4.5 ~text~levelの意味論

【この訳に固有の表記規約】

この訳の,~algoの記述に利用されている各種記号( ~LET, ~IF, ~GOTO, 等々)の意味や定義の詳細は、~SYMBOL_DEF_REFを~~参照されたし。

4.5.1. `a^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$/`対話的~内容$。 ただし、対話的~内容になるのは,要素が `href$a 属性を有する場合に限る。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ If the element has an href attribute: Interactive content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`透過的$ — ただし、子孫に `対話的~内容$ / `a$e 要素があってはならない。 ◎ Transparent, but there must be no interactive content or a element descendants.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`href$a — `~hyperlink$の~address。 ◎ href — Address of the hyperlink
`target$a — `~hyperlink$による`~navi$対象の`閲覧文脈$を与える。 ◎ target — Browsing context for hyperlink navigation
`download$a — 資源へ~navigateする代わりに それを~downloadするかどうか, および その場合の~file名を与える。 ◎ download — Whether to download the resource instead of navigating to it, and its file name if so
`ping$a — ~pingする`~URL$を与える。 ◎ ping — URLs to ping
`rel$a — 当の~hyperlinkを包含している文書の所在と,行先~資源との関係性を与える。 ◎ rel — Relationship between the location in the document containing the hyperlink and the destination resource
`hreflang$a — ~link先~資源の言語を与える。 ◎ hreflang — Language of the linked resource
`type$a — 参照-先の資源の種別を与える~hint。 ◎ type — Hint for the type of the referenced resource
`referrerpolicy$a — この要素により起動される`~fetch$用の`~referrer施策$。 ◎ referrerpolicy — Referrer policy for fetches initiated by the element element
`~DOM~interface$
[`HTMLConstructor$I]
interface `HTMLAnchorElement@I : `HTMLElement$I {
  [`CEReactions$] attribute DOMString `target$m;
  [`CEReactions$] attribute DOMString `download$m;
  [`CEReactions$] attribute USVString `ping$m;
  [`CEReactions$] attribute DOMString `rel$m;
  [SameObject, PutForwards=`~value0$m] readonly attribute `DOMTokenList$I `relList$m;
  [`CEReactions$] attribute DOMString `hreflang$m;
  [`CEReactions$] attribute DOMString `type$m;

  [`CEReactions$] attribute DOMString `text$m;

  [`CEReactions$] attribute DOMString `referrerPolicy$m;
};
`HTMLAnchorElement$I implements `HTMLHyperlinkElementUtils$I;

`href$a 属性を有する `a$e 要素は、その内容で称される`~hyperlink$(~hypertext~anchor)を`表現-$する。 ◎ If the a element has an href attribute, then it represents a hyperlink (a hypertext anchor) labeled by its contents.

`href$a 属性を有さない `a$e 要素は、単に要素の内容からなるような,後で~linkが~~挿入され得る場を`表現-$する。 ◎ If the a element has no href attribute, then the element represents a placeholder for where a link might otherwise have been placed, if it had been relevant, consisting of just the element's contents.

`href$a 属性を有さない場合、[ `target$a, `download$a, `ping$a, `rel$a, `hreflang$a, `type$a, `referrerpolicy$a ]属性も省略され~MUST。 ◎ The target, download, ping, rel, hreflang, type, and referrerpolicy attributes must be omitted if the href attribute is not present.

`a$e 要素が `itemprop$a 属性を有する場合、 `href$a 属性も指定され~MUST。 ◎ If the itemprop attribute is specified on an a element, then the href attribute must also be specified.

~siteが各~頁に一貫して~navi~toolbarを用いる場合、頁~自身を指す~linkは 【 `href^a 属性を有さない 】 `a$e 要素を用いて~mark-upできる: ◎ If a site uses a consistent navigation toolbar on every page, then the link that would normally link to the page itself could be marked up using an a element:

`a-1^xCode

[ `href$a, `target$a, `download$a, `ping$a, `referrerpolicy$a ]属性は、利用者が `a$e 要素を用いて作成された~hyperlinkを[ `追う$ / `~downloadする$ ]ときに何が起こるかに影響する。 [ `rel$a, `hreflang$a, `type$a ]属性は、[ 利用者が~linkを追う前に,利用者~向けに~target資源に見込まれる資質を指示する ]ために利用されて~MAY。 ◎ The href, target, download, ping, and referrerpolicy attributes affect what happens when users follow hyperlinks or download hyperlinks created using the a element. The rel, hreflang, and type attributes may be used to indicate to the user the likely nature of the target resource before the user follows the link.

`~hyperlink$を作成する `a$e 要素 %A の`作動化の挙動$は、次の手続きを走らせ~MUST: ◎ The activation behavior of a elements that create hyperlinks is to run the following steps:

  1. ~IF[ %A の`~node文書$は`全部的に作動中$でない ] ⇒ ~RET ◎ If the a element's node document is not fully active, then abort these steps.
  2. ~IF[ `click$et ~eventの~targetは `ismap$a 属性を有する `img$e 要素である ] ⇒ 次に従って、~server側~画像~map処理を遂行する: ◎ If the target of the click event is an img element with an ismap attribute specified, then server-side image map processing must be performed, as follows:

    1. ( %x, %y ) ~LET ( 0, 0 ) ◎ Let x and y be zero.
    2. ~IF[ `click$et ~eventは、利用者が~pointing装置により誘発したものである ] ⇒ ( %x, %y ) ~SET 画像の ( 左端~辺, 上端~辺 ) から ~click~~地点までの`~CSS~pixel$~~単位による距離 ◎ If the click event was a real pointing-device-triggered click event on the img element, then set x to the distance in CSS pixels from the left edge of the image to the location of the click, and set y to the distance in CSS pixels from the top edge of the image to the location of the click.
    3. %x ~SET MAX ( %x, 0 ) ◎ If x is negative, set x to zero.
    4. %y ~SET MAX ( %y, 0 ) ◎ If y is negative, set y to zero.
    5. %~hyperlink接尾辞 ~LET 次を順に連結した結果の文字列 ⇒ U+003F ( `?^l ),
      %x の値を基数 10 の整数として`~ASCII数字$で表した結果,
      U+002C ( `,^l ),
      %y の値を基数 10 の整数として`~ASCII数字$で表した結果
      ◎ Let hyperlink suffix be a U+003F QUESTION MARK character, the value of x expressed as a base-ten integer using ASCII digits, a U+002C COMMA character (,), and the value of y expressed as a base-ten integer using ASCII digits.
  3. %A により作成された~hyperlinkを[ `download$a 属性, および表されている利用者~選好 ]に応じて,`追う$か または `~downloadする$ — 上の手続きで %~hyperlink接尾辞 が定義されたならば,それも渡す。 ◎ Follow the hyperlink or download the hyperlink created by the a element, as determined by the download attribute and any expressed user preference, passing hyperlink suffix, if the steps above defined it.
%a . `text$m
`textContent$m と同じ ◎ Same as textContent.
`download@m
`ping@m
`target@m
`rel@m
`hreflang@m
`type@m
いずれも,同じ名前の対応する内容~属性を`反映-$し~MUST。 ◎ The IDL attributes download, ping, target, rel, hreflang, and type, must reflect the respective content attributes of the same name.
`relList@m
`rel$a 内容~属性を`反映-$し~MUST。 ◎ The IDL attribute relList must reflect the rel content attribute.
`referrerPolicy@m
`既知の値のみに制限され$る下で, `referrerpolicy$a 内容~属性を`反映-$し~MUST。 ◎ The IDL attribute referrerPolicy must reflect the referrerpolicy content attribute, limited to only known values.
`text@m
取得子は、この要素~上の `textContent$m ~IDL属性と同じ値を返さ~MUST。 ◎ ↓
設定子は、この要素~上の `textContent$m ~IDL属性に新たな値が設定されたかのように動作し~MUST。 ◎ The text IDL attribute, on getting, must return the same value as the textContent IDL attribute on the element, and on setting, must act as if the textContent IDL attribute on the element had been set to the new value.

`a$e 要素は、対話的~内容(例:~buttonや他の~linkなど)を含んでいない限り,[ 段落~全体, ~list, ~table, 等々 あるいは節~全体であっても ]を包装して~MAY。 次の例は、この要素を用いて広告~block全体を~link化する方法を次に示す: ◎ The a element may be wrapped around entire paragraphs, lists, tables, and so forth, even entire sections, so long as there is no interactive content within (e.g. buttons or other links). This example shows how this can be used to make an entire advertising block into a link:

`a-2^xCode

4.5.2. `em^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`em$e 要素は、その内容に対する強勢( stress emphasis `アクセント, ~~発音上の~~強調^tnote )を`表現-$する。 ◎ The em element represents stress emphasis of its contents.

内容の特定0の片の強勢~levelは、先祖 `em$e 要素の個数で与えられる。 ◎ The level of stress that a particular piece of content has is given by its number of ancestor em elements.

強勢の配置は、文の意味を変える。 したがって要素は、内容の~~不可欠な部分を形成する。 この仕方において 強勢が利用される精確な仕方は、言語に依存する。 ◎ The placement of stress emphasis changes the meaning of the sentence. The element thus forms an integral part of the content. The precise way in which stress is used in this way depends on the language.

強勢の変更-により意味が変更する様子を示す,いくつかの例を以下に挙げる。 先ず、強勢のない,事実を述べる一般~陳述: ◎ These examples show how changing the stress emphasis changes the meaning. First, a general statement of fact, with no stress:

`em-1^xCode

最初の単語を強勢することにより、この陳述は,動物の種類が主眼であることを含意するようになる(例えば誰かが、 “犬は可愛い” と表明したことに対し): ◎ By emphasizing the first word, the statement implies that the kind of animal under discussion is in question (maybe someone is asserting that dogs are cute):

`em-2^xCode

強勢を “である” に移動すると、文~全体の真実性が問われていることを強調することになる(例えば誰かが、 “猫は可愛い動物ではない” と言ったことに対し): ◎ Moving the stress to the verb, one highlights that the truth of the entire sentence is in question (maybe someone is saying cats are not cute):

`em-3^xCode

形容詞に移動すると,猫の正確な資質が再~表明される(例えば誰かが、 “猫は 獰猛な 動物である” と示唆したことに対し): ◎ By moving it to the adjective, the exact nature of the cats is reasserted (maybe someone suggested cats were mean animals):

`em-4^xCode

同様に、誰かが “猫は植物である” と表明していたなら、それを正そうとしている誰かは,最後の単語を強勢するであろう: ◎ Similarly, if someone asserted that cats were vegetables, someone correcting this might emphasize the last word:

`em-5^xCode

文~全体を強勢することにより、話者は,他者にわかってもらうため~~強く~~主張していることが明瞭になる。 この種の強勢は、概して文末や約物などにも影響する `言語によって多少異なる形をとるあろう。^tnote : ◎ By emphasizing the entire sentence, it becomes clear that the speaker is fighting hard to get the point across. This kind of stress emphasis also typically affects the punctuation, hence the exclamation mark here.

`em-6^xCode

~markupを次のようにすれば、~~主張と同時に可愛さを強勢することもできる: ◎ Anger mixed with emphasizing the cuteness could lead to markup such as:

`em-7^xCode

注記: `em$e 要素は、 “~italic” を表すための汎用的な要素ではない。 ~textは、それが異なる雰囲気や声にあるかのように,段落の他の部分から目立つよう意図されることもある。 それには、 `i$e 要素がより適切になる。 ◎ The em element isn't a generic "italics" element. Sometimes, text is intended to stand out from the rest of the paragraph, as if it was in a different mood or voice. For this, the i element is more appropriate.

注記: `em$e 要素は、重要度を伝える用途に意図されてはいない — その目的には、 `strong$e 要素がより適切になる。 ◎ The em element also isn't intended to convey importance; for that purpose, the strong element is more appropriate.

4.5.3. `strong^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`strong$e 要素は、その内容に対する強い[ 重要度/真剣さ/緊急性 ]を`表現-$する: ◎ The strong element represents strong importance, seriousness, or urgency for its contents.

  • 重要度: `strong$e 要素は、[ 見出し / ~caption / 段落 ]内にて,本当に問題0になる部分を他の部分 — より詳細な / より気楽な / 単なる定型の文など — とを判別し易くするために利用できる。 (これは、副見出しの~markupとは別物である — それには `hgroup$e 要素が適切になる)。 ◎ Importance: the strong element can be used in a heading, caption, or paragraph to distinguish the part that really matters from other parts that might be more detailed, more jovial, or merely boilerplate. (This is distinct from marking up subheadings, for which the hgroup element is appropriate.)

    例えば、前~段落の最初の単語 “重要度” は、段落の残りの詳細~textから判別し易くするために, `strong$e で~mark-upされている。 ◎ For example, the first word of the previous paragraph is marked up with strong to distinguish it from the more detailed text in the rest of the paragraph.

  • 真剣さ: `strong$e 要素は、警告文や注意事項を通知するような~markupにも利用できる。 ◎ Seriousness: the strong element can be used to mark up a warning or caution notice.
  • 緊急性: `strong$e 要素は、利用者が文書の他の部分に先んじて見る必要がある内容にも利用できる。 ◎ Urgency: the strong element can be used to denote contents that the user needs to see sooner than other parts of the document.

重要度の相対~levelは、先祖 `strong$e 要素の個数で与えられる — 各 `strong$e 要素は、その内容の重要度を高める。 ◎ The relative level of importance of a piece of content is given by its number of ancestor strong elements; each strong element increases the importance of its contents.

`strong$e 要素で ~text片の重要度を変更しても,文の意味は変化しない。 ◎ Changing the importance of a piece of text with the strong element does not change the meaning of the sentence.

次の例では、単語 “~~章” と実際の~~章~番号は定型に過ぎず,~~章の実際の名前が `strong$e で~mark-upされている: ◎ Here, the word "chapter" and the actual chapter number are mere boilerplate, and the actual name of the chapter is marked up with strong:

`strong-1^xCode

次の例では、~caption内にて図式の名前を `strong$e で~mark-upしている — それを[ 前にある定型~text/後にある記述 ]から判別できるように: ◎ In the following example, the name of the diagram in the caption is marked up with strong, to distinguish it from boilerplate text (before) and the description (after):

`strong-2^xCode

次の例では、本当の見出しは "花と蜂とハチミツ" であるが、作者は軽い気持ちを込めた文も見出しに追加した。 そのため、 `strong$e 要素を用いて,前者を後者から判別できるように~mark-upしている。 ◎ In this example, the heading is really "Flowers, Bees, and Honey", but the author has added a light-hearted addition to the heading. The strong element is thus used to mark up the first part to distinguish it from the latter part.

`strong-3^xCode

ある~gameにて警告文を通知する例 — 重要の程度に応じて,様々な部分が~mark-upされている: ◎ Here is an example of a warning notice in a game, with the various parts marked up according to how important they are:

`strong-4^xCode

`strong$e 要素を用いて,利用者が真っ先に読取るものと意図される~text部分を明示している例: ◎ In this example, the strong element is used to denote the part of the text that the user is intended to read first.

`strong-5^xCode

4.5.4. `small^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`small$e 要素は、 “細則事項” ( small print, “小さく印字されるもの” )などの~side~commentを`表現-$する。 ◎ The small element represents side comments such as small print.

注記: 細則事項は、概して[ 免責条項, 但書き, 法的制約, 著作権, 等々 ]を~~提示する。 細則事項は、帰属や,利用許諾~要件を満たしていることの~~表示に利用されることもある。 ◎ Small print typically features disclaimers, caveats, legal restrictions, or copyrights. Small print is also sometimes used for attribution, or for satisfying licensing requirements.

注記: `small$e 要素は、[ `em$e 要素による~textの強勢 / `strong$e 要素による~textの重要度 ]を “元に戻す” ものではない。 そのように~textを~markするためには、単純に `em$e / `strong$e 要素を用いない他にない。 ◎ The small element does not "de-emphasize" or lower the importance of text emphasized by the em element or marked as important with the strong element. To mark text as not emphasized or important, simply do not mark it up with the em or strong elements respectively.

`small$e 要素の用途は、~textの短い連なりに限られる — 複数の段落, ~list, ~textの一節, 等々の,拡がりのある~text区間に利用されるべきではない。 具体的には、利用規約を~~列挙するような頁の~textは,~side~commentではなく頁の主要な内容であり、 `small$e 要素の候補として相応しくない。 ◎ The small element should not be used for extended spans of text, such as multiple paragraphs, lists, or sections of text. It is only intended for short runs of text. The text of a page listing terms of use, for instance, would not be a suitable candidate for the small element: in such a case, the text is not a side comment, it is the main content of the page.

`small$e 要素は,副見出しに用いては~MUST_NOT — その目的には `hgroup$e 要素を利用すること。 ◎ The small element must not be used for subheadings; for that purpose, use the hgroup element.

次の例では、 `small$e 要素を用いて,旅館の宿泊~価格にはサービス料は含まれないことを指示している: ◎ In this example, the small element is used to indicate that value-added tax is not included in a price of a hotel room:

`small-1^xCode

次の例では、記事~内の~side~commentに `small$e 要素を用いている。 ◎ In this second example, the small element is used for a side comment in an article.

`small-2^xCode

これは、~sidebarとは別物である — ~sidebarは、複数の段落にわたったり,~textの主要な~flowから外されることもある。 次の例には、同じ記事からの~sidebarがある。 この~sidebarには細則事項もあり、~sidebar内の情報源を指示している。 ◎ This is distinct from a sidebar, which might be multiple paragraphs long and is removed from the main flow of text. In the following example, we see a sidebar from the same article. This sidebar also has small print, indicating the source of the information in the sidebar.

`small-3^xCode

最後に、 `small$e 要素で 重要な 細則事項を~markする例: ◎ In this last example, the small element is marked as being important small print.

`small-4^xCode

4.5.5. `s^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`s$e 要素は、最早[ 正確0でなくなった/関連しなくなった ]内容を`表現-$する。 ◎ The s element represents contents that are no longer accurate or no longer relevant.

注記: `s$e 要素は、文書~編集を指示する用途には適切でない — 文書から除去された~text区間を~markするときは、 `del$e 要素を利用すること。 ◎ The s element is not appropriate when indicating document edits; to mark a span of text as having been removed from a document, use the del element.

ある製品の推奨小売価格が、新たな価格になったため,最早~関連しなくなったことを~markする例。 ◎ In this example a recommended retail price has been marked as no longer relevant as the product in question has a new sale price.

`s-1^xCode

4.5.6. `cite^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`cite$e 要素は、作品(著作物に該当するもの — 例えば,本, 論文, 楽曲, 映画, 美術品, 上演, コンピュータプログラム, 等々)の~titleを`表現-$する。 単に~titleを~markするのみならず、この要素には,詳細として引用元も付与できる。 ◎ The cite element represents the title of a work (e.g. a book, a paper, an essay, a poem, a score, a song, a script, a film, a TV show, a game, a sculpture, a painting, a theatre production, a play, an opera, a musical, an exhibition, a legal case report, a computer program, etc). This can be a work that is being quoted or referenced in detail (i.e. a citation), or it can just be a work that is mentioned in passing.

個人~名は、作品の~titleではない — 世間がその作品を個人~名で呼んでいるとしても。 したがって要素は、人の名前を~mark-upするために利用されては~MUST_NOT (事例によっては、 `b$e 要素がその種の名前に適切になるかもしれない — 例えば、~gossip記事~内の著名人の名前を,注目を引く~keywordとして異なる~styleで具現化するためなど。 あるいは、本当に 要素が必要なら, `span$e 要素を利用できる。) ◎ A person's name is not the title of a work — even if people call that person a piece of work — and the element must therefore not be used to mark up people's names. (In some cases, the b element might be appropriate for names; e.g. in a gossip article where the names of famous people are keywords rendered with a different style to draw attention to them. In other cases, if an element is really needed, the span element can be used.)

`cite$e 要素の代表的な用例: ◎ This next example shows a typical use of the cite element:

`cite-1^xCode

次の用法は正しい: ◎ This is correct usage:

`cite-2^xCode

が、次の用法は不正である — ここでの `cite$e 要素は、作品の~titleとしては~~過分なものを包含しているので: ◎ The following, however, is incorrect usage, as the cite element here is containing far more than the title of the work:

`cite-3^xCode

`cite$e 要素は、文献目録においては,明らかに引用元における主要部になるが、利用できるのは,~titleを~markするために限られる: ◎ The cite element is obviously a key part of any citation in a bibliography, but it is only used to mark the title:

`cite-4^xCode

注記: 引用元 は、引用-ではない(それには `q$e 要素が適切になる)。 ◎ A citation is not a quote (for which the q element is appropriate).

次の用法は不正になる — `cite$e は引用-でないので: ◎ This is incorrect usage, because cite is not for quotes:

`cite-5^xCode

次の用法もまた不正になる — 個人は作品でないので: ◎ This is also incorrect usage, because a person is not a work:

`cite-6^xCode

正しい用法は `cite$e 要素を利用しないことである: ◎ The correct usage does not use a cite element:

`cite-7^xCode

前に述べたように,ある種の文書では、 `b$e 要素により名前を~keywordとして~markするのが適切な場合もある: ◎ As mentioned above, the b element might be relevant for marking names as being keywords in certain kinds of documents:

`cite-8^xCode

4.5.7. `q^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`cite$a — 引用の~sourceや, 編集についての更なる情報 への~link ◎ cite — Link to the source of the quotation or more information about the edit
`~DOM~interface$
`HTMLQuoteElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLQuoteElement.

`q$e 要素は、別の~sourceから引用された何らかの`句内容$を`表現-$する。 ◎ The q element represents some phrasing content quoted from another source.

要素の内容を括っている引用~約物(引用符など)は、 `q$e 要素の直前/直後/内側に現れては~MUST_NOT — それらは、描画-時に,~UAにより挿入されることになる。 ◎ Quotation punctuation (such as quotation marks) that is quoting the contents of the element must not appear immediately before, after, or inside q elements; they will be inserted into the rendering by the user agent.

`q$e 要素の内側にある内容は、別の~sourceから引用され~MUST。 その~sourceに引用元~addressがあれば、 `cite@a 属性に付与されてよい。 ~sourceは、小説や台本~内の文字~並びを引用するときなど,架空のものにもなり得る。 ◎ Content inside a q element must be quoted from another source, whose address, if it has one, may be cited in the cite attribute. The source may be fictional, as when quoting characters in a novel or screenplay.

`cite$a 属性が在する場合,`前後~空白~可の妥当な~URL$で~MUST。 属性の値から 対応する引用元~linkを得る際には、要素の`~node文書$に`相対的に構文解析-$され~MUST。 ~UAは,そのような引用元~linkを 利用者が追えるようにしてよいが、それらは読者ではなく,私的~利用が第一に意図されている(例:~siteにおける引用の利用についての統計を収集するような~server側~script)。 ◎ If the cite attribute is present, it must be a valid URL potentially surrounded by spaces. To obtain the corresponding citation link, the value of the attribute must be parsed relative to the element's node document. User agents may allow users to follow such citation links, but they are primarily intended for private use (e.g., by server-side scripts collecting statistics about a site's use of quotations), not for readers.

`q$e 要素は、引用-を表現しない引用符の代わりとして利用されては~MUST_NOT — 例えば, `q$e 要素を用いて皮肉のような陳述を~mark-upすることは、不適切になる。 ◎ The q element must not be used in place of quotation marks that do not represent quotes; for example, it is inappropriate to use the q element for marking up sarcastic statements.

引用を~mark-upするための `q$e 要素の利用-は、全面的に任意選択である — `q$e 要素なしに,明示的な引用~約物で括って引用しても~~等しく正しい。 ◎ The use of q elements to mark up quotations is entirely optional; using explicit quotation punctuation without q elements is just as correct.

`q$e 要素の単純な用例: ◎ Here is a simple example of the use of the q element:

`q-1^xCode

`q$e 要素~内の明示的な引用元~linkと, 外側における明示的な引用元の両者を伴う例: ◎ Here is an example with both an explicit citation link in the q element, and an explicit citation outside:

`q-2^xCode

引用~自身が引用を包含する例: ◎ In the following example, the quotation itself contains a quotation:

`q-3^xCode

`q$e 要素に代わって引用符を利用する例: ◎ In the following example, quotation marks are used instead of the q element:

`q-4^xCode

次の例には、引用-はない — 引用符を用いて単語を命名している。 この事例では `q$e 要素の利用-は不適切になる。 ◎ In the following example, there is no quote — the quotation marks are used to name a word. Use of the q element in this case would be inappropriate.

`q-5^xCode

4.5.8. `dfn^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$ — ただし、子孫に `dfn$e 要素があってはならない。 ◎ Phrasing content, but there must be no dfn element descendants.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~title1$a 属性は、この要素~上では 特別な意味論を有する — 語の全部的な展開形を与える。 ◎ Also, the title attribute has special semantics on this element: Full term or expansion of abbreviation.
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`dfn$e 要素は、ある用語を定義していることを`表現-$する。 `dfn$e 要素の最も近い先祖である[ `段落$ / 記述~list~group / `~section$ ]が、`定義している用語$に対する定義(たち)を包含してい~MUST。 ◎ The dfn element represents the defining instance of a term. The paragraph, description list group, or section that is the nearest ancestor of the dfn element must also contain the definition(s) for the term given by the dfn element.

`dfn$e 要素が `定義している用語@ は、次で与えられる値に正確に一致する文字列である:

  1. 要素が `~title1@a 属性を有するならば、その属性の値。
  2. 他の場合、[ 要素の子~nodeは[ 1 個の要素 %E, 0 個の `Text$I ~node, 0 個以上の他の~node ]からなる ]~AND[ %E は `abbr$e 要素である ]~AND[ %E は `~title0$a 属性 %A を有する ]ならば、 %A の値。
  3. 他の場合、 `dfn$e 要素の `textContent$m 値。
◎ Defining term: if the dfn element has a title attribute, then the exact value of that attribute is the term being defined. Otherwise, if it contains exactly one element child node and no child Text nodes, and that child element is an abbr element with a title attribute, then the exact value of that attribute is the term being defined. Otherwise, it is the exact textContent of the dfn element that gives the term being defined.

`dfn$e 要素が `~title1$a 属性を有する場合、その値は,定義されている用語のみを包含してい~MUST。 ◎ If the title attribute of the dfn element is present, then it must contain only the term being defined.

注記: 要素の先祖の `title$a 属性は、 `dfn$e 要素には影響しない。 ◎ The title attribute of ancestor elements does not affect dfn elements.

`dfn$e 要素へ~linkを張っている `a$e 要素は、 `dfn$e 要素が定義している当の用語の~instanceを表現する。 ◎ An a element that links to a dfn element represents an instance of the term defined by the dfn element.

次の例の用語 "Garage Door Opener" は、 最初の段落で先ず定義され、後の段落で利用されている。 両~事例とも,実際に表示されるのは、その略称になる。 ◎ In the following fragment, the term "Garage Door Opener" is first defined in the first paragraph, then used in the second. In both cases, its abbreviation is what is actually displayed.

`dfn-1^xCode

`a$e 要素を追加して明示的に参照することもできる: ◎ With the addition of an a element, the reference can be made explicit:

`dfn-2^xCode

4.5.9. `abbr^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~title0$a 属性は、この要素~上では 特別な意味論を有する — 略称の全部的な展開形を与える。 ◎ Also, the title attribute has special semantics on this element: Full term or expansion of abbreviation.
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`abbr$e 要素は、略称または頭字語を`表現-$する — 任意選択で その展開形も伴うような。 `~title0@a 属性を利用して,略称の展開形が提供されて~MAY。 この属性に指定する値は、略称の展開形のみを包含してい~MUST。 ◎ The abbr element represents an abbreviation or acronym, optionally with its expansion. The title attribute may be used to provide an expansion of the abbreviation. The attribute, if specified, must contain an expansion of the abbreviation, and nothing else.

次の段落は、 `abbr$e 要素で~mark-upされた略称を包含する。 この段落が`定義している用語$は "Web Hypertext Application Technology Working Group" である。 ◎ The paragraph below contains an abbreviation marked up with the abbr element. This paragraph defines the term "Web Hypertext Application Technology Working Group".

`abbr-1^xCode

次のように書く別法もある: ◎ An alternative way to write this would be:

`abbr-2^xCode

次の段落には 2 個の略称があるが、片方のみ展開形が結付けられており,もう片方は `abbr$e 要素を用いていない。 ◎ This paragraph has two abbreviations. Notice how only one is defined; the other, with no expansion associated with it, does not use the abbr element.

`abbr-3^xCode

略称から その定義への~linkを張る例: ◎ This paragraph links an abbreviation to its definition.

`abbr-4^xCode

次の段落は、展開形を与えずに略称を~mark-upしている — 場合によっては,略称~用の~style(例:~smallcapsなど)をあてがえるようにするための。 ◎ This paragraph marks up an abbreviation without giving an expansion, possibly as a hook to apply styles for abbreviations (e.g. smallcaps).

`abbr-5^xCode

展開形と要素~内容とでは、複数形か単数形かは,合致し~MUST。 ◎ If an abbreviation is pluralized, the expansion's grammatical number (plural vs singular) must match the grammatical number of the contents of the element.

次のものは、複数形が要素の外側にあるので,展開形は単数形になる: ◎ Here the plural is outside the element, so the expansion is in the singular:

`abbr-6^xCode

次のものは、複数形が要素の内側にあるので,展開形は複数形になる: ◎ Here the plural is inside the element, so the expansion is in the plural:

`abbr-7^xCode

略称は、この要素を用いて~mark-upされなくともよい。 この要素は、次の事例で有用になるものと期待されている: ◎ Abbreviations do not have to be marked up using this element. It is expected to be useful in the following cases:

  • 作者が略称に対する展開形を与えたいと求めている場合 — この場合、 `title$a 属性を有する `abbr$e 要素を利用することは、展開形を(例えば丸括弧で括って)~inlineに含ませる代替になる。 ◎ Abbreviations for which the author wants to give expansions, where using the abbr element with a title attribute is an alternative to including the expansion inline (e.g. in parentheses).
  • 文書の読者におよそ馴染まれていないと見込まれる略称 — この場合,作者には、 `title$a 属性を有する `abbr$e 要素を用いて略称を~mark-upするか,略称が最初に利用される所でその展開形を~text内に~inlineに含ませることが奨励される。 ◎ Abbreviations that are likely to be unfamiliar to the document's readers, for which authors are encouraged to either mark up the abbreviation using an abbr element with a title attribute or include the expansion inline in the text the first time the abbreviation is used.
  • 略称の~~存在が意味論的に注釈される必要がある場合 — 例えば,略称に対し、~stylesheetから識別できるように `title$a 属性を有さない `abbr$e 要素を用いた上で,特定の~styleをあてがう。 ◎ Abbreviations whose presence needs to be semantically annotated, e.g. so that they can be identified from a style sheet and given specific styles, for which the abbr element can be used without a title attribute.

【 日本語では、熟語それ自体に略称のような性格があり, “習慣化” しているのと、文字の種類も多いため,略称が衝突することも稀にしかないので、この要素の必要性は比較的少ないであろう。 】

同じ文書~内に,複数の同じ内容の `abbr$e 要素があるとき、その一つに `title$a 属性を指定して展開形を与えたとしても,他の `abbr$e 要素も同じ展開形を有するかのように挙動することにはならない。 どの `abbr$e 要素も互いに独立である。 ◎ Providing an expansion in a title attribute once will not necessarily cause other abbr elements in the same document with the same contents but without a title attribute to behave as if they had the same expansion. Every abbr element is independent.

4.5.10. `ruby^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
注釈文を見よ。 ◎ See prose.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`ruby$e 要素により、句内容のある区間を~ruby注釈で~mark可能になる。 ~ruby注釈は、基底~textの傍に呈示される短い~text連なりであり、発音の手引きとして, あるいは 他の注釈を含ませるために,主に~East-Asian文字組版で利用される。 日本語では、この形の文字組版は,`振仮名^i として知られている。 ◎ The ruby element allows one or more spans of phrasing content to be marked with ruby annotations. Ruby annotations are short runs of text presented alongside base text, primarily used in East Asian typography as a guide for pronunciation or to include other annotations. In Japanese, this form of typography is also known as furigana.

`ruby$e 要素の内容~modelは、 1 個以上の次の並びからなる: ◎ The content model of ruby elements consists of one or more of the following sequences:

  1. [ `ruby$e 要素でない`句内容$であるか, 単独の `ruby$e 要素 ]であって,子孫に `ruby$e 要素を伴わないもの。 ◎ One or the other of the following: ◎ • Phrasing content, but with no ruby elements and with no ruby element descendants ◎ • A single ruby element that itself has no ruby element descendants
  2. 次のいずれかを満たすような, 1 個以上の要素からなる並び: ◎ One or the other of the following:

    • どの要素も `rt$e 要素である ◎ One or more rt elements
    • [ 最初の要素は `rp$e 要素である ]~AND[ 他の要素は `rt$e 要素または `rp$e 要素である ] ◎ An rp element followed by one or more rt elements, each of which is itself followed by an rp element

`ruby$e, `rt$e 要素は、多様な種類の注釈に利用できる — 特に,下に記述するものを含め(が,それらに限られず)。 特に,日本語における~rubyの詳細と描画-法については、 `JLREQ$r を見よ。 ◎ The ruby and rt elements can be used for a variety of kinds of annotations, including in particular (though by no means limited to) those described below. For more details on Japanese Ruby in particular, and how to render Ruby for Japanese, see Requirements for Japanese Text Layout. [JLREQ]

注記: これを書いている時点では、~CSSは, `ruby$e 要素の描画を全部的に制御する仕方をまだ提供していない。 順当に運べば、~CSSが下に述べる~styleを~supportするよう拡張されることが~~期待されている。 ◎ At the time of writing, CSS does not yet provide a way to fully control the rendering of the HTML ruby element. It is hoped that CSS will be extended to support the styles described below in due course.

日本語の個々の基底~文字における~mono-ruby ◎ Mono-ruby for individual base characters in Japanese
各~表語的~文字(基底~text)に対し, 1 個以上の平仮名や片仮名(~ruby注釈)が配置される。 これは、漢字の読みを提供するために利用される。 ◎ One or more hiragana or katakana characters (the ruby annotation) are placed with each ideographic character (the base text). This is used to provide readings of kanji characters.
`ruby-1^xCode

次の例では、各 基底~文字ごとに注釈が対応していることに注意されたし: ◎ In this example, notice how each annotation corresponds to a single base character.

`ruby-2^xCode `ruby-2a^xView

上の例の最初の 2 個の `ruby$e 要素は、 1 個の `ruby$e 要素 — 基底~textの 2 個の区分と,それぞれに対応する 2 個の注釈を伴うような — を用いて,次のようにも書ける: ◎ This example can also be written as follows, using one ruby element with two segments of base text and two annotations (one for each) rather than two back-to-back ruby elements each with one base text segment and annotation (as in the markup above):

`ruby-3^xCode
複合語(熟語)に対する ~mono-ruby ◎ Mono-ruby for compound words (jukugo)

これは、前の事例に類似する: 複合語~内の各~表語的~文字(基底~text)に対し、その読みが平仮名や片仮名(~ruby注釈)で与えられる。 各 基底~text区分は,互いに分離されるのでなく,複合語を形成する点で、前の事例と異なる。 ◎ This is similar to the previous case: each ideographic character in the compound word (the base text) has its reading given in hiragana or katakana characters (the ruby annotation). The difference is that the base text segments form a compound word rather than being separate from each other.

`ruby-4^xCode

次の例では、各~注釈が どう単独の基底~文字に対応するかにもう一度注意されたし。 各~複合語(熟語)が,単独の `ruby$e 要素に対応している。 ◎ In this example, notice again how each annotation corresponds to a single base character. In this example, each compound word (jukugo) corresponds to a single ruby element.

ここでの描画は、各~注釈が[ 基底~文字の傍に配置され,隣の文字には張り出さない ]ことが期待される。 ◎ The rendering here is expected to be that each annotation be placed over (or next to, in vertical text) the corresponding base character, with the annotations not overhanging any of the adjacent characters.

`ruby-5^xCode `ruby-5a^xView
熟語~ruby( Jukugo Ruby )

これは、意味論的には前の事例と一致する(基底を成す複合語~内の各 表語的~文字に対し、その読みが,注釈にて平仮名や片仮名で与えられる)が、その描画は,より複雑な熟語~ruby描画になる。 ◎ This is semantically identical to the previous case (each individual ideographic character in the base compound word has its reading given in an annotation in hiragana or katakana characters), but the rendering is the more complicated Jukugo Ruby rendering.

これは、上の複合語に対する~mono-rubyの例と同じであるが、異なる~styleにより(例:~CSSにより)異なる描画が達成されることが期待される — ここには示されないが。 `熟語としてのまとまりを重視して描画する。^tnote ◎ This is the same example as above for mono-ruby for compound words. The different rendering is expected to be achieved using different styling (e.g. in CSS), and is not shown here.

`ruby-5^xCode

注記: 熟語~rubyの描画 についての更なる詳細は、 `JLREQ$r の Appendix F を見よ ◎ For more details on Jukugo Ruby rendering, see Appendix F in the Requirements for Japanese Text Layout. [JLREQ]

意味を記述する~group~ruby ◎ Group ruby for describing meanings

注釈は、[ 発音ではなく / 発音に加えて ],基底~textの意味を記述する。 そのため、基底~textと注釈の両者とも,複数の文字にまたがり得る。 ◎ The annotation describes the meaning of the base text, rather than (or in addition to) the pronunciation. As such, both the base text and the annotation can be multiple characters long.

`ruby-7^xCode

表語的~文字からなる複合語に,対応する片仮名を注釈として与える例: ◎ Here a compound ideographic word has its corresponding katakana given as an annotation.

`ruby-8^xCode `ruby-8a^xView

表語的~文字からなる複合語に,注釈として英訳を与える例: ◎ Here a compound ideographic word has its translation in English provided as an annotation.

`ruby-9^xCode `ruby-9a^xView
熟字~読み(熟字訓)のための~group~ruby ◎ Group ruby for Jukuji readings

文字ごとの対応付けは困難なため、複数の基底~文字からなる語に一体として対応するような音標~読み。 (英語の場合、単語 "Colonel" や "Lieutenant" などが,発音から個々の普通字への直接的な対応付けが 方言によって不明瞭になる単語の例になる。) ◎ A phonetic reading that corresponds to multiple base characters, because a one-to-one mapping would be difficult. (In English, the words "Colonel" and "Lieutenant" are examples of words where a direct mapping of pronunciation to individual letters is, in some dialects, rather unclear.)

次の例では、~group~rubyを用いて,花の品種~名に音標~読みが提供されている: ◎ In this example, the name of a species of flowers has a phonetic reading provided using group ruby:

`ruby-10^xCode `ruby-10a^xView
音標による注釈と, 意味論上の注釈の両者を伴う~text(両側~ruby) ◎ Text with both phonetic and semantic annotations (double-sided ruby)

~rubyは、このような複数~種の注釈が組合されることもあり、それぞれが同じ単独の基底~区分を対象にする場合、それらの注釈は,単に連ねて配置できる。 ◎ Sometimes, ruby styles described above are combined. ◎ If this results in two annotations covering the same single base segment, then the annotations can just be placed back to back.

`ruby-11^xCode
`ruby-12^xCode

次の作為的な例では、いくつかの記号に 日本語と英語で名前が付与される。 ◎ In this contrived example, some symbols are given names in English and French.

`ruby-13^xCode

次の例のような,もっと複雑な状況では、 入子の `ruby$e 要素を用いて内縁の注釈を与えた上で 全体の `ruby$e が “外縁” ~levelの注釈を与える。 ◎ In more complication situations such as following examples, a nested ruby element is used to give the inner annotations, and then that whole ruby is then given an annotation at the "outer" level.

`ruby-14^xCode

次のものは ~ruby注釈で 音標~読みと意味の両者を与える。 入子にされた `ruby$e 要素~上の注釈は、各~基底~文字に対する ~mono-ruby音標~注釈を与える一方で、 外縁 `ruby$e 要素の子である `rt$e 要素~内の注釈は,平仮名を用いて意味を与える。 ◎ Here both a phonetic reading and the meaning are given in ruby annotations. The annotation on the nested ruby element gives a mono-ruby phonetic annotation for each base character, while the annotation in the rt element that is a child of the outer ruby element gives the meaning using hiragana.

`ruby-15^xCode `ruby-15a^xView

次のものは同じ例だが、その意味は,日本語に代えて英語で与えられている: ◎ This is the same example, but the meaning is given in English instead of Japanese:

`ruby-16^xCode `ruby-16a^xView

先祖に `ruby$e 要素がない `ruby$e 要素の中では,内容はいくつかに区分され、各~区分は,次の 3 種 — 基底~text区分, 注釈~区分, 無視区分 — いずれかに~~分類される: ◎ Within a ruby element that does not have a ruby element ancestor, content is segmented and segments are placed into three categories: base text segments, annotation segments, and ignored segments.

  • 無視区分は、文書の意味論の一部を形成しない(それらは いくつかの`要素間~空白$や `rp$e 要素からなり,後者は、~rubyを全く~supportしない旧来の~UAのために利用される)。 ◎ Ignored segments do not form part of the document's semantics (they consist of some inter-element whitespace and rp elements, the latter of which are used for legacy user agents that do not support ruby at all).
  • 2 個の基底~text区分 A, B は、次により制限される下で,~DOM内における同じ位置に重なり得る:

    • A の始点が B の始点より前ならば, A の終点は B の終点 以後になる。
    • A の始点が B の始点より後ならば, A の終点は B の終点 以前になる。
    ◎ Base text segments can overlap (with a limit of two segments overlapping any one position in the DOM, and with any segment having an earlier start point than an overlapping segment also having an equal or later end point, and any segment have a later end point than an overlapping segment also having an equal or earlier start point)
  • 注釈~区分は、 `rt$e 要素に対応する。 ◎ Annotation segments correspond to rt elements.
  • 各 注釈~区分 %A は,ある基底~text区分 %B に結付けられ得る — そのような %B があるならば、それを指して %A が属する基底~text区分という。 (適合~文書においては、 %B は常にある。) ◎ ↓
  • 各 基底~text区分には, 0 個以上の注釈~区分からなる~listが結付けられる。 (適合~文書においては、この~listは空でない。) ◎ Each annotation segment can be associated with a base text segment, and each base text segment can have annotation segments associated with it. (In a conforming document, each base text segment is associated with at least one annotation segment, and each annotation segment is associated with one base text segment)
  • `ruby$e 要素は、次の組を`表現-$する ⇒ 要素が包含する基底~text区分の和集合, および それらの各 基底~text区分から各 注釈~区分への対応付け。 ◎ A ruby element represents the union of the segments of base text it contains, along with the mapping from those base text segments to annotation segments.
  • 各 区分は、~DOM範囲 — `Range$I ~obj `DOM$r — を通して述べられる — 注釈~区分による各~範囲は、常に,正確に 1 個の要素からなる。 ◎ Segments are described in terms of DOM ranges; annotation segment ranges always consist of exactly one element. [DOM]

任意の特定0の時点における, `ruby$e 要素 %根 の内容の[ 区分化 / 仕分け ]は、次の~algoを走らせた結果で得られる: ◎ At any particular time, the segmentation and categorization of content of a ruby element is the result that would be obtained from running the following algorithm:

【 原文の~algoは ~GOTO だらけで わかりづらいので、この訳では ~WHILE の導入などにより ある程度整理して, ~GOTO を減らしている。 】

  1. %基底~text区分~list ~LET 空~list ⇒ これは,何個かの基底~text区分からなり、その それぞれは, 0 個以上の下位 基底~text区分からなる~listを伴う。 ◎ Let base text segments be an empty list of base text segments, each potentially with a list of base text subsegments.
  2. %注釈~区分~list ~LET 空~list ⇒ これは,何個かの注釈~区分からなり、その それぞれは,ある基底~text区分に属し得る。 ◎ Let annotation segments be an empty list of annotation segments, each potentially being associated with a base text segment or subsegment. ◎ Let root be the ruby element for which the algorithm is being run.
  3. ~IF[ %根 の先祖に `ruby$e 要素がある ] ⇒ ~RET ( %基底~text区分~list, %注釈~区分~list ) ◎ If root has a ruby element ancestor, then jump to the step labeled end.
  4. %現~親 ~LET %根 ◎ Let current parent be root.
  5. %~index ~LET 0 ◎ Let index be 0.
  6. %開始~index ~LET ~NULL ◎ Let start index be null.
  7. %親~開始~index ~LET ~NULL ◎ Let parent start index be null.
  8. %現~基底~text ~LET ~NULL ◎ Let current base text be null.
  9. `開始~mode^i:
    1. ~IF[ %~index ~GTE %現~親 が有する子の個数 ] ⇒ ~GOTO `終端~mode^i ◎ Start mode: If index is equal to or greater than the number of child nodes in current parent, then jump to the step labeled end mode.
    2. ~IF[ %現~親 内の %~index 番の~nodeは[ `rt$e / `rp$e ]要素である ] ⇒ ~GOTO `注釈~mode^i ◎ If the indexth node in current parent is an rt or rp element, jump to the step labeled annotation mode.
    3. %開始~index ~SET %~index ◎ Set start index to the value of index.
  10. `基底~mode^i:

    ~WHILE [ %~index ~LT %現~親 が有する子の個数 ]:

    1. %現~親 内の %~index 番の~nodeに応じて:

      `ruby$e 要素である
      1. ~IF[ %現~親 ~EQ %根 ] ⇒ `~ruby~levelを~push$する
      2. ~GOTO `開始~mode^i
      `rt$e 要素である
      `rp$e 要素である
      1. `現在の基底~textを設定-$する;
      2. ~GOTO `注釈~mode^i
      その他
      何もしない
      ◎ Base mode: If the indexth node in current parent is a ruby element, and if current parent is the same element as root, then push a ruby level and then jump to the step labeled start mode. ◎ If the indexth node in current parent is an rt or rp element, then set the current base text and then jump to the step labeled annotation mode.
    2. %~index ~INCBY 1 ◎ Increment index by one. ◎ Base mode post-increment: If index is equal to or greater than the number of child nodes in current parent, then jump to the step labeled end mode. ◎ Jump back to the step labeled base mode.
  11. ~GOTO `終端~mode^i ◎ ↑
  12. `注釈~mode^i:
    1. %~node ~LET %現~親 内の %~index 番の~node
    2. ~IF[ %~node は[ `rt$e 要素, `rp$e 要素, `Text$I ~node ]のいずれでもない ] ⇒ ~GOTO `基底~mode^i
    3. ~IF[ %~node は `Text$I ~nodeであって `要素間~空白$ではない ] ⇒ ~GOTO `基底~mode^i
    4. ~IF[ %~node は `rt$e 要素である ] ⇒ `~ruby注釈を~push$する
    ◎ Annotation mode: If the indexth node in current parent is an rt element, then push a ruby annotation and jump to the step labeled annotation mode increment. ◎ If the indexth node in current parent is an rp element, jump to the step labeled annotation mode increment. ◎ If the indexth node in current parent is not a Text node, or is a Text node that is not inter-element whitespace, then jump to the step labeled base mode.
  13. %先読~index ~LET %~index + 1 ◎ Annotation mode increment: Let lookahead index be index plus one.
  14. ~WHILE %先読~index ~LT %現~親 が有する子の個数 ◎ Annotation mode white-space skipper: If lookahead index is equal to the number of child nodes in current parent then jump to the step labeled end mode.

    1. ~IF[ %現~親 内の %先読~index 番の~nodeは[ `rt$e / `rp$e ]要素である ] ⇒ %~index ~SET %先読~index;
      ~GOTO `注釈~mode^i ◎ If the lookahead indexth node in current parent is an rt element or an rp element, then set index to lookahead index and jump to the step labeled annotation mode.
    2. ~IF[ %現~親 内の %先読~index 番の~nodeは `Text$I ~nodeでない ~OR `要素間~空白$でない `Text$I ~nodeである ] ⇒ ~GOTO `基底~mode^i

      ( %~index は増分しないので、`要素間~空白$であった場合,それは~~後続の基底~text区分の一部になる)

      ◎ If the lookahead indexth node in current parent is not a Text node, or is a Text node that is not inter-element whitespace, then jump to the step labeled base mode (without further incrementing index, so the inter-element whitespace seen so far becomes part of the next base text segment).
    3. %先読~index ~INCBY 1 ◎ Increment lookahead index by one. ◎ Jump to the step labeled annotation mode white-space skipper.
  15. `終端~mode^i:

    ~IF[ %現~親 ~NEQ %根 ]:

    1. `~ruby~levelを~pop$する
    2. ~IF[ %~index ~LT %現~親 が有する子の個数 ] ⇒ ~GOTO `基底~mode^i
    ◎ End mode: If current parent is not the same element as root, then pop a ruby level and jump to the step labeled base mode post-increment.
  16. ~RET ( %基底~text区分~list, %注釈~区分~list ) — `ruby$e 要素の内容のうち,これらの区分で述べられないものは、暗黙的に `無視区分^i になる ◎ End: Return base text segments and annotation segments. Any content of the ruby element not described by segments in either of those lists is implicitly in an ignored segment.

上の手続きにて:

  • `現在の基底~textを設定-@ するときは、次の手続きを走らす: ◎ When the steps above say to set the current base text, it means to run the following steps at that point in the algorithm:

    1. %~text範囲 ~LET 次のようにされた~DOM範囲 ⇒ `始端$ ~SET `境界点$( %現~親, %開始~index );
      `終端$ ~SET `境界点$( %現~親, %~index ); ◎ Let text range be a DOM range whose start is the boundary point (current parent, start index) and whose end is the boundary point (current parent, index).
    2. %新~text区分 ~LET 範囲 %注釈~範囲 で述べられる基底~text区分 ◎ Let new text segment be a base text segment described by the range annotation range.
    3. %新~text区分 を %基底~text区分~list に追加する ◎ Add new text segment to base text segments.
    4. %現~基底~text ~LET %新~text区分 ◎ Let current base text be new text segment.
    5. %開始~index ~LET ~NULL ◎ Let start index be null.
  • `~ruby~levelを~push@ するときは、次の手続きを走らす: ◎ When the steps above say to push a ruby level, it means to run the following steps at that point in the algorithm:

    1. %現~親 ~LET %現~親 内の %~index 番の~node ◎ Let current parent be the indexth node in current parent.
    2. %~index ~LET 0 ◎ Let index be 0.
    3. %保存済~開始~index ~SET %開始~index ◎ Set saved start index to the value of start index.
    4. %開始~index ~LET ~NULL ◎ Let start index be null.

    【 %保存済~開始~index は、この手続きの各 呼び出し~instanceごとに保持されると思われる。 】

  • `~ruby~levelを~pop@ するときは、次の手続きを走らす: ◎ When the steps above say to pop a ruby level, it means to run the following steps at that point in the algorithm:

    1. %~index ~LET %根 における %現~親 の位置- ◎ Let index be the position of current parent in root.
    2. %現~親 ~LET %根 ◎ Let current parent be root.
    3. %~index ~INCBY 1 ◎ Increment index by one.
    4. %開始~index ~SET %保存済~開始~index ◎ Set start index to the value of saved start index.
    5. %保存済~開始~index ~SET ~NULL ◎ Let saved start index be null.
  • `~ruby注釈を~push@ するときは、次の手続きを走らす: ◎ When the steps above say to push a ruby annotation, it means to run the following steps at that point in the algorithm:

    1. %注釈~範囲 ~LET 次のようにされた新たな ~DOM範囲 ⇒ `始端$ ~SET `境界点$ ( %現~親, %~index );
      `終端$ ~SET `境界点$ ( %現~親, %~index + 1 );

      ( すなわち, %注釈~範囲 は、 %現~親 の %~index 番の~nodeである `rt$e 要素のみを包含する )

      ◎ Let rt be the rt element that is the indexth node of current parent. ◎ Let annotation range be a DOM range whose start is the boundary point (current parent, index) and whose end is the boundary point (current parent, index plus one) (i.e. that contains only rt).
    2. %新~注釈~区分 ~LET %注釈~範囲 で述べられる注釈~区分 ◎ Let new annotation segment be an annotation segment described by the range annotation range.
    3. ~IF[ %現~基底~text ~NEQ ~NULL ] ⇒ %新~注釈~区分 が属する基底~text ~SET %現~基底~text ◎ If current base text is not null, associate new annotation segment with current base text.
    4. %注釈~区分~list に %新~注釈~区分 を追加する ◎ Add new annotation segment to annotation segments.

次の例における 日本語~text "~~漢字" 内の各~表語文字の読みは、平仮名で注釈されている: ◎ In this example, each ideograph in the Japanese text ~~漢字 is annotated with its reading in hiragana.

`ruby-17^xCode

これは、次のように描画されるであろう: ◎ This might be rendered as:

基底を成す 2 個の表語文字それぞれの上に,平仮名による注釈が小さい~fontで描画される。 ◎ The two main ideographs, each with its annotation in hiragana rendered in a smaller font above it.

次の例における 繁体字~中国語~text "~~漢字" 内の各~表語文字は,注音符号( bopomofo, ボポモフォ)による読みで注釈されている: ◎ In this example, each ideograph in the traditional Chinese text ~~漢字 is annotated with its bopomofo reading.

`ruby-18^xCode

これは、次のように描画されるであろう: ◎ This might be rendered as:

基底を成す 2 個の表語文字それぞれの傍に,注音符号による注釈が小さい~fontで描画される。 ◎ The two main ideographs, each with its bopomofo annotation rendered in a smaller font next to it.

次の例における簡体字~中国語~text "汉字" 内の各~表語文字は、拼音( pinyin, ピンイン)による読みで注釈されている: ◎ In this example, each ideograph in the simplified Chinese text 汉字 is annotated with its pinyin reading.

`ruby-19^xCode

これは、次のように描画されるであろう: ◎ This might be rendered as:

基底を成す 2 個の表語文字それぞれの上に,拼音による注釈が小さい~fontで描画される。 ◎ The two main ideographs, each with its pinyin annotation rendered in a smaller font above it.

次のもっと作為的な例では、頭字語 "HTML" には 4 個の注釈が伴われている — 頭字語~全体に対し 要約的に記述するもの, 普通字 "HT" に対し "Hypertext" に展開されるもの, 普通字 "M" に対し "Markup" に展開されるもの, 普通字 "L" に対し "Language" に展開されるもの: ◎ In this more contrived example, the acronym "HTML" has four annotations: one for the whole acronym, briefly describing what it is, one for the letters "HT" expanding them to "Hypertext", one for the letter "M" expanding it to "Markup", and one for the letter "L" expanding it to "Language".

`ruby-20^xCode

4.5.11. `rt^e 要素

`分類$
なし。 ◎ None.
`この要素を利用できる文脈$
`ruby$e 要素の子として。 ◎ As a child of a ruby element.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
`rt$e 要素の`終了tag$は、直後に[ `rt$e / `rp$e ]要素が来るか, または親~要素~内に後続する内容が無いならば省略できる。 ◎ An rt element's end tag can be omitted if the rt element is immediately followed by an rt or rp element, or if there is no more content in the parent element.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`rt$e 要素は、~ruby注釈の~ruby~text成分を~markする。 `ruby$e 要素の子であるときは,何も`表現-$しないが、 `ruby$e 要素が`表現-$するものを決定するときには それも利用される。 ◎ The rt element marks the ruby text component of a ruby annotation. When it is the child of a ruby element, it doesn't represent anything itself, but the ruby element uses it as part of determining what it represents.

`rt$e 要素は、 `ruby$e 要素の子でない場合は,その子たちと同じものを`表現-$する。 ◎ An rt element that is not a child of a ruby element represents the same thing as its children.

4.5.12. `rp^e 要素

`分類$
なし。 ◎ None.
`この要素を利用できる文脈$
`ruby$e 要素の子として — `rt$e 要素の直前/直後に。 ◎ As a child of a ruby element, either immediately before or immediately after an rt element.
`内容~model$
`~text$。 ◎ Text.
`text/html における~tag省略$
`rp$e 要素の`終了tag$は、次の場合には省略できる ⇒ 直後に[ `rt$e / `rp$e ]要素が来るか, 親~要素~内に後続する内容が無い場合。 ◎ An rp element's end tag can be omitted if the rp element is immediately followed by an rt or rp element, or if there is no more content in the parent element.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`rp$e 要素は、~ruby注釈の~ruby~text成分を括る丸括弧や他の内容を提供するために利用できる — ~ruby注釈を~supportしない~UAにより示されることになるような。 ◎ The rp element can be used to provide parentheses or other content around a ruby text component of a ruby annotation, to be shown by user agents that don't support ruby annotations.

`rp$e 要素は、親~要素が `ruby$e 要素であるならば,何も`表現-$しない — そうでないならば、その子たちを`表現-$する。 ◎ An rp element that is a child of a ruby element represents nothing. An rp element whose parent element is not a ruby element represents its children.

先掲の例では,~text内の各 ~~漢字が音標~読みで注釈されていたが、 `rp$e を利用すれば,旧来の~UAでは読みが丸括弧~内に現れるように展開させることもできる: ◎ The example above, in which each ideograph in the text ~~漢字 is annotated with its phonetic reading, could be expanded to use rp so that in legacy user agents the readings are in parentheses:

`rp-1^xCode

適合~UAによる描画は,先掲の例と同じになるが、~rubyを~supportしない~UAによる描画は,次のようになる: ◎ In conforming user agents the rendering would be as above, but in user agents that do not support ruby, the rendering would be:

`rp-2^xCode

ある区分に対し複数の注釈があるとき、それらの注釈の合間に `rp$e 要素を 配置することもできる。 ここでは、先掲の,日本語と英語で記号に名前を付与した作為的な例を示すが、今回は `rp$e 要素も加える: ◎ When there are multiple annotations for a segment, rp elements can also be placed between the annotations. Here is another copy of an earlier contrived example showing some symbols with names given in English and French, but this time with rp elements as well:

`rp-3^xCode

この例は、~rubyを~supportしない~UAにおいては,次のように描画されるであろう: ◎ This would make the example render as follows in non-ruby-capable user agents:

`rp-3a^xView

4.5.13. `data^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`value$a — 機械読取可能な値 ◎ value — Machine-readable value
`~DOM~interface$
[`HTMLConstructor$I]
interface `HTMLDataElement@I : `HTMLElement$I {
  [`CEReactions$] attribute DOMString `value$m;
};

`data$e 要素は、その内容を`表現-$する — 要素の `value$a 属性で与えられる,内容の機械読取可能な形も伴われるような。 ◎ The data element represents its contents, along with a machine-readable form of those contents in the value attribute.

要素は `value@a 属性を有してい~MUST。 この属性に指定する値は、要素の内容を機械読取可能な形式で表現したもので~MUST。 ◎ The value attribute must be present. Its value must be a representation of the element's contents in a machine-readable format.

注記: 値が日付tや時刻tに関係するものである場合、より特定的な `time$e 要素を代わりに利用できる。 ◎ When the value is date- or time-related, the more specific time element can be used instead.

この要素は、いくつもの目的に利用できる。 ◎ The element can be used for several purposes.

この仕様に定義される~microformatsや`~microdata属性$と組合された場合、要素は,[ ~data処理器の目的においては,機械読取可能な値を提供する / ~Web~browserにおける描画の目的においては,人読取可能な値を提供する ]ものとして~~働く。 この場合の `value$a 属性~値に利用する形式は、利用-中の[ ~microformats/~microdata語彙 ]により決定される。 ◎ When combined with microformats or the microdata attributes defined in this specification, the element serves to provide both a machine-readable value for the purposes of data processors, and a human-readable value for the purposes of rendering in a Web browser. In this case, the format to be used in the value attribute is determined by the microformats or microdata vocabulary in use.

この要素には、他の利用もある — 頁の~scriptが、人読取可能な値に加えて~literal値も格納するときなど。 そのような事例では、利用される形式は,当の~scriptの必要性にのみ依存する。 (そのような状況では、 `data-*$a 属性も有用になる。) ◎ The element can also, however, be used in conjunction with scripts in the page, for when a script has a literal value to store alongside a human-readable value. In such cases, the format to be used depends only on the needs of the script. (The data-* attributes can also be useful in such situations.)

`value@m
同じ名前の内容~属性を`反映-$し~MUST。 ◎ The value IDL attribute must reflect the content attribute of the same name.

次の短い~tableでは、~tableを~sortする~JS~libraryが,呈示様式にかかわらず各~columnを~sortできるようにするため、 `data$e 要素を用いて,各~内容を数値に符号化した値を伴わせている: ◎ Here, a short table has its numeric values encoded using the data element so that the table sorting JavaScript library can provide a sorting mechanism on each column despite the numbers being presented in textual form in one column and in a decomposed form in another.

`data-1^xCode

4.5.14. `time^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
要素が `datetime$a 属性を有する場合: `句内容$。 ◎ If the element has a datetime attribute: Phrasing content.
他の場合: `~text$ — ただし、下の注釈文に記述される要件に合致し~MUST。 ◎ Otherwise: Text, but must match requirements described in prose below.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`datetime$a — 機械読取可能な値 ◎ datetime — Machine-readable value
`~DOM~interface$
[`HTMLConstructor$I]
interface `HTMLTimeElement@I : `HTMLElement$I {
  [`CEReactions$] attribute DOMString `dateTime$m;
};

`time$e 要素は、その内容を`表現-$する — 要素の `datetime$a 属性で与えられる,内容の機械読取可能な形も伴われるような。 内容の種類は、下に述べるように,各種[ 日付t, 時刻t, 偏差t(時間帯偏差), 時間長t ]に制限される。 ◎ The time element represents its contents, along with a machine-readable form of those contents in the datetime attribute. The kind of content is limited to various kinds of dates, times, time-zone offsets, and durations, as described below.

`time$e 要素の `datetime@a 属性に指定する値は、要素の内容の機械読取可能な形式による表現で~MUST。 ◎ The datetime attribute may be present. If present, its value must be a representation of the element's contents in a machine-readable format.

`time$e 要素が `datetime$a 内容~属性を有さない場合、要素に子孫~要素があっては~MUST_NOT。 ◎ A time element that does not have a datetime content attribute must not have any element descendants.

`time$e 要素の `日時~値@ は、要素が `datetime$a 内容~属性を[ 有するならば その値 / 有さないならば `time$e 要素の`子~text内容$ ]である。 ◎ The datetime value of a time element is the value of the element's datetime content attribute, if it has one, otherwise the child text content of the time element.

`time$e 要素の`日時~値$は、次のいずれかの構文に合致し~MUST。 ◎ The datetime value of a time element must match one of the following syntaxes.

`妥当な年月t文字列$ ◎ A valid month string
`2011-11^time
`妥当な日付t文字列$ ◎ A valid date string
`2011-11-18^time
`妥当な月日t文字列$ ◎ A valid yearless date string
`11-18^time
`妥当な時刻t文字列$ ◎ A valid time string
`14:54^time `14:54:39^time `14:54:39.929^time
`妥当な局所的~日時t文字列$ ◎ A valid local date and time string
`2011-11-18T14:54^time `2011-11-18T14:54:39^time `2011-11-18T14:54:39.929^time `2011-11-18 14:54^time `2011-11-18 14:54:39^time `2011-11-18 14:54:39.929^time
注記: 日付は伴うが偏差tは伴わない時刻tは、各~時間帯tごとに,ある日tにおける同じ特定の時刻tに観測される~eventを指定するときに有用になる。 例えば、 2020 年の年始は,各~時間帯tごとに 2020-01-01 00:00 に祝われる — すべての時間帯tにわたって精確に同時に生じる瞬間ではなく。 すべての時間帯tにわたって同時に生じる~event — 例えば、~video会議の会合 — に対しては、`妥当な大域的~日時t文字列$が有用になるであろう。 ◎ Times with dates but without a time zone offset are useful for specifying events that are observed at the same specific time in each time zone, throughout a day. For example, the 2020 new year is celebrated at 2020-01-01 00:00 in each time zone, not at the same precise moment across all time zones. For events that occur at the same time across all time zones, for example a videoconference meeting, a valid global date and time string is likely more useful.
`妥当な偏差t文字列$ ◎ A valid time-zone offset string
`Z^time `+0000^time `+00:00^time `-0800^time `-08:00^time
注記: 日付を伴わない時刻t(あるいは 複数の日付に繰り返し生じる~eventを指す時刻t) に対しては、時刻tを制御する地理的所在を指定することは,通例的に 偏差tを指定するより有用になる — 地理的所在は,夏時間も込みで偏差tを変更するので。 一部の事例では、地理的所在は,時間帯tまで変更することもある — 例えば、 2011 年の年末に~Samoaに起きたような時間帯tの境界が引き直されるときなど。 時間帯tの境界, および 各~時間帯tの中でどの規則を適用するかは、 `time zone database^i `TZDATABASE$r による時間帯t~databaseに述べられている。 ◎ For times without dates (or times referring to events that recur on multiple dates), specifying the geographic location that controls the time is usually more useful than specifying a time zone offset, because geographic locations change time zone offsets with daylight savings time. In some cases, geographic locations even change time zone, e.g. when the boundaries of those time zones are redrawn, as happened with Samoa at the end of 2011. There exists a time zone database that describes the boundaries of time zones and what rules apply within each such zone, known as the time zone database. [TZDATABASE]
`妥当な大域的~日時t文字列$ ◎ A valid global date and time string
`2011-11-18T14:54Z^time `2011-11-18T14:54:39Z^time `2011-11-18T14:54:39.929Z^time `2011-11-18T14:54+0000^time `2011-11-18T14:54:39+0000^time `2011-11-18T14:54:39.929+0000^time `2011-11-18T14:54+00:00^time `2011-11-18T14:54:39+00:00^time `2011-11-18T14:54:39.929+00:00^time `2011-11-18T06:54-0800^time `2011-11-18T06:54:39-0800^time `2011-11-18T06:54:39.929-0800^time `2011-11-18T06:54-08:00^time `2011-11-18T06:54:39-08:00^time `2011-11-18T06:54:39.929-08:00^time `2011-11-18 14:54Z^time `2011-11-18 14:54:39Z^time `2011-11-18 14:54:39.929Z^time `2011-11-18 14:54+0000^time `2011-11-18 14:54:39+0000^time `2011-11-18 14:54:39.929+0000^time `2011-11-18 14:54+00:00^time `2011-11-18 14:54:39+00:00^time `2011-11-18 14:54:39.929+00:00^time `2011-11-18 06:54-0800^time `2011-11-18 06:54:39-0800^time `2011-11-18 06:54:39.929-0800^time `2011-11-18 06:54-08:00^time `2011-11-18 06:54:39-08:00^time `2011-11-18 06:54:39.929-08:00^time
注記: 日付と偏差tを伴う時刻tは、時刻tが 特定の地理的所在に縛られないような,[ 特定の~event / 繰り返し生じる~~予定の~event ]を指定するときに有用になる。 例えば、小惑星衝突の精確な時刻t / 世界の特定0の~~地域にて夏時間かどうかにかかわらず 毎日 1400 UTC に~~開かれる個々の会合など。 精確な時刻tが特定の地理的所在における局所的~偏差tに応じて変わるような~eventに対しては、`妥当な局所的~日時t文字列$に 当の地理的所在を組合せる方が,より有用であろう。 ◎ Times with dates and a time zone offset are useful for specifying specific events, or recurring virtual events where the time is not anchored to a specific geographic location. For example, the precise time of an asteroid impact, or a particular meeting in a series of meetings held at 1400 UTC every day, regardless of whether any particular part of the world is observing daylight savings time or not. For events where the precise time varies by the local time zone offset of a specific geographic location, a valid local date and time string combined with that geographic location is likely more useful.
`妥当な年週t文字列$ ◎ A valid week string
`2011-W47^time
4 個~以上の`~ASCII数字$,かつ 少なくとも 1 つは U+0030 ( `0^l ) でない ◎ Four or more ASCII digits, at least one of which is not U+0030 DIGIT ZERO (0)
`2011^time `0001^time
`妥当な時間長t文字列$ ◎ A valid duration string
`PT4H18M3S^time `4h 18m 3s^time

`要素~内容の機械読取可能な等価物@ は、要素の`日時~値$ %T から 次の~algoを利用して得られ~MUST: ◎ The machine-readable equivalent of the element's contents must be obtained from the element's datetime value by using the following algorithm:

  1. ~IF[ %T を`年月t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`年月t$ ◎ If parsing a month string from the element's datetime value returns a month, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  2. ~IF[ %T を`日付t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`日付t$ ◎ If parsing a date string from the element's datetime value returns a date, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  3. ~IF[ %T を`月日t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`月日t$ ◎ If parsing a yearless date string from the element's datetime value returns a yearless date, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  4. ~IF[ %T を`時刻t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`時刻t$ ◎ If parsing a time string from the element's datetime value returns a time, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  5. ~IF[ %T を`局所的~日時t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`局所的~日時t$ ◎ If parsing a local date and time string from the element's datetime value returns a local date and time, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  6. ~IF[ %T を`偏差t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`偏差t$ ◎ If parsing a time-zone offset string from the element's datetime value returns a time-zone offset, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  7. ~IF[ %T を`大域的~日時t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`大域的~日時t$ ◎ If parsing a global date and time string from the element's datetime value returns a global date and time, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  8. ~IF[ %T を`年週t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`年週t$ ◎ If parsing a week string from the element's datetime value returns a week, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  9. ~IF[ %T は U+0030 ( `0^l ) 以外の文字を 1 個以上含む`~ASCII数字$のみからなる ] ⇒ ~RET %T を年tを表現している基数 10 の数として解釈した結果 ◎ If the element's datetime value consists of only ASCII digits, at least one of which is not U+0030 DIGIT ZERO (0), then the machine-readable equivalent is the base-ten interpretation of those digits, representing a year; abort these steps.
  10. ~IF[ %T を`時間長t文字列として構文解析-$した結果 ~NEQ ε ] ⇒ ~RET 結果の`時間長t$ ◎ If parsing a duration string from the element's datetime value returns a duration, that is the machine-readable equivalent; abort these steps.
  11. ~RET ε — 機械読取可能な等価物はない ◎ There is no machine-readable equivalent.

注記: 上で参照される各種~algoは、任意の文字列に対し,~algoのうち一つだけが非 ε を返すことを意図して設計されている。 これらの~data種別を 単独の~algoで一括して構文解析する方が,効率的になるかもしれないが、それについては実装者に委ねられる。 ◎ The algorithms referenced above are intended to be designed such that for any arbitrary string s, only one of the algorithms returns a value. A more efficient approach might be to create a single algorithm that parses all these data types in one pass; developing such an algorithm is left as an exercise to the reader.

`dateTime@m
`datetime$a 内容~属性を`反映-$し~MUST。 ◎ The dateTime IDL attribute must reflect the element's datetime content attribute.

`time$e 要素は — 例えば、~microformatsにおいて — 日付tを符号化するときに利用できる。 次の例に、 `time$e 要素を利用して[ hCalendar のある変種(仮)を利用している~event ]を符号化する仕方を示す: ◎ The time element can be used to encode dates, for example in microformats. The following shows a hypothetical way of encoding an event using a variant on hCalendar that uses the time element:

`time-1^xCode

ここでは、~blog投稿の公開日を~mark-upするため, Atom 語彙に基づく架空の~microdata語彙が `time$e 要素を伴って利用されている: ◎ Here, a fictional microdata vocabulary based on the Atom vocabulary is used with the time element to mark up a blog post's publication date.

`time-2^xCode

次の例では、別の記事の公開日が `time$e を用いて~mark-upされている。 今度は schema.org ~microdata語彙を利用する: ◎ In this example, another article's publication date is marked up using time, this time using the schema.org microdata vocabulary:

`time-3^xCode

次の~code片では、後で~scriptで処理するために `time$e 要素を用いて ISO8601 形式による日付tを符号化している: ◎ In the following snippet, the time element is used to encode a date in the ISO8601 format, for later processing by a script:

`time-4^xCode

次の~code片では、値は時刻tを含んでいる: ◎ In this second snippet, the value includes a time:

`time-5^xCode

頁が読込む~script(したがって,頁の私的な内部~規約による日時tを `time$e 要素を用いて~mark-upしている)は、頁~全体を見渡して, そこにあるすべての `time$e 要素による日時tからなる索引を作成することもできる。 ◎ A script loaded by the page (and thus privy to the page's internal convention of marking up dates and times using the time element) could scan through the page and look at all the time elements therein to create an index of dates and times.

例えば、次の要素は、文字列 "~~金曜日" を伝えると同時に,それが 2011 年 11 月 18 日に対応することも意味するような 意味論上の追加を伴う: ◎ For example, this element conveys the string "Friday" with the additional semantic that the 18th of November 2011 is the meaning that corresponds to "Friday":

`time-6^xCode

次の例では、太平洋標準時における特定の時刻tが指定されている: ◎ In this example, a specific time in the Pacific Standard Time timezone is specified:

`time-7^xCode

4.5.15. `code^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`code$e 要素は、~computer~code片を`表現-$する。 その内容は、例えば ~XML要素~名, ~file名, ~computer~program, その他,~computerが認識するような任意の文字列にもなり得る。 ◎ The code element represents a fragment of computer code. This could be an XML element name, a file name, a computer program, or any other string that a computer would recognize.

~mark-upされている~computer~codeの言語を指示するような,公式的な仕方はない。 作者は、 `code$e 要素に利用される言語も~markしたいと望むなら — 例えば 構文強調~scriptに利用する規則を与えるためなど — `class$a 属性を利用できる — 例えば, `language-^l が接頭された~classを要素に追加するなど。 ◎ There is no formal way to indicate the language of computer code being marked up. Authors who wish to mark code elements with the language used, e.g. so that syntax highlighting scripts can use the right rules, can use the class attribute, e.g. by adding a class prefixed with "language-" to the element.

この要素を用いて,段落~内の[ 要素~名, ~computer~code, 約物 ]などを~mark-upする例: ◎ The following example shows how the element can be used in a paragraph to mark up element names and computer code, including punctuation.

`code-1^xCode

`pre$e, `code$e 要素を用いて,~codeの~blockを~mark-upする例: ◎ The following example shows how a block of code could be marked up using the pre and code elements.

`code-2^xCode

上の例では、~classを用いて利用されている言語を指示している。 ◎ A class is used in that example to indicate the language used.

注記: 更なる詳細は `pre$e 要素を見よ。 ◎ See the pre element for more details.

4.5.16. `var^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`var$e 要素は、変数を`表現-$する — 例えば次のものなど: 数式や~programming文脈における実際の変数 / 定数を表現している識別子 / 物理的~数量を識別する記号 / 関数の~parameter / 単に注釈文の中で 代名詞的に他の何かを指すために利用される語 ◎ The var element represents a variable. This could be an actual variable in a mathematical expression or programming context, an identifier representing a constant, a symbol identifying a physical quantity, a function parameter, or just be a term used as a placeholder in prose.

次の段落では、普通字 "n" が注釈文における変数として利用されている: ◎ In the paragraph below, the letter "n" is being used as a variable in prose:

`var-1^xCode

特に数学では、単純な式を超えるものには~MathMLがより適切になるが、それでも,~MathML式~内に示される特定の変数を指すときには,依然として `var$e 要素を利用できる。 ◎ For mathematics, in particular for anything beyond the simplest of expressions, MathML is more appropriate. However, the var element can still be used to refer to specific variables that are then mentioned in MathML expressions.

次の例における等式には、等式~内の変数を参照する凡例も伴われている。 式~自身は~MathMLで~mark-upされているが、各 変数は, `var$e を用いて `figcaption^e 内に示されている。 ◎ In this example, an equation is shown, with a legend that references the variables in the equation. The expression itself is marked up with MathML, but the variables are mentioned in the figure's legend using var.

`var-2^xCode

次の例には、質量とエネルギーの等価性を述べる等式が文~中に現れており、 `var$e 要素を用いて,等式~内の変数と定数を~markしている: ◎ Here, the equation describing mass-energy equivalence is used in a sentence, and the var element is used to mark the variables and constants in that equation:

`var-3^xCode

4.5.17. `samp^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`samp$e 要素は、別の~programや計算機からの見本や出力の引用-を`表現-$する。 ◎ The samp element represents sample or quoted output from another program or computing system.

注記: 更なる詳細は、 `pre$e / `kbd$e 要素を見よ。 ◎ See the pre and kbd elements for more details.

注記: この要素は、~Web~appからの直の出力を提供する `output$e 要素とは対照をなす。 ◎ This element can be contrasted with the output element, which can be used to provide immediate output in a Web application.

`samp$e 要素を~inlineに利用する例: ◎ This example shows the samp element being used inline:

`samp-1^xCode

次に、~console~programからの見本~出力の~blockの例を示す。 `samp$e, `kbd$e 要素を入子にすることにより、見本~出力の特定の要素に,~stylesheetで~styleをあてがえるようになる。 また、 `samp$e の一部に,より木目細かい~styleをあてがえるよう、 `span$e 要素を用いて更に詳細な~markupで注釈されている: ◎ This second example shows a block of sample output from a console program. Nested samp and kbd elements allow for the styling of specific elements of the sample output using a style sheet. There's also a few parts of the samp that are annotated with even more detailed markup, to enable very precise styling. To achieve this, span elements are used.

`samp-2^xCode

次の例に、入力の~blockと それに対応する出力を示す。 この例では `code$e, `samp$e 両~要素が利用される: ◎ This third example shows a block of input and its respective output. The example uses both code and samp elements.

`samp-3^xCode

4.5.18. `kbd^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`kbd$e 要素は、利用者による入力を`表現-$する。 (概して~keyboard入力であるが、声~commandなどの,他の入力を表現するために利用してもよい)。 ◎ The kbd element represents user input (typically keyboard input, although it may also be used to represent other input, such as voice commands).

`kbd$e 要素が `samp$e 要素の内側に入子にされた場合、~systemにより復唱された入力を表現する。 ◎ When the kbd element is nested inside a samp element, it represents the input as it was echoed by the system.

逆に, `kbd$e 要素が `samp$e 要素を包含する場合、~system出力に基づく入力を表現する — 例えば、~menu~itemの呼出しなど。 ◎ When the kbd element contains a samp element, it represents input based on system output, for example invoking a menu item.

`kbd$e 要素が別の `kbd$e 要素の内側に入子にされた場合、入力の仕組みに応じて適切な,入力の単独の単位 — 実際の~keyなど — を表現する。 ◎ When the kbd element is nested inside another kbd element, it represents an actual key or other single unit of input as appropriate for the input mechanism.

`kbd$e 要素を用いて,押下げる~keyを指示する例: ◎ Here the kbd element is used to indicate keys to press:

`kbd-1^xCode

次の例では、特定0の~menu~itemを選ぶよう利用者に明示している。 外縁 `kbd$e 要素は,入力の~blockを~mark-upしている。 内縁 `kbd$e 要素は,各~個々の入力~段を表現している。 それらの内側にある `samp$e 要素は、各~段が~systemにより表示されている何か — この事例では~menu~label — に基づく入力であることを指示している: ◎ In this second example, the user is told to pick a particular menu item. The outer kbd element marks up a block of input, with the inner kbd elements representing each individual step of the input, and the samp elements inside them indicating that the steps are input based on something being displayed by the system, in this case menu labels:

`kbd-2^xCode

上述のような精細さは、必要とされてはいない — 次のようにしても,等しく十分である: ◎ Such precision isn't necessary; the following is equally fine:

`kbd-3^xCode

4.5.19. `sub^e, `sup^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Use HTMLElement.

`sup$e 要素は、上付文字を`表現-$する。 `sub$e 要素は、下付文字を`表現-$する。 ◎ The sup element represents a superscript and the sub element represents a subscript.

これらの要素は、[ 呈示のためではなく,特定の意味を伴う ]文字組版規約を~mark-upするときに限って利用され~MUST。 例えば、 `sub$e / `sup$e 要素を組版前処理~system名 LaTeX に利用するのは、不適切になる 【例えば LATEX 】 。 一般に,作者は、これらの要素の利用を,その有無により内容の意味が変化する場合に限るべきである。 ◎ These elements must be used only to mark up typographical conventions with specific meanings, not for typographical presentation for presentation's sake. For example, it would be inappropriate for the sub and sup elements to be used in the name of the LaTeX document preparation system. In general, authors should use these elements only if the absence of those elements would change the meaning of the content.

ある種の言語においては、上付文字は,何らかの略称のための文字組版規約の一部を成す。 ◎ In certain languages, superscripts are part of the typographical conventions for some abbreviations.

`sup-1^xCode

`sub$e 要素は、下付文字による添字を有する変数のために `var$e 要素の内側に利用できる。 ◎ The sub element can be used inside a var element, for variables that have subscripts.

`sub$e 要素を用いて,変数~族のある変数を識別する下付文字を表現する例: ◎ Here, the sub element is used to represent the subscript that identifies the variable in a family of variables:

`sup-2^xCode

数式は、下付文字や上付文字を利用することが多い。 作者には、数学を~mark-upするときは, `MATHML$r を利用することが奨励されるが、詳細な数学的~markupは欲されない場合には、 `sub$e / `sup$e を用いることにしても~MAY。 ◎ Mathematical expressions often use subscripts and superscripts. Authors are encouraged to use MathML for marking up mathematics, but authors may opt to use sub and sup if detailed mathematical markup is not desired. [MATHML]

`sup-3^xCode `sup-4^xCode

4.5.20. `i^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`i$e 要素は、本文と異なる声や雰囲気にある~text区間を`表現-$する。 あるいは、通常の注釈文とは質が異なる~textを指示する — 例えば: 分類名 / 技術~用語 / 別の言語の慣用句 / 字訳 / 考え / 西欧~textによる船名 など。 ◎ The i element represents a span of text in an alternate voice or mood, or otherwise offset from the normal prose in a manner indicating a different quality of text, such as a taxonomic designation, a technical term, an idiomatic phrase from another language, transliteration, a thought, or a ship name in Western texts.

主要な~textと異なる言語による用語は、 `lang$a 属性で注釈されるべきである(~XMLにおいては ~XML名前空間に属する `lang^a 属性 で)。 ◎ Terms in languages different from the main text should be annotated with lang attributes (or, in XML, lang attributes in the XML namespace).

`i$e 要素の用例: ◎ The examples below show uses of the i element:

`i-1^xCode

`i$e 要素を用いて夢の一節を~mark-upする例: ◎ In the following example, a dream sequence is marked up using i elements.

`i-2^xCode

作者は、要素が利用されている~~理由を識別するためとして, `i$e 要素~上に `class$a 属性を利用できる。 そうすれば、後日,~~理由ごとに~styleを違えたくなった場合(例:分類名と夢の一節を分けるなど)にも~~修正は容易になる。 ◎ Authors can use the class attribute on the i element to identify why the element is being used, so that if the style of a particular use (e.g. dream sequences as opposed to taxonomic terms) is to be changed at a later date, the author doesn't have to go through the entire document (or series of related documents) annotating each use.

作者には、他の要素が `i$e 要素よりも適用し得るかどうか,考慮することが奨励される — 具体的には: 強勢を~mark-upするときは `em$e 要素, 用語を定義するような~markupには `dfn$e 要素, 等々。 ◎ Authors are encouraged to consider whether other elements might be more applicable than the i element, for instance the em element for marking up stress emphasis, or the dfn element to mark up the defining instance of a term.

注記: `i$e 要素を整形するときは、他の要素と同じく,~stylesheetを利用できる。 `i$e 要素~内の内容が~italic化される必然性はない。 ◎ Style sheets can be used to format i elements, just like any other element can be restyled. Thus, it is not the case that content in i elements will necessarily be italicized.

4.5.21. `b^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`b$e 要素は、実用目的で注目を引くような~text区間を`表現-$する — [ 本文と異なる声や雰囲気を含意する / 余計な重要度を伝える ]ことなく。 例えば、 文書の要約文の主要語 / 製品評における品名 / ~textでやりとりする~softwareにおいて動作指示に利用できる単語 / 記事の序文。 ◎ The b element represents a span of text to which attention is being drawn for utilitarian purposes without conveying any extra importance and with no implication of an alternate voice or mood, such as key words in a document abstract, product names in a review, actionable words in interactive text-driven software, or an article lede.

`b$e 要素を用いて,主要語を重要として~mark-upすることなく強調する例: ◎ The following example shows a use of the b element to highlight key words without marking them up as important:

`b-1^xCode

`b$e 要素を用いて,~text~adventure内の~objが特別なものであるよう強調する例: ◎ In the following example, objects in a text adventure are highlighted as being special by use of the b element.

`b-2^xCode

`b$e 要素は、序文(導入部)や段落を~mark-upするときにも適切になり得る。 子猫の親代わりになったウサギについての BBC の記事 を~mark-upする一例を次に示す: ◎ Another case where the b element is appropriate is in marking up the lede (or lead) sentence or paragraph. The following example shows how a BBC article about kittens adopting a rabbit as their own could be marked up:

`b-3^xCode

`i$e 要素と同様に,作者は、 `b$e 要素~上に要素が利用されている~~理由を識別するような `class$a 属性を利用できる。 そうすれば、後日,~~理由ごとに~styleを違えたくなった場合にも~~修正は容易になる。 ◎ As with the i element, authors can use the class attribute on the b element to identify why the element is being used, so that if the style of a particular use is to be changed at a later date, the author doesn't have to go through annotating each use.

`b$e 要素は、他のどの要素も適切でないときの,最後の~~手段として利用されるべきである。 特に、[ 見出しには `h1$e 〜 `h6$e / 強勢には `em$e / 重要度には`strong$e / ~markしたり強調する~textには `mark$e ]要素を利用するべきである。 ◎ The b element should be used as a last resort when no other element is more appropriate. In particular, headings should use the h1 to h6 elements, stress emphasis should use the em element, importance should be denoted with the strong element, and text marked or highlighted should use the mark element.

不正な用法: ◎ The following would be incorrect usage:

`b-4^xCode

この例では `b$e ではなく `strong$e 要素を利用するのが正しいであろう。 ◎ In the previous example, the correct element to use would have been strong, not b.

注記: 他の要素と同じく, `b$e 要素も~stylesheet利用して整形できる。 `b$e 要素が~bold化される必然はない。 ◎ Style sheets can be used to format b elements, just like any other element can be restyled. Thus, it is not the case that content in b elements will necessarily be boldened.

4.5.22. `u^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`u$e 要素は、[ 説明的でない,明示的に描画される符号的な注釈である ]ような~text区間を`表現-$する。 例えば、中国語~textの 专名号 `固有名詞を示す標点符号( proper name, Chinese proper name mark )^tnote や,綴りの誤りを~markするときなど。 ◎ The u element represents a span of text with an unarticulated, though explicitly rendered, non-textual annotation, such as labeling the text as being a proper name in Chinese text (a Chinese proper name mark), or labeling the text as being misspelt.

ほとんどの事例では、およそ他の要素がより適切になる — 例えば、[ 強勢には `em$e / 主要語句には 文脈に依存して `b$e か `mark$e / 本の標題には `cite$e / ~textに~textによる注釈を明示的に付与するときは `ruby$e / [ 技術~用語 / 分類名 / 字訳 / 考え / 西欧~textによる船名 ]には `i$e ]要素を用いて~markされるべきである。 ◎ In most cases, another element is likely to be more appropriate: for marking stress emphasis, the em element should be used; for marking key words or phrases either the b element or the mark element should be used, depending on the context; for marking book titles, the cite element should be used; for labeling text with explicit textual annotations, the ruby element should be used; for technical terms, taxonomic designation, transliteration, a thought, or for labeling ship names in Western texts, the i element should be used.

注記: 視覚的~呈示における `u$e 要素の既定の描画は、~hyperlinkの慣例的な描画( 下線 )と衝突する。 作者には、~hyperlinkと混同されそうな所では, `u$e 要素の利用を避ける `あるいは~CSSで~styleを違える^tnote ことが奨励される。 ◎ The default rendering of the u element in visual presentations clashes with the conventional rendering of hyperlinks (underlining). Authors are encouraged to avoid using the u element where it could be confused for a hyperlink.

`u$e 要素を用いて,綴りが誤った単語を~markする例: ◎ In this example, a u element is used to mark a word as misspelt:

`u-1^xCode

4.5.23. `mark^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`mark$e 要素は、同じ文書~内で参照する目的において,別の文脈との関連性に因り[ ~markされる/強調-( highlight )される ]~textの連なりを`表現-$する。 引用その他の~text~block内で,他所の注釈文から指されるために利用されたときは、それが元々は無かった強調-であって — その~blockが元々書かれた時点では,重要と見なされていなかったかもしれないが、注釈文を書くにあたり,見直したときに — ~textの該当部分に読者の注目を引くために追加されたことを指示する。 文書の主要な注釈文にて利用されたときは、利用者の現在の活動に見込まれる関連性に因り強調された部分を指示する。 ◎ The mark element represents a run of text in one document marked or highlighted for reference purposes, due to its relevance in another context. When used in a quotation or other block of text referred to from the prose, it indicates a highlight that was not originally present but which has been added to bring the reader's attention to a part of the text that might not have been considered important by the original author when the block was originally written, but which is now under previously unexpected scrutiny. When used in the main prose of a document, it indicates a part of the document that has been highlighted due to its likely relevance to the user's current activity.

引用の特定0の部分に注目を引いてもらうため, `mark$e 要素を利用する例: ◎ This example shows how the mark element can be used to bring attention to a particular part of a quotation:

`mark-1^xCode

(しかしながら,~~目的が綴りの誤りを~markすることにある場合、 `u$e 要素の方がより適切になるであろう。) ◎ (If the goal was to mark the element as misspelt, however, the u element, possibly with a class, would be more appropriate.)

`mark$e 要素を用いて、文書~内の,何らかの探索~語に合致している部分を強調する例。 利用者が単語 "子猫" を探索していることを知った~serverは、次のように改変された段落を伴う文書を返すこともできる: ◎ Another example of the mark element is highlighting parts of a document that are matching some search string. If someone looked at a document, and the server knew that the user was searching for the word "kitten", then the server might return the document with one paragraph modified as follows:

`mark-2^xCode

次の~code片では、~textの段落は,~code片の特定の一部を指している: ◎ In the following snippet, a paragraph of text refers to a specific part of a code fragment.

`mark-3^xCode

これは 構文強調とは別である — それには `span$e がより適切になる。 両者を組合せれば、次が得られる: ◎ This is separate from syntax highlighting, for which span is more appropriate. Combining both, one would get:

`mark-4^xCode

次の例では、引用された~textの,元々は強勢されていなかった部位を強調するために `mark$e を利用する。 この例では、引用-内の `mark$e 要素に~italicで描画する~styleを明示的に与えて,共通的な文字組版規約を得ている。 ◎ This is another example showing the use of mark to highlight a part of quoted text that was originally not emphasized. In this example, common typographic conventions have led the author to explicitly style mark elements in quotes to render in italics.

`mark-5^xCode

ついでに、この例に引用された元の~textの一部である `em$e 要素と,~comment内のある部分を強調している `mark$e 要素との違いにも注意。 ◎ Note, incidentally, the distinction between the em element in this example, which is part of the original text being quoted, and the mark element, which is highlighting a part for comment.

次の例に、~text区間の[ 重要度 を明示すること( `strong$e ), 関連性 を明示すること( `mark$e ) ]との相違を示す。 それは,ある教本から抜粋されたものであり、抜粋の中では,考査に関連する部分が強調されている。 安全上の警告文もあり,それは重要かもしれないが、明らかに考査には関連しない。 ◎ The following example shows the difference between denoting the importance of a span of text (strong) as opposed to denoting the relevance of a span of text (mark). It is an extract from a textbook, where the extract has had the parts relevant to the exam highlighted. The safety warnings, important though they may be, are apparently not relevant to the exam.

`mark-6^xCode

4.5.24. `bdi^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
大域~属性 `dir$a は、この要素~上では 特別な意味論を有する。 ◎ Also, the dir global attribute has special semantics on this element.
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`bdi$e 要素は、双方向的~text整形の目的において,周囲から隔離されるような~text区間を`表現-$する。 `BIDI$r ◎ The bdi element represents a span of text that is to be isolated from its surroundings for the purposes of bidirectional text formatting. [BIDI]

注記: この要素~上の `dir$a 大域~属性は、既定で `auto$v をとる(他の要素の様に親~要素から継承することは決してない)。 ◎ The dir global attribute defaults to auto on this element (it never inherits from the parent element like with other elements).

注記: この要素には、`双向~algoを孕む具現化~要件が課される$。 ◎ This element has rendering requirements involving the bidirectional algorithm.

この要素は、とりわけ,[ 利用者により生成された,未知の方向性を伴う内容 ]を埋込むときに有用になる。 ◎ This element is especially useful when embedding user-generated content with an unknown directionality.

次の例では、利用者の投稿~数( "posts" )と~username( "User" )が示されている。 `bdi$e 要素が利用されなかった場合、~Arabic~usernameにより,~textはごた混ぜになる(双向~algoにより、 `: 3^l は,単語 "posts" の隣でなく単語 "User" の隣に来る)。 ◎ In this example, usernames are shown along with the number of posts that the user has submitted. If the bdi element were not used, the username of the Arabic user would end up confusing the text (the bidirectional algorithm would put the colon and the number "3" next to the word "User" rather than next to the word "posts").

<ul>
 <li>User <bdi>jcranmer</bdi>: 12 posts.
 <li>User <bdi>hober</bdi>: 5 posts.
 <li>User <bdi>إيان</bdi>: 3 posts.
</ul>
`bdi$e 要素を用いれば、~usernameは期待されたように動作する。 ◎ When using the bdi element, the username acts as expected.
`bdi$e 要素が `b$e 要素に置換された場合、~Arabic~usernameにより,双向~algoに混乱がもたらされる結果、 3 個目の項目は次の順になる: `User 3 :^l, ~username(右横書き), `posts^l, `.^l ◎ If the bdi element were to be replaced by a b element, the username would confuse the bidirectional algorithm and the third bullet would end up saying "User 3 :", followed by the Arabic name (right-to-left), followed by "posts" and a period.

4.5.25. `bdo^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
大域~属性 `dir$a は、この要素~上では 特別な意味論を有する。 ◎ Also, the dir global attribute has special semantics on this element.
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`bdo$e 要素は、その子たちに対する明示的な~text方向性に対する整形~制御を`表現-$する。 これにより,作者は、方向性を明示的に上書きして,~Unicode双向~algoを上書きできるようになる。 `BIDI$r ◎ The bdo element represents explicit text directionality formatting control for its children. It allows authors to override the Unicode bidirectional algorithm by explicitly specifying a direction override. [BIDI]

作者は、この要素~上に `dir$a 属性を指定し~MUST。 値 `ltr$v は、左横書きで上書きすることを指定する。 値 `rtl$v は、右横書きで上書きすることを指定する。 値 `auto$v は、指定されては~MUST_NOT。 ◎ Authors must specify the dir attribute on this element, with the value ltr to specify a left-to-right override and with the value rtl to specify a right-to-left override. The auto value must not be specified.

注記: この要素には、`双向~algoを孕む具現化~要件が課される$。 ◎ This element has rendering requirements involving the bidirectional algorithm.

4.5.26. `span^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$/`可触~内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content. ◎ Palpable content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`句内容$。 ◎ Phrasing content.
`text/html における~tag省略$
両~tagとも省略不可。 ◎ Neither tag is omissible.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
[`HTMLConstructor$I]
interface `HTMLSpanElement@I : `HTMLElement$I {};

`span$e 要素は、それ自身のみでは何も意味しないが、`大域~属性$ — 例: `class$a, `lang$a, `dir$a — と一緒に利用すれば有用になり得る。 それは、その子たちを`表現-$する。 ◎ The span element doesn't mean anything on its own, but can be useful when used together with the global attributes, e.g. class, lang, or dir. It represents its children.

`span$e 要素と `class$a 属性を用いて,~code片の~keywordや識別子を ~CSSで色分けできるように~mark-upする例: ◎ In this example, a code fragment is marked up using span elements and class attributes so that its keywords and identifiers can be color-coded from CSS:

`span-1^xCode

4.5.27. `br^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`なし$。 ◎ Nothing.
`text/html における~tag省略$
`終了tag$はない。 ◎ No end tag.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
[`HTMLConstructor$I]
interface `HTMLBRElement@I : `HTMLElement$I {};

`br$e 要素は、改行を`表現-$する。 ◎ The br element represents a line break.

注記: 改行は,視覚的~媒体では,通例的に 後続の~textを物理的に新たな行0へ移動することで表現されるが、 ~stylesheetや~UAは、改行を異なる方式で描画することも,等しく正当化される — 具体的には,色を違えたドット列や空間を挟むなど。 ◎ While line breaks are usually represented in visual media by physically moving subsequent text to a new line, a style sheet or user agent would be equally justified in causing line breaks to be rendered in a different manner, for instance as green dots, or as extra spacing.

`br$e 要素は、実際に内容の一部であるような改行 — 詩文や住所におけるそれなど — に限って,利用され~MUST。 ◎ br elements must be used only for line breaks that are actually part of the content, as in poems or addresses.

`br$e 要素の正しい用法の例: ◎ The following example is correct usage of the br element:

`br-1^xCode

`br$e 要素は、段落~内の~thema的~groupを分離するために利用されては~MUST_NOT。 ◎ br elements must not be used for separating thematic groups in a paragraph.

`br$e 要素を濫用している不適合な例: ◎ The following examples are non-conforming, as they abuse the br element:

`br-2^xCode `br-3^xCode

上に対する正しい代替は: ◎ Here are alternatives to the above, which are correct:

`br-4^xCode `br-5^xCode

ある`段落$が単独の `br$e 要素のみからなる場合、何かが~~挿入され得る空行(例えば ~template内の)を表現する。 そのような空行を呈示~目的に利用しては~MUST_NOT。 ◎ If a paragraph consists of nothing but a single br element, it represents a placeholder blank line (e.g. as in a template). Such blank lines must not be used for presentation purposes.

`br$e 要素の内容 `例えば~scriptにより設定されたそれ^tnote は、周囲の~textの一部と見なされては~MUST_NOT。 ◎ Any content inside br elements must not be considered part of the surrounding text.

注記: この要素には、`双向~algoを孕む具現化~要件が課される$。 ◎ This element has rendering requirements involving the bidirectional algorithm.

4.5.28. `wbr^e 要素

`分類$
`~flow内容$/`句内容$。 ◎ Flow content. ◎ Phrasing content.
`この要素を利用できる文脈$
`句内容$が期待される所。 ◎ Where phrasing content is expected.
`内容~model$
`なし$。 ◎ Nothing.
`text/html における~tag省略$
`終了tag$はない。 ◎ No end tag.
`内容~属性$
`大域~属性$ ◎ Global attributes
`~DOM~interface$
`HTMLElement$I を利用する。 ◎ Uses HTMLElement.

`wbr$e 要素は、改行~機会を`表現-$する。 ◎ The wbr element represents a line break opportunity.

次の例では、誰かが言った何かを引用し,文体上の効果を得るため 1 個の長い単語で書かれている。 しかしながら,読み易くなるよう~textを折返せることを確保するため、引用-内の個々の単語は `wbr$e 要素を用いて分離されている。 ◎ In the following example, someone is quoted as saying something which, for effect, is written as one long word. However, to ensure that the text can be wrapped in a readable fashion, the individual words in the quote are separated using a wbr element.

`wbr-1^xCode

【 日本語では、通常は ほとんどの箇所が改行~機会になる ので,この要素が必要になることは稀であろう。 】

`wbr$e 要素の内容は、周囲の~textの一部に見なされては~MUST_NOT: ◎ Any content inside wbr elements must not be considered part of the surrounding text.

var wbr = document.createElement("wbr");
wbr.textContent = "This is wrong";
document.body.appendChild(wbr);

注記: この要素には、`双向~algoを孕む具現化~要件が課される$。 ◎ This element has rendering requirements involving the bidirectional algorithm.

4.5.29 用法の要覧

~INFORMATIVE

【 この節の和訳は省略する。 】