しないとされた。 ◎ Animations do not run in documents processed as resource documents.
  • この付録は章になった。 ◎ Made the appendix a chapter.
  • SVG Integration 仕様から処理~modeの内容を統合した。 ◎ Integrate content on processing modes from the SVG Integration specification.
  • 各 種別の~SVG相互参照に対し,要求される処理~modeが定義された。 また,~HTML/~CSSからの同様の参照に対しても,示唆される処理~modeが定義された。 (これは、 SVG Integration の “参照ing~mode” 節を置換する。) ◎ Define required processing modes for different types of SVG cross-references, with suggested processing modes for similar references from HTML/CSS. (Replaces the "referencing modes" section from SVG Integration.)
  • すべての適合性~classは、[ この仕様の他所の変更点 / 他の仕様の変更点 ]に整合するように,更新され, 再編成された。 ◎ Update and re-organize all the conformance classes, to be consistent with changes to other parts of this specification and changes to other specifications.
  • 適合性の目的0における`~SVG~viewer$は、 この仕様~内のいたる所に示される `~UA$( `~SVG~UA$ )であることが明瞭にされ、文書~構造 章にあった対応する定義は、ここに移動された。 ◎ Make clear that a SVG viewer for conformance purposes is the user agent / SVG user agent mentioned everywhere else in the spec; move the corresponding definitions from the Document structure chapter to here.
  • [ 高精度の~graphicsを生成するために示唆される~method ]についての,規範的でない節は、 実装の要件 付録 に移動された。 ◎ Move the non-normative section on suggested methods for generating high-precision graphics to the Implementation Requirements appendix.

L.2.8. (章)幾何的~prop

  • `x$p, `y$p ~propが適用される要素の集合から, `pattern$e, `filter$e が除去された。 ◎ Removed ‘pattern’ and ‘filter’ from the set of elements that the x and y properties apply to.
  • [ `width$p / `height$p ]~propに対する値 `auto^v は、その~propが適用される~SVG要素に対しては, `0^v に算出されるものと定義された。 ◎ Defined that width and height property values of auto are computed to 0 for SVG elements that the properties apply to.
  • [ `width^p / `height^p ]に対する `auto^v は、[ `svg$e 要素に対しては `100%^v に等しくなる / 画像に対しては 自動~sizingになる ]とされた。 ◎ auto equates to 100% for width and height on the ‘svg’ element, and to auto-sizing for images.
  • `mask$e 要素は、[[ `width^p / `height^p ]が~sizing~propになる ]とされる要素の~listから,除去された。 ◎ Remove ‘mask’ from the list of elements where width and height are sizing properties.
  • [ `width^p / `height^p ]~sizing~propは、対応する[ `max-*^p, `min-*^p ]~propにより拘束され得ることが明確化された。 ◎ Clarify that width and height sizing properties can be constrained with the corresponding max/min properties.

L.2.9. (章)座標系, 変形, 単位

  • `SVGMatrix$I の[ `skewX()^m / `skewY()^m ]~methodは、不良な値に対し例外を投出するようにされた。 ◎ Make SVGMatrix.skew{X,Y} throw an exception on bad values.
  • 限界~box( bounding box )についての SVG Tiny 1.2 による改善された言い回しに加え,要素の限界~boxを算出する~algoが追加された。 ◎ Added improved wording on bounding box from SVG Tiny 1.2, and an algorithm which can compute a bounding box for an element.
  • 位置を持たない要素に対する限界~boxは、 ( 0, 0 ) に位置するものと定義された。 ◎ Define bounding box for element with no position to be at (0,0).
  • `preserveAspectRatio$a から `defer^v ~keywordが除去された。 ◎ Removed the defer keyword from ‘preserveAspectRatio’.
  • “現在の表示域( current viewport )” のための定義が追加された。 ~SVG表示域は、~SVG要素により作成された 任意の表示域を意味するように変更された。 ◎ Add definition for 'current viewport'. Change SVG viewport to mean all viewports created by SVG elements.
  • `vector-effect$p に対する値[ `non-scaling-size^v, `non-rotation^v, `fixed-position^v ]が追加された。 ◎ Add non-scaling-size, non-rotation, and fixed-position values for vector-effect
  • 座標系~layoutを義務とする要件は、変更された。 ◎ Changed requirement for co-ordinate system layout to be mandatory.
  • `vector-effect$p は、`~3D描画~文脈$の中では効果がないとされた。 ◎ vector-effect has no effect within a 3d rendering context.
  • ~CSS文脈における~SVG~sizingは、 CSS Default Sizing Algorithm への参照-として定義された。 ◎ Define SVG sizing in CSS contexts with reference to the CSS Default Sizing Algorithm.
  • 百分率は `viewBox^a に指定された[ 横幅 / 縦幅 ]に相対的になることが 明確化された。 ◎ Clarify that percentages are relative to the width and height of the specified viewBox.
  • 実装されていない `vector-effect$p ~optionは、~risk下にあるとされた。 ◎ Mark unimplemented vector-effect options at-risk.
  • 限界~box~algoは、 “clipped” ~flagが ~ON の下では[ `overflow^p / `clip^p ]~propによる効果も含するように変更された。 ◎ Change bounding box algorithm to include the effect of overflow and clip properties when the "clipped" flag is set.

L.2.10. (章)~path

  • “方角( bearing )” を指示する 新たな~path命令として、[ `B^c, `b^c ]が追加された。 ◎ Added new B and b "bearing" path commands.
  • [ `Z^c / `z^c ]命令は、前の命令にて欠落している~path座標~dataを,その部分~path内の最初の座標から補えるようにされた。 ◎ Allow Z or z to fill in missing path coordinate data in the previous command with the coordinate of the initial point in the subpath.
  • ~data集合を伴わない(空または妥当な命令がない)[ `path$e / `polygon$e / `polyline$e ]要素は、描画しないものと定義された。 ◎ Define ‘path’, ‘polygon’ and ‘polyline’ elements with no data set (empty or zero valid commands) to not render.
  • [ `SVGPathSeg*^I, `SVGAnimatedPathData^I ]~interface, および `SVGPathElement$I 上の それらに関係する~methodは除去された。 ◎ Removed the SVGPathSeg* and SVGAnimatedPathData interfaces and the related methods on SVGPathElement.
  • `d^a 属性は~propになった。 ◎ Promoted the ‘d’ attribute to a property.
  • `SVGPathElement^I から[ `pathLength$m, `getTotalLength()$m, `getPointAtLength()$m ]~memberが除去された。 それらは今や `SVGGeometryElement^I 上にある。 ◎ Removed the pathLength attribute, getTotalLength(), and getPointAtLength() methods from SVGPathElement, they are now on SVGGeometryElement.
  • `pathLength$a に対する値 ~zeroは妥当であるものと明確化された。 ◎ Clarified that a value of zero for ‘pathLength’ is valid.

L.2.11. (章)基本~図形

  • `SVGAnimatedPoints^I の `animatedPoints$m ~IDL属性は、今や `points$m 属性への別名になった。 ◎ The animatedPoints IDL attributes of SVGAnimatedPoints now aliases the points attribute.
  • すべての基本~図形に `pathLength$a 属性が追加された。 ◎ Added the ‘pathLength’ attribute to all basic shapes.
  • `ellipse$e 上の[ `rx$p / `ry$p ]に対する `auto^v による挙動が追加された。 ◎ Added auto behavior for rx and ry to ‘ellipse’.

L.2.12. (章)~text

  • ~WOFF~fontの~supportは要求される。 ◎ Require support for WOFF fonts.
  • `text-decoration-fill$p / `text-decoration-stroke$p ~propが追加された。 CSS3 の `text-decoration$p ~propの変更点に適応された。 ◎ Added the text-decoration-fill and text-decoration-stroke properties. Adopt the CSS3 changes to the text-decoration property.
  • `tspan$e / `textPath$e 要素の要約~boxに欠落していたいくつかの属性が追加された。 ◎ Added a number of missing attributes to the element summary boxes of the ‘text’ and ‘textPath’ elements.
  • `tspan$e 要素に `inline-size$p 呈示~属性が追加された。 ◎ Added inline-size presentation attribute to ‘text’.
  • `text-overflow$p 処理についての節が追加された。 ◎ Added a section about text-overflow processing.
  • `shape-inside$p ~propが追加された。 ◎ Added shape-inside property.
  • `shape-subtract$p ~propが追加された( `shape-outside$p を置換する)。 ◎ Added shape-subtract property (replaces shape-outside).
  • `white-space$p ~propが追加された。 `~xml_space$a 属性は、非推奨にされた。 ◎ Added white-space property and deprecated ‘xml:space’ attribute.
  • `kerning^p ~propは、除去された。 ◎ Removed the ‘kerning’ property.
  • `textPath$e 要素に `path^a 属性が追加された。 ◎ Added a ‘path’ attribute to ‘textPath’.
  • `textPath$e に 基本~図形を参照する能が追加された。 ◎ Added ability to reference basic shapes to ‘textPath’.
  • ~textを~pathのどちら側にも配置できるようにする `side$a 属性が追加された。 ◎ Added the ‘side’ attribute to allow placing text on either side of a path.
  • [ `startOffset$a 属性 / `text-anchor$p ~prop ]による,閉じた~pathによる単独の~loopに文字たちを描画する効果が追加された。 ◎ Render characters for one loop of a single closed path, effected by the ‘startOffset’ attribute and text-anchor property.
  • `tref^e 要素は、除去された。 ◎ Removed the 'tref' element.
  • [ `altGlyph^e, `altGlyphDef^e, `altGlyphItem^e, `glyphRef^e ]要素は、除去された。 ◎ Removed the 'altGlyph', 'altGlyphDef', 'altGlyphItem' and 'glyphRef' elements.
  • `SVGTextContentElement$I ~interfaceの `selectSubString$m ~methodは、 Selection API の用語を通して定義されると同時に,非推奨にされた。 ◎ Defined the selectSubString method on the SVGTextContentElement interface in terms of the Selection API and simultaneously deprecated it.
  • `getComputedTextLength()^m は、[ `dx$a, `dy$a ]の値を含めないように変更された。 ◎ Changed getComputedTextLength() to not include ‘dx’ and ‘dy’ values.
  • `width$p, `width$p ~propに関する論点は、 幾何~prop章 へ移動された。 ◎ Moved the discussion of width and height properties to the Geometry Properties chapter.
  • 対話的~UAにおいては `selection^pe の~supportが要求される。 ◎ Require support for ::selection in interactive user agents.
  • 描画されない要素~内の~textは、`~address可能~文字$に含まれないことが要求される。 したがって,[ 位置決め属性をあてがうとき / `getNumberOfChars$m ~methodにおいて ]は、数えられない。 ◎ Require that text in non-rendered elements are not included in addressable characters and therefore are not counted when assigning positioning attributes and in the getNumberOfChars methods.
  • ~text描画-の中の未知の要素は、[ 位置のない~spanとされる ]ことが要求されるが,[ 位置が既知であるが妥当でない要素 ]は そうでないとされる。 ◎ Require that Unknown elements within text render as unpositioned spans, but that known-but-invalidly-positioned elements do not.
  • 変形された~pathに沿って ~textが位置されるときの~offset距離は、[ ~path要素の座標系でなく,~text要素の座標系において計測されるべきである ]ことが,明確化された。 ◎ Clarify that when text is positioned along a transformed path, offset distances should be measured in the text element's coordinate system, not the path element's.

L.2.13. (章)埋込み内容

  • この章を追加した。 それに伴い、~HTMLの等価な要素と ほぼ同じに挙動する,新たな要素[ `video$e, `audio$e, `iframe$e, `canvas$e, `source^e, `track^e ]が追加された。 ◎ Added this chapter, which includes new ‘video’, ‘audio’, ‘iframe’, ‘canvas’, ‘source’ and ‘track’ elements that behave almost identically to the equivalent HTML elements.
  • ~HTMLの埋込み内容 要素に対応する,~SVGによる複製は、除去された。 代わって、それらの要素は,~SVG容器~要素の中であっても,~HTML名前空間の下で利用できるようにされた。 ◎ Removed the SVG copies of HTML's embedded content elements and instead allowed those elements to be used in the HTML namespace within SVG container elements.
  • `image$e 要素から参照されている~SVG文書~上の `clip$p / `overflow$p は無視するとする要件は、除去された。 ◎ Removed the requirement to ignore clip and overflow on an SVG document when referenced by an ‘image’ element.
  • 画像の[ `height^p / `width^p ]に対しては `auto^v も許容され、その使用~値は,画像~fileの内在的[ 寸法, 縦横比 ]から決定される。 ◎ Allow image height and width to be "auto", determined from intrinsic dimensions or aspect ratio of the image file.
  • [ `image^e / `foreignObject^e ]の~sizingは、~CSSと幾何~propに整合するように明確化された — 埋込み~HTML要素は、[ `x$p, `y$p, `width$p, `width$p ]幾何的~propを利用して位置させれるようにされた。 ◎ Clarify image and foreignObject sizing to be consistent with CSS and with geometry properties; allow embedded HTML elements to be positioned using x, y, width, and height geometric properties.
  • `object-fit$p / `object-position$p ~prop 埋込み~HTML要素に適用されることが明確化された。 また、それらは `image$e に対しては定義されない警告~注記が追加された。 ◎ Clarify that object-fit and object-position properties apply to embedded HTML elements; add warning note that they are not defined for ‘image’.
  • `外来の名前空間と私用~data 節$は、`文書~構造 章$に移動された。 ◎ Moved the "Foreign namespaces and private data" section to the Document Structure chapter.
  • (放置されている) Resource Priorities 仕様への参照に代えて, Resource Hints 仕様(草案)を指すように更新した。 ◎ Updated the reference to the (abandoned) Resource Priorities spec to instead refer to the (working draft) Resource Hints spec.

L.2.14. (章)塗り

  • ~stroke ~propについて,より詳細な記述が追加された。 ~strokeが持た~MUST正確な図形を定義する~algoが追加された。 ◎ Added more detail to the descriptions of the stroke properties and added algorithms defining the exact shape a stroke must have.
  • `paint-order$p ~propが追加された。 ◎ Added the paint-order property.
  • `color-interpolation-filters^p ~propは、 Filter Effects 仕様へ移動された。 ◎ Moved the color-interpolation-filters property to the Filter Effects specification.
  • `paint$t 値として `context-fill^v, `context-stroke^v が追加された。 ◎ Added the context-fill and context-stroke paint values.
  • `paint$t 値と 各種~marker~propは、 ID を用いない参照を~supportするため, `child^v ~keywordと `child-selector^t 値をとれるようにされた。 ◎ Allowed <paint> values and marker properties to take the child keyword and <child-selector> values to support ID-less referencing.
  • `vector-effect$p ~propに対する `non-scaling^v の規範的な定義は SVG 2 の中に移動された。 ◎ Move normative definition of vector-effect property non-scaling into SVG 2.
  • `stroke-linejoin$p に `arcs^v 値が追加された。 ◎ Added arcs value on stroke-linejoin.
  • `marker$e 要素の `orient$a 属性に `auto-start-reverse^v 値が追加された。 ◎ Added the 'auto-start-reverse' attribute to the ‘orient’ attribute on ‘marker’.
  • `SVGPaint^I ~interfaceは、除去された。 ◎ Removed the SVGPaint interface.
  • `z-index$p ~propが追加された。 ◎ Added the z-index property.
  • ~marker/~strokeに関係する新たな特色機能の一部は、 SVG Markers, SVG Strokes 仕様に分割された。 ◎ Split out some new marker and stroke related features into the SVG Markers and SVG Strokes specifications.
  • `child-selector^t は、塗-値から除去された。 ◎ Removed <child-selector> paint values.
  • `buffered-rendering^p ~propは除去され, `will-change^p ~propについての短い論点に置換された。 ◎ Removed the 'buffered-rendering' property and replaced it with a short discussion of the 'will-change' property.
  • `child-selector^t が意図していた利用-事例を~supportするため、塗-値として child(`integer$t) が追加された。 ◎ Added a child(<integer>) paint value to support the use cases that <child-selector> was intended for.
  • 長さ~zeroの下位pathすべてに対し — 開いていようが閉じていようが — 描画される結果は `stroke-linecap$p 属性に基づくものと明確化された。 ◎ Clarify that for all zero length subpaths, whether open or closed, the rendered result is based on the stroke-linecap attribute.
  • ~markerは、すべての `shapes$e に許容される。 ◎ Allow markers on all shapes.
  • [ `context-stroke^v / `context-fill^v ]の記述は明確化された — 特に要素~shadow内容の再~利用について。 ◎ Clarify the description of context-stroke and context-fill, particularly re use element shadow content.
  • `marker^e 要素の表示-時の挙動は、~UA~styleを利用して定義されるように変更された。 ◎ Change display behavior of marker elements to be defined using user agent styles.
  • (前回の草案から)[ `~fill$ / `~stroke$ ]が複数の塗-値をとれるものとしていた変更-を元に戻した。 ◎ [Since last WD] Roll back the change allowing fill and stroke to take multiple paints.
  • “markable 要素” の分類は、除去された。 ◎ Remove the 'markable elements' category.

L.2.15. (章)色

  • 画像が色~管理の対象になることについての要件が追加された。 ◎ Added requirements for images to be color managed.
  • SVG Color 仕様から色の構文が新たに追加された: RGBA 色, HSL 色, LAB 色, ICC 有名~色, 機器~色。 ◎ Added new color syntaxes from the SVG Color specification: RGBA colors, HSL colors, LAB colors, ICC named colors and device colors.
  • `color-profile^p ~propは、除去された。 ◎ Removed the ‘color-profile’ property.
  • `color-profile^e 要素は、除去された。 ◎ Removed the ‘color-profile’ element.

L.2.16. (章)塗-~server

  • SVG Tiny 1.2 からの移入により, `solidcolor$e 要素とその 2 つの~prop `solid-color$p, `solid-opacity$p が追加された。 ( "`solidColor^c" は "`solidcolor^c" に改称された。) ◎ Added the ‘solidcolor’ element and its two properties solid-color and solid-opacity, ported over from SVG Tiny 1.2. (Renamed 'solidColor' to 'solidcolor'.)
  • `radialGradient$e 要素に, `fr$a 属性が追加され、焦点円の半径を指定できるようになった。 ◎ Added an ‘fr’ attribute to the ‘radialGradient’ element, which allows specifying the radius of the focal circle.
  • [ `mesh$e, `meshrow$e, `meshpatch$e ]要素を定義するため、~mesh~gradient節が追加された。 ([ "`meshGradient^c", "`meshRow^c", "`meshPatch^c" ]は、順に[ "`mesh^c", "`meshrow^c", "`meshpatch^c" ]に改称された。) ◎ Added a section for mesh gradients, defining the ‘mesh’, ‘meshrow’ and ‘meshpatch’ elements. (Renamed 'meshGradient' to 'mesh', 'meshRow' to 'meshrow', and 'meshPatch' to 'meshpatch'.)
  • `hatch$e, `hatchpath$e 要素を定義するため、~hatch節が追加された。 ( "`hatchPath^c" は `hatchpath^c" に改称された。) ◎ Added a section for hatches, defining the ‘hatch’ and ‘hatchpath’ elements. (Renamed 'hatchPath' to 'hatchpath'.)
  • `mesh$e 要素~上の `gradientTransform^a, および `hatch$e 要素~上の `hatchTransform^a は, `transform^a に改称された。 ◎ Renamed ‘gradientTransform’ on the ‘mesh’ element and ‘hatchTransform’ on the ‘hatch’ element to ‘transform’.
  • 塗-~server要素の表示-時の挙動は、~UA~styleを利用して定義されるように変更された。 ◎ Change display behavior of paint server elements to be defined using user agent styles.
  • 次についての共通の取扱いが定義された:

    • 塗-~server~templateの相互参照
    • 外部~file参照の許容-法
    • ~cloneされた子~内容に対する[ `use^e 要素~shadow~DOM~model ]の利用-法。
    • [ `title^e / `desc^e ]が子の~clone時に影響するかどうかに整合する挙動を定義すること。
    • 各~要素に対する~templateから どの属性が 導出されるかを明示的に定義すること。
    ◎ Define common handling of paint server template cross-references, allowing external file references, using a use-element shadow DOM model for cloned child content, defining consistent behavior for whether title and desc affect child cloning, and explicitly defining which attributes are derived from the template for each element.
  • 呈示~属性に見かけ上~似ているが そうでない属性についての注記~警告が追加された。 ◎ Add notes warning about attributes that look like presentation attributes, but aren't.

L.2.17. (章)切抜き, ~masking, 合成

  • ~SVGは今や CSS Masking `css-masking-1$r 仕様を参照する。 ◎ SVG now references CSS Masking [css-masking-1] specification.

    • 各種 切抜き/~masking ~propや要素の定義は除去された。 ◎ Removed definition of clipping/masking properties and elements.
    • 切抜き/~maskingについての短い序論は残され、 CSS Masking への参照が追加された。 ◎ Keep short introduction to clipping/masking and add reference to CSS Masking
  • Compositing and Blending (色の合成と混色)仕様への参照が追加された。 単純~alpha合成の~supportが義務にされた。 ◎ Added reference to Compositing and Blending spec. Simple alpha compositing it mandatory.
  • html に~inlineの,最外縁の svg 要素~上では、 `overflow$p ~propが尊重されるべきとされた。 ◎ The overflow property should be respected on the outermost svg elements inline in html.
  • 切抜き, ~masking, 合成 ( Clipping, Masking and Compositing )章は、描画~model( Rendering Model )章に併合された。 ◎ Merge Clipping, Masking and Compositing chapter into Rendering Model chapter.

L.2.18. (章)~filter効果

  • この章~全体が除去され、 Filter Effect 仕様への~linkに置換された。 ◎ Removed the body of this chapter and replaced it with a link to the Filter Effect specification.

L.2.19. (章)対話性

  • `tabindex^a 属性が追加された。 ◎ Added the ‘tabindex’ attribute.
  • `cursor$e 要素~上の `href$a 属性の定義は、 ~CSSの様な関数形でない~URLをとるように正された。 ◎ Corrected the definition of the ‘href’ attribute on the ‘cursor’ element to take an URL that is not in a CSS-like functional form.
  • `pointer-events$p に `bounding-box^v ~keywordが追加された。 ◎ Added the bounding-box keyword to pointer-events.
  • `SVGLoad^et, `SVGAbort^et, `SVGError^et, `SVGUnload^et は、順に `load^et, `abort^et, `error^et, `unload^et に置換された。 ◎ Replaced SVGLoad, SVGAbort, SVGError and SVGUnload with load, abort, error and unload respectively.
  • `load^et ~eventは、[ `構造的に外部の要素$と, `最外縁の svg 要素$ ]のみに,発火され~MUSTことが要件とされた。 ◎ Required that only structurally external elements and the outermost svg element must fire load events.
  • `SVGResize^et, `SVGScroll^et は、順に `resize^et, `scroll^et に置換された。 ◎ Replaced SVGResize and SVGScroll with resize and scroll respectively.
  • `DOMActivate^et は、除去された。 ◎ Removed DOMActivate.
  • `DOMFocusIn^et, `DOMFocusOut^et は、それぞれ `focusin^et, `focusout^et に置換された。 `blur^et ~eventが追加された。 ◎ Replaced DOMFocusIn and DOMFocusOut with focusin and focusout, and added the blur event.
  • 各種 ~keyboard~eventが追加された。 ◎ Added keyboard events.
  • 各種 変異~eventは、除去された。 ◎ Removed mutation events.
  • `SVGZoomEvent^et は、除去された。 ◎ Removed SVGZoomEvent.
  • ~shadow~DOM内容は~focus可能かつ対話的であることが 明確化された。 ◎ Clarify that shadow DOM content is focusable and interactive.
  • ~script要素の表示-時の挙動は、~UA~styleを利用して定義されるように変更された。 ◎ Change display behavior of script elements to be defined using user agent styles.
  • `cursor$e 要素は非推奨にされた。 `cursor$p の記述は更新された。 ◎ Mark ‘cursor’ element as deprecated, update description of cursor.

L.2.20. (章)~link

  • `view$e 要素の内容~modelに`~animation要素$が追加された。 ◎ Added animation elements to the content model of ‘view’.
  • Media Fragments 仕様にて定義される素片~識別子を伴う ~SVG資源への~linkについての可能性が追加された。 ◎ Added the possibility to link to SVG resources with fragment identifiers defined by the Media Fragments specification.
  • `xlink:type^a, `xlink:role^a, `xlink:arcrole^a, `xlink:show^a, `xlink:actuate^a 属性は、除去された。 ◎ Removed the ‘xlink:type’, ‘xlink:role’, ‘xlink:arcrole’, ‘xlink:show’ and ‘xlink:actuate’ attributes.
  • `~xlink_href$a 属性は、名前空間に属さない `href^a の利用の支持を受けて,非推奨にされた。 ◎ Deprecated the ‘xlink:href’ attribute in favor of using ‘href’ without a namespace.
  • `~xlink_title$a 属性は、 `title$e 子~要素の利用の支持を受けて,非推奨にされた。 ◎ Deprecated the ‘xlink:title’ attribute in favor of using child ‘title’ elements.
  • ~SVG~view素片では、~space文字も許容されるようになった。 ◎ Allowed spaces in SVG view fragments.
  • "`pixel:^c", "`percent:^c" による,空間的~部位を指示する媒体~素片を解釈する方法が定義された。 ◎ Defined how "pixel:" and "percent:" spatial media fragments are interpreted.
  • `view$e 要素への~linkは、[ ~view~boxの座標系により,暗黙的に変形して、最も近い先祖の `svg$e 要素を示す ]ことは,ないようにされた。 ◎ Made linking to ‘view’ elements not cause an implicit view box transformation to show the nearest ancestor ‘svg’ element.
  • ~SVG~view素片~parameterは、対応する属性を初期~値に再設定しないことが明確化された。 それまでは指定されてなかった。 ◎ Clarified that unspecified SVG view fragment parameters do not cause the corresponding attributes to be reset to their initial values.
  • `view$e 要素の `viewTarget^a 属性と, 対応する~SVG~view素片~parameterは、除去された。 ◎ Removed the ‘viewTarget’ attribute on the ‘view’ element and the corresponding SVG view fragment parameter.
  • 素片のみの~URLは、常に同じ文書を指す。 ◎ Fragment-only URLs are always same-document.
  • ~HTMLに揃えるため `a$e 要素に属性が追加された。 ◎ Added additional attributes on ‘a’ element to synchronize with HTML.
  • ~URLと外部~資源~fileを処理するための詳細な指示書きが作成された。 ◎ Create detailed instructions for processing URLs and external resource files.

L.2.21. (章)~scripting

  • `contentScriptType^a 属性は、除去された。 ◎ Removed the ‘contentScriptType’ attribute.
  • `onload^m は、 AnimationEvents から除去された。 ◎ Removed ‘onload’ from AnimationEvents.
  • この章~全体が対話性( Interactivity )章に併合された。 ◎ Merged this entire chapter into the Interactivity chapter.

L.2.22. (章)~animation

  • この章は、別々の SVG Animations ~moduleに移動された。 ◎ Moved this chapter to a separate SVG Animations module.

L.2.23. (章)~font

  • WOFF についての要件が追加され,内容が再構成された。 ◎ Added WOFF requirement, rearranged content.
  • この章は除去された。 そこに含まれていた SVG Fonts 特色機能 — 次に挙げる要素, および それらに対応する~IDL~interfaceも含めて: `font^e, `glyph^e, `missing-glyph^e, `hkern^e, `vkern^e, `font-face^e, `font-face-src^e, `font-face-uri^e, `font-face-format^e, `font-face-name^e ◎ Removed this chapter and the SVG Fonts feature it contained, including the ‘font’, ‘glyph’, ‘missing-glyph’, ‘hkern’, ‘vkern’, ‘font-face’, ‘font-face-src’, ‘font-face-uri’, ‘font-face-format’ and ‘font-face-name’ elements and their corresponding IDL interfaces.

L.2.24. (付録)拡張性

  • `foreignObject$e は,`~graphics要素$にされた。 ◎ Made ‘foreignObject’ a graphics element.
  • `foreignObject$e 要素の `width^a, `height^a は、呈示~属性とされた。 ◎ Made ‘width’ and ‘height’ presentation attributes on the ‘foreignObject’ element.

L.2.25. (付録)文書~型~定義( DTD )

  • SVG 2 は~DTDを通して定義されなくなったので、この付録は除去された。 ◎ Removed this appendix, as SVG 2 is not defined in terms of a DTD.

L.2.26. (付録)~SVG~DOM

  • ~IDL片は Web IDL として解釈するものとする要件が追加された。 ◎ Added text to require IDL fragments be interpreted as Web IDL.
  • 一部の不必要な~textは、除去された。 ◎ Removed some unnecessary text.
  • ~DOMにおける読専~nodeについての記述は、その概念が DOM4 にはもう存在しないため,除去された。 ◎ Removed mention of read only nodes in the DOM, since that concept no longer exists in DOM4.
  • `CSSValue^I が除去されたのに伴い, `CSSValue^I ~objの型に応じて ~propがどのように公開されるかを定義する一覧表は、除去された。 ◎ Removed the table defining how properties are exposed as specific types of CSSValue objects, since CSSValue has been removed.

L.2.27. (付録)Java 言語束縛

  • 言語束縛は Web IDL により定義される様になったので、この付録は除去された。 ◎ Removed this appendix, as language bindings are now defined by Web IDL.

L.2.28. (付録)ECMAScript 言語束縛

  • 言語束縛は Web IDL により定義される様になったので、この付録は除去された。 ◎ Removed this appendix, as language bindings are now defined by Web IDL.

L.2.29. (付録)参照文献

  • CSS2 への参照(規範的)は更新された。 ◎ Updated normative references to CSS2.
  • DOM Level 3 Core への参照(参考)は除去された。 ◎ Removed informative reference to DOM Level 3 Core.
  • DOM Level 1 Core への参照は規範的から参考に変更された。 ◎ Changed normative reference to DOM Level 1 Core to be informative.
  • DOM Level 2 Core への参照(規範的)は DOM4 に変更された。 ◎ Changed normative reference from DOM Level 2 Core to DOM4.
  • SMIL 3 への参照は参考から規範的に変更された。 ◎ Changed informative reference to SMIL 3 to be normative.
  • 次の文献への参照(規範的)を追加した: CSS3 Color, CSS3 Fonts, CSS3 Line Box, CSS3 Transforms, CSS3 UI, CSS3 Values and Units, CSS4 Images, Filter Effects, WOFF, Web IDL ◎ Added normative references to CSS3 Color, CSS3 Fonts, CSS3 Line Box, CSS3 Transforms, CSS3 UI, CSS3 Values and Units, CSS4 Images, Filter Effects, WOFF, Web IDL.
  • CSS Transitions, CSS Animations への参照(参考)が追加された。 ◎ Added informative references to CSS 3 Transitions and Animations.
  • DOM Level 2 Events, DOM Level 3 Events への参照は、 UI Events, DOM 4 への参照(規範的)に置換された。 ◎ Replaced references from DOM Level 2 Events and DOM Level 3 Events to normative references to UI Events and DOM 4.
  • WAI-ARIA 1.1 への参照(規範的)が追加された。 ◎ Added normative reference to WAI-ARIA 1.1.
  • Shadow DOM への参照(規範的)が追加された。 ◎ Added normative reference to Shadow DOM.

L.2.30. (付録)~IDL索引

  • この付録が追加された。 ◎ Added this appendix.

L.2.31. (付録)特色機能~文字列

  • この付録は、除去された。 ◎ Removed this appendix.